朝乃山 故郷凱旋合宿に3千人フィーバー 午前4時前から行列

朝乃山 故郷凱旋合宿に3千人フィーバー 午前4時前から行列

 大相撲夏場所で初優勝を果たした幕内朝乃山(25)=高砂=が12日、故郷富山県の「射水市グリーンパークだいもん相撲場」で初めて部屋の合宿を行い、約3000人が詰めかける凱旋大フィーバーとなった。朝8時前から始まった稽古。関係者によれば故郷のヒーローをひと目見ようと早朝4時前から並んだ人もいた、という。

 太刀山以来、103年ぶり賜杯を抱いた25歳に熱視線。股割り、柔軟体操だけで歓声が沸き起こった。地園児らが旗を持って「朝乃山、頑張れー」の大合唱の中、土俵に上がると拍手に包まれた。

 地元企業、アイシン軽金属の相撲部の選手らと相撲を取り、得意右四つからの寄り切り、投げなど圧倒。10戦10勝と貫禄を見せた。最後は小学生時から胸を借りてきた同部の中村淳一郎さん(34)相手にぶつかり稽古で締めた。

 稽古後は3000人が「朝乃山、おめでとう」と大コール。朝乃山は「皆さんの応援のおかげで優勝できました。優勝に満足せず名古屋場所(7月7日初日、ドルフィンズアリーナ)でも頑張ります」と声援に応えた。

 握手にも長蛇の列ができ、丁寧に応じた。「うれしいです」と感無量。本場所でさらなる番付を上げることが恩返しになる。名古屋場所に向け「(上位総当たりで)厳しい場所になるけど自分の相撲を取りきりたい。自分の力を信じていく。いい成績を残して地元に帰ればまた喜んでくれる」と気持ちを新た。

 富山で初の合宿が決まった時はまだ優勝する前。師匠の高砂親方(元大関朝潮)は「私もまさか優勝するとは。本人も自信になる。終わりじゃない。スタートだと思ってまた新たな気持ちで応援してあげて下さい。皆さんの応援が力になる。相撲だけが○○県○○市出身と紹介される。地域密着のスポーツ。朝乃山は富山がバックボーン。その地で合宿できるのはありがたい」と、大勢のファンに感謝を述べていた。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索