遠征先のマレーシア・クアラルンプールで交通事故に巻き込まれ負傷したバドミントン世界王者の桃田賢斗(25)=NTT東日本=が15日、成田空港に帰国した。

 桃田は黒いキャップにマスクとサングラス姿だったが、眉間には痛々しい傷がくっきり。自力歩行で出口へ向かい、出迎えた関係者と握手を交わす場面もあった。成田空港ロビーには報道陣150人、テレビカメラ30台が注目。居合わせた人が約300人ほど集まり、騒然とした空気に包まれた。

 桃田は13日、移動のため乗車していた車が事故にあい、運転手が死亡。後部座席に乗っていた桃田は顎部裂傷、眉間部裂傷、唇裂傷、全身打撲という診断を受けた。今後は国内で再度、精密検査を受ける予定。順調に回復すれば、3月の全英オープンに向けて調整していくという。