ロッテ・井口資仁監督(45)が17日、ブレーク中の2年目・藤原に“オレ超え”指令を出した。

 今季8試合に1番で出場し打率.333、2本塁打2盗塁。昨季から通算53打席で、今後8打席に立てば来季以降の新人王資格を失うが「目指すところは、そこじゃない」とし「僕の記録ぐらいは、抜けるんじゃないですか」とニヤリだ。現役時代の指揮官の主なキャリアハイは03年の打率.340、01年の30本塁打、タイトルを獲得した44盗塁。高いハードルを設定し、超えることを求めた。

 新型コロナウイルスに感染した1軍野手の離脱を受け代替選手として昇格した20歳を「ほぼレギュラー」と高評価。逆転Vを目指す上で欠かせない貴重な戦力としても期待した。