【6月14日】

 −序盤はチャンスを作ったが。

 「(伊藤将は)ツーアウトから8番、9番でな。安心したんやろな」

 −伊藤将はあの場面だけだった。

 「そこだけやんか。だから言うてるやんか。安心したかなんか知らんけどな。ツーアウト、ランナーなしから」

 −ボール自体は。

 「そら、見ての通りやろ。ボール自体は、あかんかったら打たれてるやろ」

 −ヒットは出ているが。

 「ヒット出ても『走れ』言うても走らんし、走ったらバッター空振りするし、走ったら勝手に打つし、点なんか入るわけない。もう全然、何にもないわ、ほんま」

 −地に足が着いていないのか

 「ずーっとや。『走れ』言うて、みんな盗塁のサイン出してるんやで。走らんだけやで」