地球上で起きていることには実はよくわからないことがいっぱい。雑学総研さんの『人類なら知っておきたい 地球の雑学』(KADOKAWA)で、理系雑学の達人を目指しましょう。

 次の質問の答えとして正しいものを選んでください。

【問い】イチゴのつぶつぶは何?
 ○種
 ○皮
 ○果実

【答え】果実

【ポイント】
イチゴの赤い部分の正式名称は花托(かたく)という。花托は「花床(かしょう)」とも呼ばれ、本来はオシベやメシベが生えるための土台の役目を果たしている。イチゴの花にはメシベが100本以上あるが、受粉すると花托の部分が大きくふくらむ特徴がある。つまり我々が食べているイチゴの正体はふくらんだ花托で、種と勘違いしていたつぶつぶのほうこそが、イチゴの果実というわけだ。その証拠に、つぶつぶをよく見ると、糸の先のようなものが短く突き出ている。これこそがメシベの名残である。イチゴのように、子房以外の部分がふくらんで果実のように見えるものは、偽果(ぎか)と呼ばれる。リンゴやナシも同じく偽果で、ふだんは食べない芯を中心としたわずかな部分こそが、果実となっている。

雑学総研

おすすめの動画はこちら