世界最速ペースでワクチン接種が進む中東・イスラエルで、4月18日に屋外でのマスク着用義務が廃止された。国民の約6割がワクチン接種を終えた同国では、学校の対面授業再開、国際空港の開放、ジムやレストランへの自由な出入りなど、マスク以外にもさまざまな規制が取り払われ、コロナ以前の日常を取り戻しつつある。現地で暮らす筆者が見た「ポストコロナ」の世界とは。(イスラエル国立ヘブライ大学大学院・総合商社休職中社員 徳永勇樹)


新型コロナワクチン「不足のはずが余る」意外な理由、イスラエルの例


 2021年4月18日は、イスラエルのコロナ対策が一区切りついた記念すべき一日となった。世界最速でワクチン接種が進むイスラエルにおいて、屋外でのマスク着用義務が廃止となったのだ。要因となったのは、国内における順調なワクチン接種とそれに伴う新規感染者の減少である。昨年末に接種が開始されて以降、この4カ月でイスラエルの人口の6割弱に相当する535万人が2回のワクチン接種を完了している。この結果、5月には外国人観光客への国境開放の噂もあるなど、社会全体が「戦時」から平時に戻りつつある。

明確なワクチンの効果

 マスクの着用義務廃止決定の要因は、ひとえにワクチンの効果が証明されたことにあるだろう。統計情報によれば、本格接種が始まった1月中旬以降、ワクチンの浸透率に伴って新規感染者数が減少傾向に転じた。当初はワクチンと新規感染者の減少の因果関係に疑念の声もあったが、3月に入ってからは数は激減し、18日の「マスク廃止」が決まったという流れだ。

 ワクチン接種の進展に伴い、さまざまな規制が解除された。対外的には、3月に閉鎖されていた国際空港が開放され、有効なビザを持つ外国人も入国ができるようになった。また、ワクチンを接種した人ならば、入国後の隔離も免除となり、国をまたいでの移動がしやすくなった。イスラエル国内のコロナ対策はいったん落ち着いた形だ。

 国内では、マスク廃止に続き、小中学校も1年ぶりに対面授業が再開された。今後は、16歳以下の子どもへの接種が開始される。また、ジムやレストランも接種証明書を見せることで自由に入れるようになった。カフェの屋外席のみならず、屋内席までもが満席のレストランを見る機会も増え、コロナ禍が終わりつつあるなと実感する。筆者も、レストランの屋内営業が再開されたタイミングで、在留邦人10名とエルサレム市内のレストランで食事をした。

ワクチン接種以来、日々の不安が消えて暮らしやすくなった

 筆者にとってコロナ禍の一番のストレスは、予定をまともに立てられないことだった。面談の約束をしていたのに、相手やその家族が体調不良を起こしたからという理由で中止にした回数は数知れない。筆者自身も、前日に会っていた人が翌日高熱を出したために予定を変更したり、PCR検査を受けなければならなくなったりということもあった。感染のリスクの高い外食なんて、もっての外だった。

 また、「自分が感染するかもしれない」「無症状患者としてほかの人にコロナをうつしてしまうかもしれない」という不安感もあった。前から人が歩いて来ただけで緊張して、つい自分のマスクの位置を正してしまう、仲の良い友人と話していても心の底では緊張感があり思いきり楽しめない、などは日本の皆さんも経験されていることだろう。

 筆者は外国人であり、しかもコロナ適用の保険に入っていなかったため1月末にようやくワクチン接種を受けられたのだが、ワクチン接種以降は何かと予定を立てやすくなった。明日のデートの予定から経済活動の再開まで全てに共通するが、やはり現在の状況が落ち着くと将来の見通しが立てやすくなる。「コロナの状況を見て」という常套(じょうとう)句を使わなくなっただけ、その分余計なことを考えずに将来のことに集中できるようになったのだ。そしてなにより、何も気にせずに、食べたいものを食べ、話したいことを話す喜びはひとしおだと実感している。

日本における課題は?

 もちろん、この文章は筆者の個人的な見解であり、イスラエルと日本ではさまざまな状況がまったく同じではないだろうから、単純比較はできない。日本では医療従事者の中からもワクチンの危険性を指摘する声があると聞くし、ワクチン接種に対して否定的な人々の多くは、まだ有効性が十分に確認できないものを体内に入れることへの不安を抱えていると思われる。そうした気持ちは理解できる。

 しかし、社会全体が接種に前向きにならなければ、経済を再開させられず、復興が遅れ、結果、他国に比べて経済的に劣後していくのもまた事実だ。最近も中国の2021年1〜3月のGDPが、前年同期比で18.3%増えた、という報道もなされている。コロナの震源地となった中国は早々にコロナ禍を抜け、新しい方向へ舵を切っている。

 日本もファイザー社のワクチンを追加購入する契約を結び、9月末までには国民の対象者に必要なワクチンを追加供給するめどが立ったという見通しが表明されている。しかし全世界的にワクチンが不足しつつある状況で、ワクチンの争奪戦に巻き込まれて必要な数量を確保できない事態にならないことを祈るばかりだ。

 第4波襲来もささやかれ、3度目の緊急事態宣言が発令されそうな日本に対し、コロナ戦線を終え戦勝モードのイスラエル。久々の自由を満喫しつつも、遠く離れた故郷の現状を思い、心の底から喜べない日々が続く。