今回は、上場企業の有価証券報告書に記載された平均年収のデータを使って、「中部地方で年収が高い会社ランキング」を作成した。


年収が高い会社ランキング2021【愛知除く中部地方・全100社完全版】


 なお、このランキングでは、愛知県を除く中部地方(新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県)に本社を置く上場企業を対象とした。本社所在地はダイヤモンド社企業情報部調べ。単体の従業員数が20人未満の企業は除外している。対象期間は、2020年4月期〜21年3月期。

 早速、ランキングを確認していこう。

1位は昨年に続き山梨県の世界的メーカー
年収は1098.2万円

 昨年に引き続き1位となったのは、工作機械用NC(数値制御)装置で世界首位のファナックだ。昨年の1216.4万円からは1割ほど下がったものの、平均年収は1098.2万円で、このランキングで唯一の1000万円台となった。

 ファナックの本社は山梨県忍野村にある。富士通のNC部門が分離して設立された同社は、もともと東京都日野市に本社があったが、1984年に忍野村に移転している。

 このほか、山梨県の企業では、トリケミカル研究所が749.0万円で昨年と同じく9位にランクイン。上野原市に本社を置く同社は、半導体や光ファイバー、太陽電池などの材料を製造している。

2位のヤマハは884.9万円
3位は新潟県のゼネコン・福田組で845.0万円

 2位は、昨年に引き続き楽器・音響機器メーカー大手のヤマハ(静岡県)。年収は昨年比6.7%減の884.9万円だった。同社のモーターサイクル製造部門が分離・独立して誕生した二輪世界大手、ヤマハ発動機は714.1万円で16位に入っている。

 3位はゼネコンの福田組(新潟県)で845.0万円。昨年比で5.2%の年収アップとなり、昨年の6位から順位を三つ上げた。一方、昨年3位の新潟放送は昨年比6.6%減の763.8万円で、今年は7位となった。

 新潟県の企業では、昨年689.0万円で26位だった第一建設工業が、昨年比9.7%増の755.6万円となり、8位に順位を上げた。前述の福田組や、668.2万円で33位の植木組(昨年は620.5万円で58位)など、新潟県の建設会社で年収アップが目立つ結果となった。

 4位は石川県金沢市に本店がある今村証券で、年収は819.4万円だった。昨年は717.6万円で18位だったが、昨年比14.2%ものアップとなり、順位を大きく上げた。

 5位は、昨年と同じく福井県の三谷商事で、810.1万円だった。そのほか福井県では、福井コンピュータホールディングス(HD)が743.6万円で11位にランクインしている。

 6位は長野県に本社を置く電気計測器メーカーのHIOKIで、769.9万円。昨年の779.1万円からは微減だったものの、昨年より順位を一つ上げた。長野県ではキッセイ薬品工業が748.8万円で10位に入ったほか、建設業のヤマウラが14位(720.4万円)、北野建設が15位(718.0万円)、半導体パッケージの開発・製造を行う新光電気工業が17位(713.8万円)、セイコーエプソンが19位(712.0万円)となった。

 今回、年収が700万円を超えた企業は22社あった。県別にみると、静岡県と長野県がトップタイで6社、次いで新潟県が3社、さらに富山・福井・山梨の3県がそれぞれ2社で続いた。石川県は1社だった。

 ランキング完全版では、11位以下の計100社を掲載しているほか、平均年収が700万円を超えた22社の業種別の傾向についても分析している。ぜひチェックしてみてほしい。

(ダイヤモンド編集部 今枝翔太郎)