『週刊ダイヤモンド』1月29日号の第1特集は「薬剤師31万人・薬局6万店 大淘汰」です。薬剤師は将来、最大12.6万人過剰になる――。厚生労働省にこう予測された薬剤師は変革を迫られ、淘汰の荒波が襲い掛かっています。現場で疲弊する薬剤師に、覆面座談会で本音を暴露してもらいました。(ダイヤモンド編集部 山本興陽、大矢博之)


薬剤師31万人・薬局6万店「大淘汰」時代の幕開け、安泰ビジネスモデルの終焉


◎参加者プロフィール・いずれも首都圏勤務の薬剤師
A氏 中堅ドラッグストア 街中店舗勤務 30代 女性
B氏 中堅調剤薬局 門前薬局勤務 40代 男性
C氏 大手ドラッグストア 病院門前勤務 30代 男性
D氏 超大手ドラッグストア 大型店調剤部門勤務 20代 女性

全国職は家賃補助9割、地域職はゼロ…
薬剤師が語る「ヒエラルキー」のリアル

――薬剤師の世界にはどういった「ヒエラルキー」がありますか。

D 薬剤師に限らないんでしょうけど、転勤を伴わない地域職と、転勤を伴う全国職などの採用区分による待遇格差は大きいです。

 例えば家賃補助。全国職の薬剤師には家賃が9割とか出るのに、地域職には1円も出ないことも。ボーナスも結構差があって、年収にすれば全国職は地域職の1.5倍くらい違うイメージ。地域職の管理薬剤師より、全国職の新人薬剤師の方が給与は良いケースもあるみたいです。

A 裏を返せば、それだけ待遇を引き上げないと全国職が集まらないんですよね。首都圏エリアの地域採用枠は常にすぐ埋まると聞きます。女性が多い世界だから、転勤を希望する絶対数があまり多くないというのもありますよね。

B 男の薬剤師のヒエラルキーは低いですよ……(小声)。

医師、看護師、臨床検査技師の次
想像以上に低い薬剤師の“序列”

C ヒエラルキーといえば、病院は外せないですよね。一般の人は、病院内のヒエラルキーについて医師の次は薬剤師、看護師の順だと考えていると思います。ですが実態は、医師の次に看護師で、その次は臨床検査技師。次にようやく薬剤師で、地位は想像以上に低いと感じます。

D 私は前職が病院の薬剤師だったのでよく分かります。看護師から薬剤師への当たりがきつく、人間関係に悩む人は多いのではないでしょうか。看護師は、「患者に寄り添って理解しているのはわれわれだ」というプライドがあるのでしょうね。確かに、薬剤師は調剤室で薬と向き合う時間が多いですから、これは仕方ないですよね。