1位は大ヒット調味料を販売する

年収が低い会社ランキング2023最新版【平均年齢30代・従業員100人未満・200社完全版】400万円未満が26社


アウトドア用品ショップ

 今回は、上場企業の有価証券報告書に記載された平均年収のデータを使って、「年収が低い会社ランキング2023最新版【平均年齢30代・従業員100人未満】」を作成した。本社所在地はダイヤモンド社企業情報部調べ。対象期間は2022年5月期〜23年4月期。

 高齢化が進む日本で、社員の平均年齢が30代ということは、かなり“社内の雰囲気が若い会社”と思っていただいていいはずだ。また、この「年収ランキング」シリーズの記事では、通常、従業員数が少ない企業は除外している。今回のランキングは100人未満の企業に絞っているので、これまでの記事では紹介できていない企業が多数登場する。

 早速、ランキングを確認していこう。

「年収が低い会社ランキング2023最新版【平均年齢30代・従業員100人未満】」で1位になったのは、和歌山県のミモナ。平均年収は306.5万円、従業員数は35人。

 ミモナはアウトドア用品を扱う小売業で、和歌山県内に「Orange(オレンジ)」というアウトドアショップを展開している。社名を知らなくても、看板商品は「アウトドアスパイスほりにし」と聞けばご存じの方も多いのではないだろうか。

 アウトドアスパイスほりにしは、19年に発売して累計出荷本数652万本と大ヒット(2024年5月現在)。キャンプやバーベキューはもちろん、肉でも魚でも普段の料理に何にでも合うオールマイティーな調味料として人気を博している。スパイスの人気を追い風に、ミモナは23年1月に東京プロマーケットに上場した。

2位は情報・通信
3位は中古車買い取り、輸出事業

 2位は東京都のテクノロジーズで、平均年収は314.9万円、従業員数は10人。14年に創立した会社で、SaaS、ITソリューションのほか、ソーラーテクノロジー事業も行っている。

 3位は三重県に本社があるアップルインターナショナルで、平均年収は317.5万円、従業員数は21人。中古車の買い取り・販売事業や、東南アジア諸国を中心とする中古車輸出事業を行っている。

 4位は京都府のエリッツホールディングスで、平均年収318.4万円。23年6月にIPO(新規上場)した。エリッツグループは京都を中心に関西の物件を多く扱い、不動産賃貸や不動産売買の仲介を行っている。

 5位は東京都のHANATOUR JAPANで、平均年収は318.6万円、従業員数は68人。韓国の大手旅行会社ハナツアーの日本法人で、訪日観光客(インバウンド)向けに旅行事業などを行っている。同様の企画趣旨で行ったランキング(対象期間20年4月期〜21年3月期)は1位、翌年(対象期間21年4月期〜22年3月期)では4位だった。

 ランキングの完全版では、6位以下の全200社を掲載している。400万円未満の企業は26社、500万円未満の企業は124社あった。ぜひチェックしてほしい。

(ダイヤモンド編集部 吉岡綾乃)