コロナ禍を脱し、日経平均株価が過去最高値を記録するなど経済が大きく変わろうとしている。そんな中、主要企業はどの大学から学生を採用したのか。業界別・企業別に2023年「採用大学」ランキングを作成した。今回は、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険、損害保険ジャパンの損害保険3社のランキングをお届けする。(文/ダイヤモンド・ライフ編集部、データ提供/大学通信)


3大損害保険「採用大学」ランキング2023最新版【全10位・完全版】


2022年のランキングでは
早慶がトップに君臨

 東京海上ホールディングス(東京海上日動火災保険)、MS&ADインシュアランスグループホールディングス(三井住友海上火災保険)、SOMPOホールディングス(損害保険ジャパン)の損害保険大手3社は、2024年3月期連結決算で過去最高益を達成した。

 日本の損害保険市場の収入保険料は約9兆円で、世界第4位の規模だ。大手3社のシェアが日本市場全体の9割を占めている。保険会社の社員は一般的に高い給与を得られるため、バブル世代が就職活動をしていた時からずっと就職人気が高い。

 22年の3大損害保険会社の採用大学ランキングを見ると、1位は東京海上日動が早稲田大学、三井住友海上と損害保険ジャパンは慶應義塾大学だった。

 果たして、23年のランキングに変化はあったのだろうか。

慶應義塾大学が全社で1位
関関同立、MARCHも上位に

 23年のランキングでは、3社いずれも1位は慶應義塾大学で、早稲田大学は三井住友海上で同順の1位、他の2社で2位だった。東京海上日動では慶應義塾大学が早稲田大学を逆転しており、前年に引き続いて早慶が際立つ中で、特に慶應義塾大学が強さを見せた。

 総じて、早慶、MARCH、関関同立が上位を占める結果となった。

 損保各社は、次世代の街づくり、生活者の安心・安全・健康な生活をテーマに、特に生活関連の業務を拡大している。

 最近では、サイバー攻撃のリスクが高まっているため、日本企業の間でサイバー保険の利用が広がっている。また、自然災害が増える中で、建物の損害をAI(人工知能)で自動算定するシステムやドローンによる現地調査など、火災保険や水害保険の迅速な支払いを支えるテクノロジーが注目されている。

 これらの分野に興味があれば、損害保険会社で学べることは多い。

*この記事は、株式会社大学通信の提供データを基に作成しています。

【ランキング表の見方】
医科・歯科の単科大等を除く全国749大学に2023年春の就職状況を調査。567大学から得た回答を基にランキングを作成した。就職者数にグループ企業を含む場合がある。大学により、一部の学部・研究科を含まない場合がある。東京大学は「東京大学新聞」、京都大学は「京都大学新聞」より集計。大阪公立大は統合前の大阪市立大と大阪府立大の実績を掲載した。企業名は大学通信の調査方法にのっとって表記しており、正式名称と異なる場合がある。(調査/大学通信)