銀行員は仕事の性質上、さまざまな夫婦からお金の相談を受けることがあるが、その中でも「この夫婦は生活態度を直さないとお金が貯められないな」と思うことがある。銀行員から見たお金の貯まらない夫婦の特徴にはどのようなものがあるのだろうか?また、その逆でお金を貯めるのがうまい夫婦もいる。彼らはどのような方法でお金を貯めているのか?

■貯金ができない夫婦がやりがちなNG行為

共働き夫婦が増えている。ただ、二人で働く分収入が多いにも関わらず、貯金ができていないケースもあるようだ。貯金ができない夫婦のNG行為にはどのようなものがあるのだろうか?

●お互いの収入や貯金を把握していない

共働きだと財布を別にしている家も多いようだ。

しかし、財布を別にしていると、相手が貯金してくれているだろうと期待し、最低限の貯金だけで趣味などに使ってしまう人もいるだろう。

何か大きなお金が必要になり、はじめて貯金がないことに気づくようではどうにもならない。

お互いの収入や貯金を把握しておいたほうが貯金しやすくなるので、夫婦で貯金目標をたてて協力して貯めていくといいだろう。

●子供にお金をかけすぎる

働いていて子供との時間を作れない負い目から、子供に物を買ったり習い事をさせすぎたりするのも貯金が増えにくくなる要因だ。

たとえば、子供が未就園児の時は本来貯金を増やす時期だ。

子供が大きくなるほど学費や塾代がかかるので、貯金しづらくなる。

そのため、無償化になった保育園費(幼稚園費)分などを含め、なるべく多く貯金しておくといい。

いくら子供が可愛いからといって、貯金ができないほどお金を使うのはやめておきたい。

■お金が貯まる夫婦が「やめていた」こと

お金の貯まる夫婦は、お金の貯まらない習慣をやめたからこそ、上手にお金を貯められるのだ。お金持ち夫婦たちがやめた習慣には、どのようなものがあるのだろうか?

●夫婦別財布をやめる

お金が貯まり始めた夫婦はたいてい夫婦別財布をやめている。

つまり、夫婦がお互いの資産や負債の状況をオープンにし、そこから家計の問題をあぶりだして改善しているということだ。

夫婦別財布だと家計がブラックボックスになり、夫婦それぞれがムダ遣いに走りがちになってしまう。

しかし、夫婦が資産・負債状況をオープンにすれば、それを抑制する効果が出て、お金が貯まりやすくなる。

その結果、順調にお金が貯まっていく夫婦が多いのだ。

●「なんとなく」の支出をやめる

お金が貯まり始めたのを機に資産運用に興味を持ち始めた夫婦の多くは、その前に「なんとなく」の支出をやめている。

たとえば、このような見直しをしているようだ。

・子どもの自立を機に死亡保険を廃止または減額する
・携帯キャリアとの契約をやめて格安スマホと契約する
・あまり使っていないサブスク(定額サービス)をやめる
・手数料が発生する紙の通帳をやめてオンラインバンキングに切り替える
・手数料が高い時間外のATM利用をやめる
・費用がムダになっている子どもの塾や習い事をやめさせる
・お金がかかる趣味や自分へのご褒美をやめる

以上の支出は継続的に発生するものが多い。そこを見直すだけでかなりの節約効果が期待でき、その分を毎月貯蓄に回すことが可能となる。

文/編集・dメニューマネー編集部