いぬのきもちWEB MAGAZINEで絶賛連載中の「パグ犬・めー」。シニアのパグ・めーちゃん(14才)のほっこりした日常の様子を、飼い主のよしこさんが漫画でお届けしていますが、この度…なんと連載100回を達成しました!

連載「パグ犬・めー」で人気の高かった記事10選

今回は連載100回を記念して、連載開始の2019年4月から2021年2月15日までの話のなかで、読者から人気の高かった記事10選を発表します!

①「電気工事のおじさんに遊んでほしくてうずうず…大歓迎なパグ犬」


よしこさんの家に、電気工事のおじさんがやってきたときのこと。よしこさんにはツンデレだというめーちゃんですが…おじさんを見る顔が、完全にデレている。

おじさんが作業中なのにもかかわらず、「遊んで!」と激しく騒ぎ出すめーちゃん。いつもおっとりしているめーちゃんの姿からは想像できない「デレ具合」は、必見。まるで別犬のように見えてしまうのでした(笑)

②「あの人、めーのこと好き?」


「好意」にとても敏感だというめーちゃんは、散歩中に「かわいい」と言ってくれる人のもとへ行きたがるのだそう。めーちゃんに対して無反応の人に出会ったときも、「あの人もめーのこと好きかも」と思い込み、近づこうとするのだとか!

めーちゃんは、どんなときも全方位から愛されていると信じて疑わないタイプのようです。

③「撮影を強要してくるパグ犬のポーズ」


よしこさんが花の写真を撮影していたときのこと。どこからともなくやってきためーちゃんは、「めーもとる?」とばかりに、自ら撮影場所にスタンバイしポーズを決めます。やる気マンマンの姿がどこかおかしく、ほっこりしちゃいます♪

④「あるのはわかってるよ」


いただきもののりんごを、納戸に隠していたというよしこさん。めーちゃんには内緒です。内緒のはずなのですが…自信満々にりんごのありかを当ててしまう事態に。

よしこさんが「恐ろしくもあり、頼もしくもあり。まだまだ現役」というように、シニアになってもさすがワンコ。嗅覚は抜群のようです。

⑤「検査をしてもらったら…思わぬ褒められたことって!?」


めーちゃんがくしゃみのようなものをして、心配で動物病院で検査をしてもらうことに。

全身のエコーやくわしい血液検査などをしてみるも、すべて正常値。とくに悪そうなところもなく、獣医師さんからめーちゃんの「意外な部分」を褒められてしまう展開に。思わず「そこ?」とツッコミを入れたくなってしまいます(笑)

くしゃみは様子見をして、その後すぐにおさまったそうです。一安心です♪

⑥「疑いをかけられた犬、何を思う…」


外出から帰宅し、なんだか家の中がクサイと感じたよしこさんは、めーちゃんがどこかでウンチをしたのではないかと疑念を持ちます。

しかし、それが気のせいであったことがわかると、めーちゃんはよしこさんのことを「愚かな人間を憐れむような目」でじーっと見てくるのでした。そんな目で見ないであげて…!(笑)

⑦「飼い主と犬、ダメなところも似てくる…」


「犬と飼い主は似てくる」といいますが、めーちゃんとよしこさんもそのようです。「ぐうたらで、食べるの大好き、寝るの大好き」だというふたりは、好物を前に気持ちが揺らいでしまう…? 

めーちゃんの「少しならいいでしょ…?」というだめな感じが、よしこさんにそっくりだそう。かわいらしいおねだりにキュンとします♪

⑧「自信満々でフレームインしてくる犬」


よしこさんが写真を撮影しようとすると、どうにかして写りたがるめーちゃん。この日は、散歩中にきれいな空を写真におさめようとしていたところ、めーちゃんが絶妙な写り込みをしてきたようです。

めーちゃんは、写真を撮ってもらうのが好きなようです♪

⑨「飼い主の歌をなぜそんなに嫌がるのか」


まだめーちゃんが若かった頃、よしこさんが歌うと口を塞ぐように止めに入ったというめーちゃん。シニアになった現在、耳は聞こえないはずなのだけれど…「じつは聞こえているのでは?」という出来事が。

これにはよしこさんも、「なんでわかるのかな…いやな波動?が出てるのかな…」と綴ってるのでした(笑)

⑩「抱っこされてる自分ってかわいい…」


散歩中に疲れてしまうと、よしこさんに抱っこされるようになっためーちゃん。本当は抱っこが嫌いだけれど、道で会う女性に「かわいい」と声をかけられ、女性ウケが良いことがわかってから、まんざらでもない様子に(笑)

このときの出来事について、よしこさんは「めーは抱っこが嫌いで、今までは脇に抱えてお尻を抑えるような形が限界でした。でもこのところ疲れたときにはだらんと力を抜いて抱きついてくるように。体力が落ちてきたのだろうと思うと寂しいですが、赤ちゃんのように抱っこできるのはとても癒やされますね」と綴っていました。

めーちゃんの「私生活」はどんな感じ? 飼い主のよしこさんにインタビュー


読者から人気の記事10選をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか? 

これまでの連載では、めーちゃんの日常を切り取ったほっこりエピソードをメインにご紹介してきましたが、めーちゃんの生活の様子については、これまであまり深くは語られてきていませんでした。

そこで、「シニア犬・めーちゃんの気になる私生活」について、著者で飼い主のよしこさんにお話を伺いました!

「朝・昼・夜」のめーちゃんのルーティンは?

——めーちゃんの「毎日のルーティン」が気になります。朝起きてから、どのような生活を送っているのでしょうか?

よしこさん:
「めーは朝起きて、まず外へ出ます。夏はそのまま散歩へ。その他の季節は、庭で少しうろうろしてからごはんです。

そのあとは好きなだけお昼寝。目が覚めているときを見計らって散歩に行ったり、少し遊んだりさせます。そして夜ごはんを食べたら、またぐっすりです。 最近は、寝る時間がますます増えてきています」

——穏やかな毎日を過ごしているのですね。

他人にはデレがち!? めーちゃんの素顔は


——飼い主のよしこさんには、めーちゃんは「ツンデレ」な対応だそうですね。一方で、他の人に対してはデレがちなように思いますが…実際のところどうですか?

よしこさん:
「他の人には常に『デレデレ』です。人によってデレ度の違いはあるかもしれませんが、今まで『この人嫌い!』という様子を見せたことはない気がします。老若男女、誰でも大好きのようです」

——電気工事のおじさんを見て、キャッキャッしてましたよね(笑) めーちゃんは、「他の人からこんなことをされると喜ぶ」などあるのですか?

よしこさん:
「声をかけてもらっただけでも喜びますし、なでてくれたり遊んでくれたりする人には、さらに嬉しそうな様子を見せます。逆に、めーに無関心な人に対してもついていこうとしたりします」

——マンガでもその様子が描かれていましたね! 微笑ましいエピソードです。

穏やかなめーちゃんが、怒ってすねてしまうことって!?


——めーちゃんはのんびりで穏やかな性格のコだそうですが、シニアになってから「少しずつわがままや頑固さ」を出すようになったそうですね。日常のどんな場面で見られるのでしょう?

よしこさん:
「基本的に、怒りはすぐに忘れてケロッとするタイプではあるのですが、最近はときどき怒ったあとに『めーは今、機嫌が悪いんだぞ』という様子を見せてくるようになりました。連載の第84回で描いた『爪切りのエピソード』がいちばん顕著に出ているかなと思います」


——そのときのめーちゃんの写真が、Twitterでバズっていましたね!

よしこさん:
「真剣にすねている姿がまたかわいくて、謝りながら笑ってしまいました」

よしこさんが漫画を通して伝えたいことは?

——楽しいエピソードを毎回ファンの方々は楽しみにしていると思います。よしこさんが漫画を通して伝えたいことはなんでしょうか?

よしこさん:
「犬と生活していると、自然と笑顔になってしまうことがよくあります。そういった『なんということのない楽しさ』を伝えられたらと思いながら描いていますので、同じように犬と暮らす方々から『あるある! うちもそう!』『うちではこうです!』などの感想をいただけるととても嬉しいです。小さな喜びを誰かと共有できるというのは、とても幸せなことだと感じています」


犬と暮らしていると、日々の何気ない瞬間でさえも愛おしく感じることがありますよね。よしこさんの漫画を見ていると、そうしたことにもふと気づかされます。

若い頃とは違い、シニアになってからさまざまな変化を見せているというめーちゃんについて、よしこさんは「長生きしてもっと変化を見せてほしい」と語っていました。


写真提供・取材協力/よしこさん(@menglish222)
取材・文/柴田おまめ