ただのしゃっくりが病気の可能性も!? 愛犬がしゃっくりをする原因とは?

犬のしゃっくりは頻繁にみられるものではありませんが、あまりに繰り返すようなら心配になりますよね。そんな方に向けて、犬はしゃっくりする理由や考えられる病気、しゃっくりを止める方法から嘔吐や逆くしゃみとの見分け方についてご紹介します。

犬はなぜしゃっくりをするの?


人がしゃっくりをするのと同じように、犬もしゃっくりをすることがありますよね。どちらも、横隔膜のけいれんによって引き起こされる症状です。横隔膜は様々な刺激によりけいれんを起こしますが、けいれんの原因となる横隔膜への刺激とは、どのようなものがあるのでしょうか。

胃が広がったとき

一過性で食後などに多く見られたら次のような理由が考えられます。
横隔膜がけいれんする原因のひとつとして、「胃が広がる」ことが考えられます。たとえば犬がご飯を食べるとき、慌ててどんどん飲み込んでいくと、急激に広がった胃に横隔膜が刺激されてけいれんを起こすことがあります。もともと早食いをしてしまう性格の犬の場合、これを止めさせるのはなかなか難しいでしょう。

そういった場合の対策としては、一回の食事の量を減らして与える回数を増やしたり、フードの一部を知育おもちゃに入れたりして、早食い出来ないような仕組みにすることが効果的です。早食いの犬には、食べるときに空気も一緒に飲み込んでしまう犬も多いのですが、鼻の形状からどうしても空気を飲み込みやすい犬もいます。特に、鼻が短い短頭種などの鼻呼吸が苦手な犬は、口呼吸するときも同様に空気を一緒に飲み込んでしまいやすいと言われています。

胃の不調やフード

胃の拡張は、上述したとおり早食いや空気を飲むことに起因しますが、他にも、胃の不調が原因となって胃を広げている場合もあります。食べたあとすぐ運動をしたり、胃の動きが良くなかったりすると、胃の中にある食べ物からガスが発生する場合があります。

また、フードを切りかえてからしゃっくりを頻繁にするようになったら、新しいフードが何らかの影響を与えていることもあります。そういったときは、元のフードに戻して様子を見てみましょう。

胃が冷えたとき

冷たいものや熱いものが急激に胃に入ることで、横隔膜が刺激を受けてけいれんを起こす場合もあります。氷水などの冷たい飲み物は、暑い日でも与え過ぎることの無いように注意しましょう。

しゃっくりから考えられる病気


しゃっくりをすること自体は病気ではなく、生理現象のひとつとも言えます。特別な理由がなく出ることもあります。ただし、食後に出る場合は
胃の状態やフードが関係していたり、頻繁に繰り返していたり、なかなか止まらなかったりするといった場合は、何かしらの病気が原因となっている可能性も。症状でしゃっくりが出ている場合、次のような理由が考えられます。

胸の中のトラブル

心膜炎や胸膜炎などが原因で横隔膜が刺激されると、しゃっくりが出ることがあります。どちらの病気も、呼吸のしづらさや咳、運動を嫌がるなどの症状が見られますが、こうした症状が目に見えて現れているときは、すでに症状が進行してしまっている可能性があります。心膜炎や胸膜炎は症状がはっきりせず、普段は気付きにくい病気でもあります。

脳神経の問題

神経や筋肉は、脳からの指令を受けて働きます。そのため脳に何らかの障害が起こると、その指令が上手く伝達されません。たとえば犬にてんかんや脳梗塞などがあると、指令が上手く届かないことがあります。誤った指令の伝達により横隔膜が収縮し、しゃっくりをする場合もあるのです。

そういった病気が原因と考えられる場合、しゃっくりが長時間続いたり、頻繁に繰り返したりする様子が見られます。そんなときは愛犬をそのままにせず、動物病院で獣医師に相談することをおすすめします。

胃拡張や胃捻転

胃が極端に張る「胃拡張」や胃がねじれてしまう「胃捻転」が原因で、胃が横隔膜を押して刺激してしまい、しゃっくりをしていることもあります。胃拡張や胃捻転の場合、早食いなどの一時的なお腹の張りではなく、お腹の上部がパンパンに張って犬が苦しそうにしている様子が見られます。

犬のしゃっくりを止める方法はある?


犬のしゃっくりを、呼吸のパターンを変えることで止めることができるかも。

呼吸を変えるパターンのひとつとして、軽い運動をする、ひと口何か食べさせるなどの方法もあります。激しい運動は余計に呼吸が苦しくなってしまうので、あくまで軽い運動に留め、呼吸のパターンを変えるよう促しましょう。

しゃっくりと勘違いしやすい「逆くしゃみ」と「吐き気」


一見「しゃっくり」と思われるしぐさでも、本来は吐き気を催していたり、「逆くしゃみ」をしていたりする場合があります。

吐き気を催している場合

嘔吐をする前、犬は腹筋を数回収縮させます。その収縮させるお腹の動きがしゃっくりと似ているため、嘔吐をする直前の動きをしゃっくりと勘違いしてしまうことがあります。吐き気のためにお腹を収縮させる動きは大きく、さらに数回繰り返します。その後嘔吐すれば、吐き気からくる動きだったと判断できますが、なかには嘔吐するのを我慢してしまう犬もいます。

嘔吐しなくてもお腹を収縮させる動きが良くみられるようであれば、吐き気を催す何らかの病気の可能性もあります。続くようであれば動物病院へ連れて行きましょう。

逆くしゃみとは

しゃっくりに似た症状のひとつに、「逆くしゃみ」というものがあります。通常、くしゃみは息を吐くことで出ますが、「逆くしゃみ」とは、その名の通り息を吸い込んだときに起こる発作性の呼吸です。

逆くしゃみは、特に小型犬や短頭種に多く見られます。その多くは病気が原因のものではなく、数分続いて止まることが多いでしょう。重度の場合や中高年から発症した場合は喉や鼻などに何らかの異常があることもあります。病的なものは少ないといわれる犬のしゃっくりですが、長引いていたり、いつもと様子が違ったりしたら注意が必要です。日々の観察を怠らず、愛犬のSOSサインに気付いてあげてくださいね。

監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/kate
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

いぬのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索