愛犬をお迎えしたときのエピソードにほっこり!

紹介するのは、X(旧Twitter)ユーザー@louis1117louisさんの愛犬・ルイくん(取材時4才/ウェルシュ・コーギー・ペンブローク)のエピソード。こちらの写真は、飼い主さん夫婦が初めてルイくんに会って「初抱っこ」をしたときに撮った一枚です。

撮影当時のルイくんは、生後2カ月半ほど。ルイくんはパパさんの手に楽しそうにじゃれついて、甘噛みをしていたそうです。やんちゃで可愛いルイくんを見て、飼い主さん夫婦はとてもワクワクしていたといいます。

そんなルイくんをお迎えしたときのことについて、飼い主さんはこう話しています。

大物になる予感?

飼い主さん:
「初対面から“ヘソ天”をして寝ていて、『このコはやんちゃで大きくなります』と言われていました。

でも、お迎え初日は新しい環境に不安そうにしていて、『このコにとって早く安心できる存在になりたい』と思っていました」

最初は緊張した様子だったルイくんですが、お迎え翌日にはヘソ天姿を見せてくれたのだとか。飼い主さんは無防備な姿で眠るルイくんを見て、「安心したのと同時に、大物になる予感がしたことを覚えています」と話します。

また、家にお迎えするまでの間にすでに片耳が立っていたルイくんについて、「もう片方はいつ立つのかな、垂れていてもどちらでも可愛いな」と思っていたそうです。

ルイくんは4才に! どのようなコに成長した?

あれから月日は流れ、ルイくんは4才になりました。片耳は垂れたまま大きくなったといい、今ではルイくんのチャームポイントに!

「見た目は想像以上に大きくなり、なによりおしりがすごく大きくなりました」と、飼い主さんはルイくんの成長について話します。

そんなルイくんは、甘えん坊でヤキモチを焼くことが多いそう。飼い主さんがほかの犬を触るとルイくんはヤキモチを焼いてしまい、間に割って入ってくるのだとか。

普段は「自分が一番!」というタイプのルイくんですが、本当は誰よりも優しいコだといいます。

飼い主さん:
「元気がないお友達を見ると近くに寄り添ったり、ビビりで怖がりなのに守ろうと勇敢に立ち向かう一面もあります。

飼い主が足をケガしたときには、寄り添ったり立ち上がるときに背中を貸してくれるような素振りを見せてくれたこともありました。私が貧血で倒れたときには、別部屋にいるパパを呼びに行ってくれたこともあります。

とくに何か教えたりしたことはないので、根から優しくて勇敢な性格なのだと思います」

ルイくんとの絆を感じるたびに、「愛おしい」気持ちが増す


ルイくんを家族に迎えて、楽しくて賑やかな日々を過ごしているという飼い主さん。ルイくんの微笑ましい成長の様子を見守りながら、飼い主さんはどのようなことを思うのでしょうか。今の気持ちを聞きました。

飼い主さん:
「お迎えしてからルイに毎日たくさん話しかけており、成長とともに意思疎通が図れるようになりました。ルイとの絆を感じるたびに、愛おしい気持ちが増しています。

ルイのおかげでお友達もたくさん増えて遊ぶ機会も増えて、幸せな日々に感謝でいっぱいです。これからも健康で元気に、ルイと少しでも長く一緒にいたいと思っています」

写真提供・取材協力/@louis1117louisさん/X(旧Twitter)
取材・文/雨宮カイ
※この記事は投稿者さまに取材し、了承の上制作したものです。2024年5月時点の情報であり、現在と異なる場合があります。