犬は仕草でさまざまな気持ちを表現することがあります。犬のなかには、「片方の前足をヒョイと上げるポーズをする」「前足を上げたまま固まって動かない」といった仕草をみせるコもいるそうです。

では、犬が前足を上げる仕草にはどのような意味があるのでしょうか。

「犬が片方の前足を上げる理由」について、いぬのきもち獣医師相談室の原駿太朗先生が解説します。

犬が片方の前足を上げる理由


犬が片方の前足を上げる場合、以下のような理由が考えられます。

①見えているものに興味がある

犬は目の前に見えるものや起こっていること対して興味があったり前のめりになっていたりすると、片方の前足を上げることがあります。

②コミュニケーションを取ろうとしている

犬が飼い主さんや周りの人の気を引きたいなどコミュニケーションを取ろうとしている場合も片方の前足を上げることがあります。

犬が片方の前足を上げる仕草は、周りとの関わりの中でみられることが多い犬の行動ともいえます。犬の個性にもよるので一概にはいえませんが、明るくてオープンな性格のコがコミュニケーションのサインとして足を上げているケースも考えられます。

③カーミングシグナル

犬は犬自身を落ち着かせたり相手に敵意がないことを伝えるための動作として、カーミングシグナルと呼ばれるボディランゲージから片方の前足を上げることがあります。

犬が片方の前足を上げているときの注意点

ここまでは「犬が片方の前足を上げる理由」として、犬が自由意志で足を上げている状況についてお話をしてきました。

犬が「面白そう」「遊んで」「敵意はないよ」などの意思を持って前足を上げている場合は、名前を呼ばれたり歩き出した際に上げていた足をすぐに地面につくはずです。

ケガや痛みで前足を上げている場合もある

ただし、ケガや痛みなどで足に問題を抱えている場合は、名前を呼ばれたり歩こうとしたときも足を上げたままにするなど歩くことができない様子がみられます。

愛犬が前足を上げたまま鳴くなど、明らかに痛がる様子があったり、1日経っても同じ状況が続く場合は動物病院を受診することをおすすめします。

犬が前足を上げるポーズをするときの接し方

犬が片方の前足を上げるポーズをする場合、近くに興味をひく魅力的なものがあったり、周囲の注意を引きたい場合であることが多いです。

このため、「愛犬が何に興味を持っているのかな? 」とまずは観察をしてあげてください。もし、痛みがあるようであれば無理に歩かせずに早めに動物病院を受診しましょう。

犬は仕草やボディランゲージで何かを伝えようとしていることがあります。参考にしてくださいね。

(監修:いぬのきもち獣医師相談室獣医師・原駿太朗先生)
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください