ドライヤーの最中に脱走した愛犬。

写真は、X(旧Twitter)ユーザー@tanuki20200215さんの愛犬・たぬきちくん(取材当時4才/シー・ズー)のシャンプー後のひとコマ。

飼い主さんによると、シャンプーをしたあとに脱衣所でドライヤーをかけていたそうですが、蒸気がこもって暑くなったので少しだけドアを開けたところ、たぬきちくんが”脱走”したのだとか。

当時の状況について、飼い主さんに伺います。

飼い主さん:
「ドアを開けた瞬間、たぬきちがその隙間に体をねじ込んで脱出し、2階まで猛ダッシュで階段を駆け上がっていったんです。

まだ半分も乾いていなかったので、部屋がびしょぬれになると思って慌てて追いかけ、たぬきちがクッションに飛び乗ったところで追いつきました。これはお互いに間合いを取るような格好になったところを撮影したものです」

一瞬の隙をつくたぬきちくんの行動に感心


飼い主さんはこのときのたぬきちくんの様子を見て、どのように感じたのでしょうか。

飼い主さん:
「一瞬の隙をつかれたのでビックリして固まりましたが、『なかなかやるな〜』と思ってしまいました(笑)」

脱衣所から逃げ出した理由については、こう考えているそうです。

飼い主さん:
「シャンプーやドライヤーの最中に暴れることはないのですが、毛が多いので、ドライヤーはものすごく時間がかかります。なので途中で嫌になっちゃうんだと思います」

「隙あり!」と逃げ出したものの、逃げ場を失い諦めたような顔になるたぬきちくん。そしてたぬきちくんは、まるで静止画のようにフリーズしたのでした。

たぬきちくんの行動には、いつも笑わされる

飼い主さんによれば、たぬきちくんは頑固だけれども、とても人なつっこい性格をしているのだとか。いろいろ考えているように見えるところもあり、行動がいつも面白いといいます。

飼い主さん:
「私が会社に行くときは支度する様子をしっかり見ていて、腕時計をつけると『そろそろ家を出そうだな』と一階に下りて、ケージにハウスしてほめられるのを待っています。

また最近の夜の出来事では、たぬきちに『そろそろ寝るよ』と声をかけたら留守番中に寝転がっているクッションを持ってきて、クッションをくわえたまま上の階の寝室までのぼってきました。無事に2階まで上りきったときは、満足気な顔をしていました」

ちょっぴり頑固なところがあるたぬきちくんの行動は、飼い主さんの笑いのツボを刺激するようです。

写真提供・取材協力/@tanuki20200215さん/X(旧Twitter)
取材・文/小崎華
※この記事は投稿者さまに取材し、了承の上制作したものです。2024年6月時点の情報であり、現在と異なる場合があります。