宮崎・日向発のパンツがなぜNYコレクションに? リピーター続出の戦略とは

宮崎・日向発のパンツがなぜNYコレクションに? リピーター続出の戦略とは

 九州の地方都市、宮崎県日向市の熟練職人たちが縫い上げた男性向けパンツが9月、世界4大コレクションの一角であるニューヨークのファッション・ウィークの関連イベントに登場する。製造・販売元のTOOT(トゥート/本社・東京都港区)は「北米市場に本格進出するキックオフ」と位置づけ、新作をPRする動画づくりを進めている。



 TOOTのパンツは、ド派手なデザインと立体縫製のフロントカップが特徴。高度な技術で上質な生地を重ねずに縫い合わせるため、縫い目は目立たず、履き心地がいい。何度洗濯しても、なかなか傷まない丈夫さもウリという。

 TOOTは2000年の創業以来、人件費の安い海外に発注せず、日向市の自社工場だけで生産を続ける。熟練した20〜70代の従業員約50人が、東京本社から届くパターンに沿って縫製している。

 枡野恵也社長(37)は言う。

「当社は『見えないところ』に徹底的にこだわっています。本来、下着は他人に見えないのにデザインに凝る。別々の生地を10種ものミシンを使い分けて縫い上げ、見た目だけでなく、他社にはまねできない履き心地のよさを実現しました」

 リピーターが多く、コレクターもいるという。ネット販売が主体で、海外のユーザーも少なくない。

 毎週新作を出し、年に200種を売り出す。それぞれが小ロットなので、人気商品はすぐに売り切れる。価格は3千〜4千円台が中心だが、2万円の高級品もある。

 同社によると、日本の男性下着の市場規模は、この20年で3千億円から2500億円に縮小している。枡野社長は「ユニークなデザインと高い品質を損なわずに成長するには、国内のマス市場でなく、海外のニッチ市場を目指した方がいい」と判断。今春のイタリア・ミラノに続き、ニューヨークのファッションショーへの挑戦を決めた。

 ニューヨークでは、主会場に出展するのではなく、近くのアートスペースで、新作100種をプレゼンする。いま、そこで上映するPR動画を制作している。撮影は8月9〜12日に日向市の小倉ケ浜北部で実施。モデルには、今春、ミスターコンテストの世界大会で優勝した上村勇太さん(23)を起用した。

 枡野社長は「ニューヨークの展示の模様をインフルエンサーにSNSで拡散してもらう。動画を社のウェブサイトでも公開し、消費者に直接、魅力を伝えたい」と話している。(朝日新聞宮崎総局・佐藤修史)


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索