資産運用の主役として定着しつつある投資信託。6千本近くある投信は玉石混交だが、初心者が比較的安全に運用できるのはどれ? NGは? AERA 2021年5月24日号で金融のプロに話を聞いた。



*  *  *
 昨年末で302万人を突破した「つみたてNISA」、今年3月時点で193万人が加入する年金制度「iDeCo」。税制面が得なこれらの制度を使って投資信託(以下、投信)を買う初心者が急増している。

「この1年で投信の積立口座は1.5倍に増えました」

 と語るのは、ネット証券最大手のSBI証券投資信託部次長、仲岡由麗江さん。

 個人が買える投信の数は6千本近くあるが、投資が初めてでも安心して買える投信はどれか。仲岡さんに、金融のプロ目線でランキングを作ってもらった。

■繰り上げ償還リスク

「まず純資産総額30億円以上を一つの目安に。その投信がどれぐらいのお金を集めているかを示す数字です。純資産総額が少ない投信は人気のない投信ともいえるので、運用会社が運用をやめて繰り上げ償還されてしまうことがあります。運用資金が少なすぎると投資効率が悪くなるというデメリットもあります」

 安定運用の投信を選びたいので、「資金流入連続3カ月以上」という“ふるい”もかけた。

「大きな解約が続くと運用者が思うような運用ができなくなっている可能性が高まります。継続してお金が入っている投信を選びましょう」

 表の項目に数値は掲載していないが、とっているリスクに対してどの程度のリターンが得られるか、という運用効率のよさを表す「シャープレシオ」も選別基準に加えた。

 同じ株価指数に連動するインデックスファンドの場合は、値動きがほぼ同じなので、日々の運用コストである「信託報酬」が低いものを優先したうえで最終の順位付けをして、完成。

 さてランキング結果は? 1位は「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」。2位の「eMAXIS Slim米国株式」と中身はほぼ同じだが、信託報酬の安いSBI・バンガードがトップに立った。仲岡さんがSBI証券だから……という忖度はない。
「上位を独占したのは、同じインデックス投信の中でも、米国の株価指数S&P500や先進国、全世界の株式指数に連動する外国株式という結果。日本株式を対象にした投信は上位30位以内に入りませんでした」

 日本の株価指数の騰落率は海外指数に比べて見劣りする。たとえば日経平均株価の225銘柄の入れ替えは年に1〜2銘柄。いったん採用されると、赤字に転落してもすぐには除外されず、ある意味“緊張感がない”。

 一方、米国を代表する株価指数であるS&P500の場合、指数を算出するS&Pグローバル社が中立的な委員会を設けて、毎年20〜30社程度を容赦なく入れ替える。企業努力の足りない会社はすぐ除外されるのだ。

■ブル・ベアは避ける

 ランキング後半では、腕利きのファンドマネジャーが運用するアクティブ型の投信も登場。

「レオス・キャピタルワークスが運用する『ひふみ』やNVIC(農林中金バリューインベストメンツ)助言の『おおぶね』などは哲学がしっかりしていて、運用の中身も丁寧に開示されている点が支持されています」

“買ってもいい投信”はわかった。逆に、買ってはいけないのは? 個人の家計相談3千件超のファイナンシャルプランナー、平野雅章さんに聞いた。

「ネット証券の人気ランキングを見ると、『ブル』か『ベア』という名前がついた投信が上位に入っています。ブル・ベア投信は、初心者は避けましょう」

 たとえば「日本株4.3ブル」という投信なら、日本株全体より4.3倍の日々の値動きとなる。日本株が100円上がれば、430円上がるイメージだ。上がれば大儲けだが、はずれると4.3倍の損失。また小刻みに値が動くと基準価額が下がる傾向があり、値動きの予想が困難な初心者には危ない。保有期間が長くなるほどその傾向が強まり、長期保有にも向かない。

「毎月分配型ファンドも長期の資産形成には向きません。分配金を定期的に受け取ると、複利効果が得られないからです。分配金の再投資も選べますが、分配金の純増部分(普通分配金)から約20%の税金が引かれて再投資されます。複利効果が弱まるため、分配金がない投信を選んだほうが合理的です」

 初心者が避けたいファンドはまだある。AI(人工知能)などの最先端IT企業に投資する、といったテーマ型の投信だ。

「テーマ型を全否定しているわけではありませんが、信託報酬が通常で2%近く、高コストな点が気になります。また、トレンドに左右されることで値動きが大きくなり、初心者向けとしては疑問符がつきます」

■新興国1カ国もNG

 平野さんによると、新興国1カ国の株だけが組み入れられた投信も避けたほうがいい。

「値動きの大きなものは心理的な負荷が大きく、初心者には向きません。その意味で、中国、インド、ブラジルなど個別の新興国1カ国の投信は避けて」

 昨年3月、コロナショックで世界的に株価が暴落したものの、その後の株式市場は好調。つまり、最近、投信デビューした初心者は大きな下げ相場を知らない。安いときにたくさん買うことで、反転したときに大きな利益が得られるのが積み立て投資の効用。暴落が来ても気長に付き合える投信を選ぼう。(ジャーナリスト・安住拓哉、編集部・中島晶子)

※AERA 2021年5月24日号