NHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公で「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一。渋沢家五代目の渋沢健氏が衝撃を受けたご先祖様の言葉、代々伝わる家訓を綴ります。

***

  50年近く継続している老舗の某勉強会に「人新世の『資本論』」の著者の斎藤幸平さんをお招きしました。「SDGsは『大衆のアヘン』」であり、「脱成長」を提唱している若手論客です。

 昭和時代に同会が発足したときの当初のメンバーで「成長」について疑問を持つのは誰一人もいなかったでしょう。しかし、現在では「成長」を否定されると経済人の常識が覆されてしまうものの、真の成長とは何であろうと真摯に考えさせられたメンバーが多かったと思います。

 確かに、SDGsが「大衆のアヘン」であれば、地球にとって人類は「がん細胞」かもしれません。悪意がある訳ではありませんが、他の細胞の存在に関わらず、成長の歯止めがかからないのが、がん細胞です。自分の成長の暴走を止めることなく、最終的にはホストが滅びてしまいます。

 一方で、全体の「成長」を否定して固定してしまうと、その中にいる個々が弱肉強食的に奪い合いを始めるのではないでしょうか。また、宇宙の物理的原理にエントロピーがあり、拡大・膨張(=成長)を抑え込むことはそもそも不可能なのかもしれません。

 ただ、その「成長」とは何なのか。「新しい資本主義」を実現させるためには、求めている「成長」の定義を整理する必要がありそうです。

 人間は、最も簡単な答えを求める傾向があります。多方な表現で「成長」を示すより、GDPという数字にすれば可視化しやすく、多国間の比較も安易です。ただ、GDPの成長を求めることに、「豊かさ」があるのか。これが斎藤幸平氏の問題提起であるようです。

◆利殖を求めない企業は存在意義なし

 「日本資本主義の父」と云われる渋沢栄一が活躍して多くの功績を残した時代には、経済社会の成長による「気候変動」や「生態系破壊」のリスクが認知されていませんでした。一方で、GDPという成長の尺度があった訳でもありません。栄一は、より良い日本社会を目指していて、そのためには官に過剰に頼らない民間による経済力の向上が不可欠であると考えました。

『論語と算盤』において、栄一は「真正の利殖法」について、以下を示しています。

「もちろん世の中の商売、工業が利殖を図るものに相違ない。もし商工業にして物を増殖するの効能がなかったならば、すなわち商工業は無意味になる。」

 利殖(成長)を求めない企業の存在意義がないということです。しかし、むやみに成長すれば良いと栄一は考えていた訳でもありませんでした。

「真正の利殖は仁義道徳に基づかなければ、決して永続するものでないと私は考える。」

 つまり、サステナブルな経済活動に必要なことは、一人ひとりの意識と行いであると栄一は今から100年以上前でも考えていたようです。

 「ただ、とかくは空理空論なる仁義というものは、国の元気を担喪し、物の生産力を薄くし、遂にその極、国を滅亡する。」

 しかしながら、自分は良いことしているんだという自己満足は、真正の仁義ではなく、浮いた状態で現実味がない。斎藤幸平氏の言葉を借りれば「アヘン」であるということを栄一も指摘しているようです。

 一方で、仁義を掲げていた栄一は決して「脱成長」を主張していたわけではありません。 

「私が常に希望する所は、物を進めたい、増したいという慾望というものは、常に人間の心に持たねばならぬ。しかしてその慾望は、道理によって活動するようにしたい。この道理というのは、仁義徳、相並んで行く道理である。」

 相手を踏み倒しても、搾取しても、自分の利益を増やしたいということは道理ではないということです。がん細胞には意識がありませんが、人間には良識があります。Takeだけではなく、Giveという良心です。

◆渋沢栄一流「成長と分配」

 渋沢栄一が目指していた新しい時代の豊かな社会とは、成長「か」分配ではなく、成長「と」分配です。渋沢栄一は『論語と算盤』の「防貧の第一要義」で以下を示しています。

 「人道よりするも経済よりするも、弱者を救うは必然のことであるが、さらに政治上より論じても、その保護を閑却することはできない筈である。」

 社会における弱者を保護して格差を是正することは、人道的にも、経済的にも、政治的にも当然のこととであると栄一は考えていました。

 「ただし、それも人に徒食悠遊させよというのではない。なるべく直接保護を避けて、防貧の方法を講じたい。」

 徒にバラマキすることに栄一は否定的でした。全国民にベーシックインカムを与えることより、一人ひとりが自分の可能性を発揮して自己実現できる社会を築くことが防貧へとつながると栄一が現在に蘇ったら提唱するのではないでしょうか。栄一の時代の資本主義でも、現在の「新しい資本主義」でも、雇用の創造による価値の創造という重要な役割は変わりません。ただ、令和日本に求められているのは、ブラック企業による搾取的な雇用ではなく、雇用者の自己実現と成長を提供している企業でありましょう。

 渋沢栄一が描いていた資本主義は成長に留まることなく、分配という考えもありました。

◆バラマキと分配の違い

「如何に自ら苦心して築いた富にした所で、富はすなわち、自己一人の専有だと思うのはひとり大いなる見当違いである。要するに、人はただ一人のみにては何事もなし得るものでない。国家社会の助けによって自らも利し、安全に生存するもできるので、もし国家社会がなかったならば、何人たりとも満足にこの世に立つことは不可能であろう。」

 「自己責任」とは、自己のことだけを見ていれば良いということではなく、自己が全体への責任を果たすという意味だ、と栄一は言っているようです。

 栄一の言葉を読み返すと、人々の豊かな生活が生じるのは資本主義というイデオロギーやシステムことではなく、そのシステムを使っている一人ひとりの想いと行動が重要であると提唱しているように思います。

 一人ひとりが道理を持って行動すれば、旧来の資本主義でも大きな問題がないでしょう。斎藤幸平氏が提唱するコミュニズムも一人ひとりが道理を持って行動することが前提になっているように思います。したがって、新しい資本主義の実現も、一人ひとりの道理が不可欠であるということなのでしょう。(渋沢健)

◆しぶさわ・けん シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役、コモンズ投信株式会社取締役会長。経済同友会幹事、UNDP SDG Impact 企画運営委員会委員、東京大学総長室アドバイザー、成蹊大学客員教授、等。渋沢栄一の玄孫。幼少期から大学卒業まで米国育ち、40歳に独立したときに栄一の思想と出会う。近著は「SDGs投資」(朝日新聞出版)