霜降り、四千頭身、EXITら お笑い第7世代の下克上は実現するのか?

霜降り、四千頭身、EXITら お笑い第7世代の下克上は実現するのか?

 最近よく耳にする「お笑い第7世代」というフレーズ。昨年のM−1グランプリで史上最年少優勝を果たした霜降り明星を筆頭に、ゆりやんレトリィバァ、ハナコ、四千頭身、EXIT、宮下草薙、ミキ、かが屋、Aマッソなど平成生まれのお笑い芸人たちを総称する造語だ。今や彼らを特集したムック本「芸人芸人芸人」は飛ぶように売れ、先日放送された「ENGEIグランドスラム」(フジテレビ系)でもお笑い第7世代のコーナーが設けられたほど。いったい彼らはどれほどの実力の持ち主なのか。数多くのバラエティ番組を手がける放送作家は次のように語る。



「霜降り明星の粗品はピン芸人としてもR−1ぐらんぷりで優勝したまさに天才です。そして、天才が熱望してコンビを組んだ相方のせいやはナイナイの岡村さんを彷彿とさせる、久々に出てきた“動きで笑いを取れる”逸材。つまり、天才と逸材によるコンビはブレイクすべくしてブレイクしたのです。ほかにも第7世代はネタのクオリティが圧倒的に高く、みんなデジタルネイティブなのでSNSの使い方も非常にうまい。ひと昔前の芸人さんのように女遊びにうつつを抜かすことなく、とにかくまじめに芸事に向き合うため、コンプライアンス重視の昨今、番組制作サイドも安心して仕事を振れます。また、今のバラエティー番組だと、『アメトーーク!』のようにひな壇でいかにキャラを出すかが重要視され、彼ら若手芸人らは手練れの先輩芸人にどうしても委縮しがちでした。瞬発力が求められる番組構成なので、彼らはひな壇では不利な状況になるのがほとんど。しかし、第7世代とくくられたことで彼らにスポットが当たることが多くなり、彼ら同士の連係プレーも仕上がりつつある。ここ10年ほど、バラエティ番組は同じ顔ぶればかりでしたが、今のキャスティング会議では第7世代の名前が先に挙がるケースが多くなっています。今後、彼らをメインとした番組がヒットすれば、下剋上もありえるでしょう」

 そもそも「第7世代」という名は、霜降り明星のせいやがラジオで命名したことに端を発する。ドリフターズやコント55号が第1世代、ツービート、B&Bらいわゆる“MANZAIブーム”を巻き起こしたのが第2世代、とんねるずやダウンタウン、ウッチャンナンチャンらが第3世代、そしてナインティナインや雨上がり決死隊らが第4世代となる(第5〜6世代は明確に定義されたことはない)。

「ナイナイ以降、数多くの芸人がテレビを中心に活躍して人気を得てきましたが、世代の定義づけがないまま、なかには芸歴すら曖昧なまま活動している芸人も少なくない。しかも、タモリ、たけし、さんまで形成される“お笑いビッグ3”をはじめとする重鎮たちがいまだにバラエティ界のど真ん中にいるため、彼らにとっては新世代の名乗りをあげるタイミングすらなかったとも言えます。そんななか、せいやが直近の先輩芸人らを押しのけて第7世代と名乗りを上げたことは、『俺らでお笑い界を変え、天下を獲る』という強い意志の表れのようにも思えます。旧態依然としたバラエティ界にまさに一石を投じる、非常にエポックメイクな宣言。第7世代の台頭によって、渋滞しまくっていたお笑い界がやっと動き出す気配が出てきて、番組を作っている我々も非常に楽しいんですよ」(前出の放送作家)

■業界関係者注目は四千頭身とかが屋

 勢いに乗る第7世代だが、全員が天下を穫れるわけではない。生存競争の激しいお笑い界で果たして、誰が生き残るのか。お笑い界に精通する民放バラエティー番組のプロデューサーは次のように分析する。

「霜降り明星が独走状態なのは言わずもがなですが、ナベプロ所属の四千頭身はネタだけでなくひな壇でも動きが非常にうまい。とくにウィスパーボイスでツッコむ後藤くんは今までの芸人にはない魅力があり、今後もバラエティで活躍するはず。M−1やキングオブコントで上位入賞となれば、トリオとして爆発的な人気を獲得するでしょう。一方、すでにカルト的な人気を博しているのが、かが屋のふたりです。バラエティー対応はまだ不安定ですが、ネタのクオリティは随一。芸人から最も認められているコンビとも言われており、ずっと『次に賞レースで結果を出すのはこのコンビ』と太鼓判を押されていたほど。彼らも賞レースで優勝して勢いがつけば、確実に大ブレイクするでしょう。一方、EXITの兼近が文春砲で過去の犯罪歴を暴露されたり、Aマッソが差別的発言をしたことで叩かれたりしていますが、いずれ復活してくるでしょう。第7世代にかける期待は、それほど絶大だと思います」

 第7世代筆頭の霜降り明星にインタビュー経験のあるTVウオッチャーの中村裕一氏は、今後について次のように分析する。

「新しく勢いのある若者がブレイクし始めると、メディアはとかく旧世代との対立構造を煽りがちですが、本人たち的には世代間の摩擦などほとんど気にしておらず、『自分たちの道は自分で切り開く』という冷静さを常に持ち合わせている印象を持ちました。もちろん、それでいて上の世代へのリスペクトもキチンと持ち合わせていますし、当然ながら自分たちの笑いや世界観もしっかり持っている。そういった良い意味でのマイペースぶり、自立した生き方の加減が、これからの時代を担うお笑い好きな10代、20代の若い層に支持されているのだと思います。粗品の熱愛が先月、写真誌にスクープされましたが、普通に彼女であることを認めて逆に好感度を上げましたし、過去の犯罪歴が明らかにされたEXITのその後の対応にしても、大小さまざまな不祥事をうやむやにしてきたであろう旧世代の芸人たちよりよっぽど誠実ではないでしょうか。『小さくまとまりすぎじゃないか』と毒づく人もいるかもしれませんが、うがった見方をせず、素直に応援してはいかがでしょう」

 業界関係者からはすでに実力も人気もお墨付きのお笑い第7世代。真面目に芸事にも打ちこむとあっては、“お笑い芸人の進化形”として重宝されるのも当然である。彼らがお笑い界の下剋上を達成するのも、そんな遠い日の話ではないのかもしれない。(藤原三星) 


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る