好調「ドクターX」支えるユースケ・サンタマリアの爬虫類的怪演

好調「ドクターX」支えるユースケ・サンタマリアの爬虫類的怪演

 今期の民放連ドラでトップの視聴率を誇る「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」。最大の原動力は、米倉涼子扮する天才ドクターが大活躍する勧善懲悪的ストリーの痛快さだろう。が、こういう物語は「悪」がなくては成立しない。今回のシリーズでも、市村正親をはじめ、味のある敵キャラがひきたて役をになっている。



 なかでも、注目したいのがユースケ・サンタマリアだ。AI頼みの診断が大好きな「次世代インテリジェンス手術担当外科部長」潮一摩を演じており、11月7日放送の第4話は彼がメインの回だった。

 潮の母親が認知症的な症状を示し、AIの診断のもと、潮もその方向性で治療を進めるが、大門が真の病名を見抜き、救う。それとともに、別のVIP患者の手術の際、潮が失敗しかけたのを、また大門が救うのである。にもかかわらず、潮は大門にこう言う。

「今回の件で、君は僕に貸しを作ったつもりかもしれないが、それは大きな間違いだ。僕は外科部長だ。下は上の人間のために働く。それが組織だ。そこをしっかり肝に銘じておけよ」

 もちろん、大門は「私、失敗しないので」と並ぶ決め台詞「いたしません」で返し、その場を立ち去るのだが、その後ろ姿を陰湿な目でにらみつける潮も負けてはいなかった。そう、ユースケ流悪役の持ち味はあっさりとは引き下がらない爬虫類のようにじめっとしたねちっこさなのだ。

■ブラック上司を怪演

 このやりとりを見て、半年前にドラマ「わたし、定時で帰ります。」でユースケが見せた怪演を思い出した人もいるだろう。一見柔和で、特に悪気を漂わせるでもなく、我が身可愛さに無理な仕事を請け負って部下たちに押し付けたりするブラック上司を、彼は見事に演じた。特に最終回、取引先の意向でプロジェクトを外されることになり、それを吉高由里子扮する部下に告げられたときには、

「そっか、やっぱり僕か。……って、納得できるか!」

 と、カバンを地面にたたきつけ、逆ギレしながらこんな長台詞をまくしたてたものだ。

「だいたいさ、仕事が大変だ大変だってみんな文句言うけど、仕事なくなったらどうすんの。仕事がないより、あるほうがよっぽどマシじゃない。僕だって一生懸命頑張ってんだよ。お前なんか何もしてないみたいな目でみんな見るけどさ。(略)自分のことばかり考えやがって、って思ってるんでしょ。それの何が悪いの? 僕はね、僕ひとりのことだけで精一杯。(略)それでもやるしかないじゃない。嫌でも仕事しなきゃ、食っていけないんだからさ」

 目をうるませ、息を過呼吸みたいにハアハアさせながら、ブラック上司ならではの論理を主張。このドラマでの怪演には、SNSで「不気味な圧がうまい」「素に見えるから余計怖い」「ユースケ本人まで嫌いになりそう」といった声が毎回あがったが、なかでも真骨頂というべき場面だった。

■しゃべり方と顔色に特徴

 ではなぜ、彼の悪役ぶりは素晴らしいのか。ひとつには、そのしゃべり方がある。声を張らず、どこかうじうじとして、持って回ったように聞こえるそれは、特に年配層のウケがよくない。筆者の母(70代)なども、彼が司会を務める「世界ナゼそこに?日本人」を見ながら「この人のしゃべり方、すごく嫌だ」と言っていたものだ。

 司会といえば、10月から「先生、、、どこにいるんですか?」という有名人の恩師を探す番組も始まったが、じつはこれ、特番時代は「先生、、、生きてますか?」というタイトルだった。彼いわく「クレームがすごくて。年配の方から不謹慎だと」という事情で、変更。もしかしたら、彼のしゃべり方がよけいにいらつかせたのかもしれない。

 そして、もうひとつが顔色だ。不気味な公家などを得意とした成田三樹夫もそうだったが、顔色のさえない人は悪役に向いている。そういえば、ユースケがドラマ「アルジャーノンに花束を」に主演した際、母親役のいしだあゆみが「笑っていいとも!」でこんなことを言っていた。

「主役のユースケさんが頼りなくて、心配なの。この人で、大丈夫かしら。顔色も悪いし」

 お前が言うか、という気もするが、その2年後、ユースケは体調を崩したりした。顔色がさえないのは、そうした健康面の影響もあるのだろう。ただ、そこが役作りにはプラスにも働くのである。また、彼は近年、不健康なイメージを逆手にとるかのように、さまぁ〜ずの大竹一樹と「オータケ・サンタマリアの100まで生きるつもりです」という健康番組もやったりした。

■何を考えているのかわからない不気味さ

 さらにもうひとつ、その悪役ぶりを際立たせているのはギャップだろう。役者としての出世作「踊る大捜査線」で演じた真下正義が「愛すべきへタレ」キャラだったように、初期には悪役のイメージはなく、むしろ「いいひと」を演じることが多かった。バラエティ「『ぷっ』すま」で長く共演した草なぎ剛に負けず劣らず、そんなイメージだったのだ。

 それが金の亡者みたいな元ホストだったり、DV夫だったりをやるようになったわけだが、最近もそういう役柄ばかりではない。一昨年の主演ドラマ「悦ちゃん〜昭和駄目パパ恋物語〜」では、娘思いの純朴なヤモメ男の役だったし、去年今年と「ZIP!」内で放送された帯ドラマ「生田家の朝」では、平凡な夫であり父親を演じた。

 それゆえ、彼のイメージは「へタレ」「いいひと」「やばいヤツ」などを行ったり来たりしており、要するにつかみどころがない。これが悪役をやるときにも、何を考えているのかわからないという不気味さにつながり、より高い効果をあげられるようになっているのだ。

 これが同じく悪役的な怪演でも、かつての佐野史郎のようなパターンだと、そうはいかない。「冬彦さん」がブレイクキャラだったため、他の役がなかなかハマらず、苦労することとなった。

 最近「徹子の部屋」(10月17日放送)に登場したユースケは、1年前にしていた離婚や、変人めいた私生活を明らかにした。独身になったのに自宅の電気代が高すぎるとして「電気を誰かに抜かれてるんじゃないか」といぶかしむのだが、トークをするうち、その理由がわかってくることに。葉巻をたしなむので空気清浄機を6台置き、さらに除湿機を4台、そのバランスをとるために加湿器を3台使っていると話した。

「だから、なんですかね。(略)たぶん、除湿機と加湿器を一緒につけてるのが悪いと思うんですよ。どっちかにします、季節によって」

 とまあ、ますます、つかみどころのないイメージを極めつつあり、それは役者としての魔力をさらに深めていきそうだ。「ドクターX」の制作発表において、彼は「仕事選び、俺、失敗しないので。だからここにいます」として「仕事選びには自信があります」と語ったが、ドラマ側にとっても、失敗しない役者選びだったといえる。

 このドラマの後半も含め、このニュータイプの悪役俳優がこれからどんな活躍を見せていくのか。とりあえず、ユースケの出る作品には注目して損はないはずだ。

●宝泉薫(ほうせん・かおる)/1964年生まれ。早稲田大学第一文学部除籍後、ミニコミ誌『よい子の歌謡曲』発行人を経て『週刊明星』『宝島30』『テレビブロス』などに執筆する。著書に『平成の死 追悼は生きる糧』『平成「一発屋」見聞録』『文春ムック あのアイドルがなぜヌードに』など。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る