再婚した菊池桃子 歌謡史の謎「ラ・ムー」結成はもっとサプライズだった

再婚した菊池桃子 歌謡史の謎「ラ・ムー」結成はもっとサプライズだった

 菊池桃子が再婚した。その相手が経済産業省のエリート官僚であることが話題になったが、じつは彼女、ちょくちょく世間を驚かせるクセ(?)がある。なかでも、過去最大のサプライズは88年、ロックバンド「ラ・ムー」を結成したことだろう。



 というのも当時、彼女はデビュー5年目で、トップアイドルのひとりだった。85年から87年にかけては、シングルが7作連続でオリコン1位に輝いている。

 また、彼女のデビューは雑誌「Momoco」創刊と連動していて、同誌はその後、美少女アイドルの登竜門となった。ここから西村知美、杉浦幸、酒井法子、畠田(羽生)理恵といった面々が登場。「モモコクラブ」(TBS系)というバラエティ番組も作られた。

 折しも「夕やけニャンニャン」(フジテレビ系)から生まれたおニャン子クラブがブームを起こしていたが、こちらはその対抗勢力であり、桃子はその象徴的存在でもあったわけだ。

 しかも、アイドルとしては優等生っぽさ、歌手としてはささやくような優しいボーカルが持ち味の彼女は、ロックから最も遠いイメージだった。同じ年に本田美奈子もロックバンドを結成したが、そちらはすでにソロでもロック志向を打ち出しており、桃子のような唐突さはなかったのである。

■なぜラ・ムーなのか?

 そのためか、ラ・ムーのデビュー曲「愛は心の仕事です」には1枚のチラシが挿入されていた。

「桃子なのにラ・ムーなのはなぜなの?」

 と題された、音楽評論家・富澤一誠による解説文だ。といっても、桃子自身のことばが紹介されているわけではなく、彼女のファンはなぜなの?と頭を抱え続けることになる。

 いや、ファンでなくとも、この転向には「?」だらけだった。なにせ、バンドの編成もサウンドもパフォーマンスも、当時のロックのイメージからはかけ離れていたからだ。

 桃子とともに、ふたりの黒人女性が踊りながら歌い、それをキーボードやドラムス、ギター、ベースがサポート。曲調はR&Bやファンク系だ。今ならこういうロックもありだろうが、宇多田ヒカルが登場する10年以上も前の話である。

 さらに、イラストによるジャケットも謎だった。現代的な都市空間に、古代人みたいな4人(男3女1)が空飛ぶ舟に乗って浮かんでいる。ラ・ムーの由来は空想上の大陸・ムー大陸の王の名だから、そこからの発想だろうか。ちなみに「Momoco」を出していた学研はオカルト雑誌「ムー」の版元でもある。

 そんなラ・ムーはその後「少年は天使を殺す」「TOKYO野蛮人」「青山Killer通り」とリリースしていったが、桃子ファンにもロックファンにも受け容れられたとは言いがたい。バブル時代研究家のDJGBによれば、アルバム発売後に予定されていたツアーも行なわれず、黒人女性の片方は途中で米国に帰ってしまったという。

 結局、翌年には事実上の解散。桃子は歌手活動をやめ、女優やCMタレントとして巻き返すこととなった。

■普通の女の子でいてほしい

 というのが、ラ・ムーをめぐる経緯だが、いったいなぜ、彼女はこのような挙に出たのだろうか。その手がかりとなるのが、アイドル時代の全54作品を手がけた作曲家・林哲司が著書に記した人物評だ。中学生の彼女とレコーディングスタジオで初めて会ったときのことを「見るからにおとなしそう」「可憐なセーラー服姿はどこか場違いな雰囲気」と書き、こう続けている。

「『普通の女の子に戻りたい』といって解散したのはキャンディーズだったが『このまま普通の女の子でいてほしい』と思ったのが彼女に対する初印象だった。音楽業界、いや芸能界で活動するにはあまりにも純真無垢なイメージをそのとき感じたからかもしれない」(「歌謡曲」04年)

 そして、そのイメージはこの本を書いた(04年)時点でもずっと変わっていないのだという。

 林にはインタビューしたこともあり、真面目で正直な人という印象だ。EXILEに入る前のTAKAHIROをオーディション番組でスカウトし、手がけるはずだったのに逃げられてしまったことをネット上で告発したときは、彼らしいなと感じた。それゆえ、桃子に対するこの評も嘘ではないだろう。

 そこを踏まえて、彼女のこれまでの言動を振り返ると、いろいろ得心がいくのである。

■プロゴルファーの西川哲との結婚

 たとえば、彼女は日本レコード大賞の新人賞を受賞しながら、最優秀新人賞の対象になることを辞退し、授賞式も仕事を理由に欠席した。そのかわり、彼女の手紙が読み上げられ、そこには賞という評価システム自体への疑問が示されていた。当時は事務所がやらせたのではともいわれたが、あれも林の言う「芸能界で活動するにはあまりにも純真無垢」というやつの反映だったのかもしれない。 

 また、ラ・ムーを始めるにあたっても、会見では「アイドルでいることの違和感」を口にしていた(当時の彼女はどう見てもアイドルそのものだったが……)。 

 そんな彼女が94年に結婚した相手は、プロゴルファーの西川哲。父は芸能界のドンとも呼ばれた新栄プロの創業者・西川幸男で、母は五月みどりだ。いわば、ザ・芸能界的なふたりだが、桃子は気に入られたという。哲がまだプロとして実績不足なのを理由に結婚を延期されても、純愛を貫こうとする姿が好感を与えたようだ。

 やがて、1男1女の母に。長男については、全国大会で優勝するほど、速読が得意なことをテレビで自慢する親バカぶりを見せていた。一方、長女は体に障害を持って生まれたが、これをテレビで公表。「芸能人はイメージが大事なので、隠さなきゃ」という意識を、次のような考えが上回ったのだという。

「娘が一生懸命生きている姿を見たら、隠していることが同じ人間として娘に失礼に思えて」

 ここにも「純真無垢」なところが見て取れる。

 そして、長女の障害は彼女の目を教育や福祉に向けさせた。大学院で政策学を修め、離婚した12年に卒業。15年には「一億総活躍国民会議」の民間議員に起用された。その会議を運営する立場にいて、知り合ったのが、このたび再婚した相手というわけだ。

■いまも純粋無垢なまま

 とまあ、現在の彼女は幸せのまっただなかといえそうだが、そんななかでも「純真無垢」な一面を発揮している。11月15日、ブログにこんな文章を投稿したのだ。

「入籍後、周囲の仲間から、色々と私の耳にも入りますが……、フェイクニュース(偽りの情報)には、困らされます。(略)人間には言わずもがな『心』があります」

 こういう芸能界ずれ(?)しないところが逆に80年代のアイドルブームのなかで新鮮に映り、そして今もファンに愛されるゆえんなのだろう。そういえば、再婚報道が出た週の「こころ旅」(NHKBSプレミアム)で彼女のヒット曲「もう逢えないかもしれない」が流れた。本人も出演したグリコのCMで使われた曲でもあり、その舞台となった田舎の駅がたまたまこの日の訪問先になっていたからだ。

「なんとタイムリーな!」というネットのざわつきを眺めながら、かつてのトップアイドルの「持ってる」感にちょっと驚かされた。ちなみに、この訪問先をリクエストした手紙の主は、彼女の大ファンで、地元でこのCMが撮られたことを妻に自慢し続け、自分の娘に「桃子」と名付けたという。

 こんな話題なら、本人も「フェイクニュース」などといわずに喜ぶに違いない。

●宝泉薫(ほうせん・かおる)/1964年生まれ。早稲田大学第一文学部除籍後、ミニコミ誌『よい子の歌謡曲』発行人を経て『週刊明星』『宝島30』『テレビブロス』などに執筆する。著書に『平成の死 追悼は生きる糧』『平成「一発屋」見聞録』『文春ムック あのアイドルがなぜヌードに』など。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る