フジテレビの新春スペシャルドラマ『教場II』に出演した女優の上白石萌歌(20)。年末年始は同ドラマの番宣もあり、多くのバラエティなどに出演して話題となったのも記憶に新しい。



 「上白石萌歌さんは、2020年に放送された『教場』で、ドラマのラストに警察学校の次の年の生徒としてちらっと出演。続編の制作を予感させるとして、話題となっていました。今回のドラマの視聴率は前編が13.5%、後編が13.2%と前作ほどよくはなかったのですが、それでも及第点の内容。その中で、前作と『II』をつなぐ役柄で見せ場もあった。番宣番組にも多く露出していて、番組の話題化に一役買っていました」(テレビ情報誌の編集者)
 
 上白石萌歌といえば先日、成人式を迎えたばかりで、同事務所の浜辺美波(20)とともに“次代を担う女優”として活躍が大いに期待されている。デビュー以来、仕事も順調で、特に2017年に出演した「午後の紅茶」のCMで、スピッツの「楓」を歌い上げ、その透明感で人気となっていた。

 一方、最近、妹に負けず露出が増えているのが姉の上白石萌音(22)だ。珍しい名字もあって芸能界では異彩を放つ姉妹タレントとして知られているが、妹の活躍に負けず、姉の萌音のほうも、昨年末から快進撃ぶりが注目を集めているのだ。

「萌音さんは20年1月クールの『恋はつづくよどこまでも』(TBS)で主演を果たし、作品が大ヒット。正直、『壁ドン』的恋愛ドラマだったので関係者的はノーマークでしたが、一躍大ブレークを果たしました。コミカルな演技がうまくハマって、女性人気を獲得したのが成功の要因でした。しばらく萌音さんは、こうした“2枚目”的な主演としてやっていけそうです」(民放ドラマプロデューサー)

「恋つづ」のヒットでプレゼンスも上がり、1月クールでも『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』(TBS系)に主演中。同ドラマは、ファッション雑誌の編集部を舞台にしたラブコメで、まさに「恋つづ」と同じ路線となっている。さらに萌音は2月から放送が開始されるNHK大河ドラマ「青天を衝け」で、江戸幕府第13代将軍・徳川家定の正室の篤君役という役柄で起用されていることが決定。また今年下半期の朝ドラ「カムカムエヴリバディ」でも深津絵里や川栄李奈と並んでトリプル主演することが決まっており、まさに大躍進だ。

「もともとは、妹の萌歌さんのほうが先に続々とドラマ出演を果たして話題になりました。18年に『義母と娘のブルース』(TBS系)やNHK大河ドラマ『いだてん』などで大胆な演技を披露するなど、コンスタントに人気をつみあげていった。一方、萌音さんは2014年に映画『舞妓はレディ』で初主演をしましたが、作品的にもさほどヒットせず、2016年にはアニメ映画『君の名は。』で女性主人公の声優を担当したものの、顔がわかる女優としての印象は残せていなかった。新型コロナウイルスが拡大する中で『恋つづ』がヒットとなり、今年からの躍進に弾みが付いたのだと思います」(同)

■”逆転”した姉・萌音は勝負の年に

 もともと事務所内での序列も、「萌歌さんは『第7回東宝シンデレラ』オーディションでグランプリですが、萌音さんは同年の審査員特別賞だったので、当初は妹のほうが上だった」(芸能事務所関係者)と言うが、本人たちの仕事上の関係性はさておき、今年に入ってすっかり、世間からの立場が逆転した感のある上白石姉妹。だが、芸能事務所の関係者からはこんな声も。

「たしかに今年は萌音さんの出演が続いていますが、『恋つづ』自体は佐藤健さんの功績、とみる向きが多く、ブレーク以降もさまざまなドラマに出演しましたが、どれに出ていたか覚えている人は実は少ない。今年は躍進の年とも言えますが、さて、実力がどんなものか、試されている年でもあります。事務所的にも勝負の年と踏んで大プッシュ中なので、メディアに出演しまくっていますが、あれだけ過酷な出演スケジュールだと、ちょっと本人の体調も心配になります」(前出のプロデューサー)

 ドラマウォッチャーの中村裕一氏は、そんな姉妹の関係性と今後についてこう分析する。

「確かに東宝シンデレラオーディションのグランプリに選ばれたのは妹の萌歌ですが、姉の萌音もここ数年の飛躍は目覚ましく、もはやどちらが秀でている、劣っているなどと比べるのはナンセンスでしょう。同世代のたくさんの俳優がひしめき合う中で、しっかりインパクトと結果を残しているのですから、そのポテンシャルは2人とも高いことは間違いありません。萌歌は昨年末に公開された『劇場版ポケットモンスター ココ』で、物語の中で重要なキャラクター・ココの声を担当しましたし、萌音は現在放送中のドラマ『オー! マイ・ボス!〜』でも『恋つづ』に続き、思わず応援したくなる誠実でまっすぐなキャラクターを見事に演じています。そうやってお互いを高め合いながらこのまま成長していき、揺るぎないポジションを築き上げたところでぜひとも姉妹共演を見てみたいですね」

 いずれにしても、新しい女優像を生み出す姉妹、2人で切磋琢磨してもらい、今後の活躍に期待したいところだ。(大沢野八千代)