新作小説『オルタネート』は直木賞、本屋大賞にノミネートされ、吉川英治文学新人賞を受賞した。小説に舞台の脚本まで、旺盛な創作活動の背景には、「エンターテインメント」に対する情熱がある。AERA 2021年4月19日号から。



*  *  *
——激動の一年だった。コロナ禍のために、昨年はライブや舞台は延期になったが、小説『オルタネート』は吉川英治文学新人賞を受賞した。

加藤シゲアキ(以下、加藤):年末には自分が新型コロナウイルスに感染したり、ネガティブなこともありましたが、すべてを糧にパワーにしていくしかない、と感じた一年でした。

『オルタネート』を書いたのは、コロナ禍の前でした。コロナ禍でデジタル化が一気に進み、『オルタネート』で描いたマッチングアプリの世界がより身近になっていった。良くも悪くも、結果として化学反応が起きたと思っています。

■たくさんの人に届ける

——『オルタネート』の発売は昨秋だ。コロナ禍に収束の兆しはなく、人がなかなか書店に足を運びづらい時期でもあった。

加藤:考えたのは、「書店をどう応援できるか」ということ。自分の本をきちんと読者に届けようとすれば、結果的に書店に還元されると思っていたので、「たくさんの人に届けよう」というのが一番のモチベーションでした。結果的に直木賞にもノミネートしていただき、吉川英治文学新人賞をいただきましたが、賞を意識したというよりは、「正しく届けたい」という気持ちが強かったんです。

——発売に際して、プロモーション動画をつくったり、作中に登場する料理のレシピカードを特典としてつけたり、さまざまな展開を試みた。

加藤:若い読者に興味を持っていただき、本を読むだけでなく、その先にある広がりや楽しさを感じてほしいと思っていました。それを「チャラい」と捉えることもできますが、エンターテインメントの世界にいる人間だからこそ、クロスオーバーさせていくことが自分の使命だろう、と。結果的に文学賞をいただけたのは、本当に不思議だなと感じましたし、自分が思っていた以上に作家の方々は広い視野で見てくださっていたのかもしれない、と勉強になりました。

 小説を書き始めた頃は、「ジャニーズの作家と思われたくないから、あえてジャニーズっぽくない作品を書こう」という気持ちもあったんです(笑)。でも10年近く作家活動をしていると、ファンの方も僕を信頼してくれているとわかるようになったし、「ジャニーズで学んできたことを作家として生かしていってもいいのではないか」と自然と思うようになりました。僕が書いたら、それはどうやっても僕の作品になる。もちろん、一つ一つの文章は練っているけれど、エゴのようなものはなくて、「若い頃にこんな作品に出合えたら楽しいだろうな」という感覚を大切にしていきたい、と。

■ギアを上げていく

加藤:賞をいただいて改めて思うのは、ここからがスタートだ、ということ。受賞はもちろんうれしいですが、この賞を背負った以上、次の作品からはもう一つギアを上げていかなければいけない。これまでは、どこかに自分のテリトリーで書き続けられたらそれでいいのかな、という気持ちもありました。これからは文学的な面白さから逃げてはいけない、もう甘えられないな、と思いますね。

——『オルタネート』単行本化にあたり、校了日の前日まで原稿に直しを入れていた。編集者や校閲担当の指摘は素直に受け入れて、作品をつくりあげた。

加藤:僕、文章を直すのが得意なんですよ。「書く」より「直す」方が才能はあると思う。これは自信を持って言える(笑)。いつも初稿は「長い下書きです」と言って編集者に渡しています。もっと直してから原稿を出せればいいと思うのですが、「自分はこの程度の筆力です」というのを最初に見ていただいて、意見をもらうようにしています。若い頃は特に「カッコつけても仕方がないな」という気持ちもあって。いまは編集者も同年代や年下の方も多いのですが、僕は人の意見を基本的には否定しないので。とはいえ、指摘や提案にただ従うだけでなく自分の言葉にしたいので、「では、ブロックごと変えます」と、文章を丸ごと作り直すことはあります。

——他人の意見を否定しない。その姿勢はどのようにして生まれたのだろう。

加藤:弁証法的な思考を持っているところがあって、AかBどちらか一方しか正しくないと考えるのではなく、「もっと包括的ないいアイデアがあるのではないか」と信じているんです。

 長くグループで活動をしていると、意見が割れたときに「どっちの意見も理解できる」という時がある。そんなときは、「みんなでハッピーになれるアイデアはないか」と考えたい。論理でぶつかったとしても、どちらにも正義はあるということもあるから、みんながハッピーになるアイデアを生み出そうという努力をしていきたいんです。

 僕が本を書くときも、みんなが楽しくアイデアが出せるといいな、と。それぞれに役割があったとしても、作品がよくなるのなら誰が何を言ったっていい、と僕は思っています。

——小説家をゲストに招いたバラエティー番組でMCを務めるなど、「文学」と世の中の橋渡しをする存在となりつつある。

■本は人生を豊かにする

加藤:文学界の中心にはいないけれど、何かをつなぐことはできると思いますし、それはとても面白いことだとも思うんです。言葉を選ばずに言うと、文学界はどこか閉じているようにも感じていて、エンターテインメントにも少なからず疎い部分があるように思う。それは業界の方々もわかっていて、どうにかブレークスルーをしたいと考えている。課題として多くの方々が考えているので、誰かが形にすることで一気に広がっていくと思います。

——はじめからいきなり橋渡しはできないと思いますが、本を書き続けて、周囲が認めてくださるようになったからこそ、お互いに面白いアイデアを出していけるようになった。

 本は、人生を豊かにするものだと信じています。僕の作品を通して、過去の名作や文学といったものが、実は難しいものではなくて、身近なものなんだ、ということが伝わればいいな、と。それが、自分が文学の世界に飛び込んだ以上、背負っていく責務なのかなと思っています。

(ライター・古谷ゆう子)

※AERA 2021年4月19日号