日本テレビの水卜麻美アナ(34)が朝の情報番組「ZIP!」の総合司会に就任して、およそ1カ月になる。



 同局では日曜日の夕方放送の「真相報道 バンキシャ!」で総合司会を務めていたフリーアナの福澤朗氏の番組卒業に伴い、「ZIP!」のメインMCを務めていた桝太一アナが今春から後任を担当。桝アナが抜けた後を水卜アナが務め、水卜アナが担当していた「スッキリ」には岩田絵里奈アナが出演するという“玉突き人事”があった。

 同局の番組スタッフは、今回の改編についてこう明かす。

「フリーの福澤さんの“卒業”は経費削減の意味合いが強いのですが、じつは『真相報道 バンキシャ!』は編成上、ウチの看板番組である『笑点』と『行列のできる法律相談所』への“橋渡し”という重要なポジションを担っています。一方で『ZIP!』も、『ズームイン!!朝!』から続く、ウチの局としても思い入れの強い『ズームイン』シリーズの流れを汲む番組です。どちらの番組も失敗は許されないということで、エースである桝アナと水卜アナを投入したわけです」

 また、水卜アナが新司会を務める“新生「ZIP!」”は現在、裏番組の「めざましテレビ」(フジテレビ系)と激しい視聴率争いを繰り広げている。そうした事情もあり、「ZIP!」に対しては、局としても並々ならぬ力を入れているという。

 水卜アナが「ZIP!」に初登場した3月29日には「人生が変わる1分間の深イイ話2時間SP」では、水卜アナが「スッキリ」を卒業し、「ZIP!」の総合司会に就任するまでの1カ月間に密着した特別企画を放送。同月31日放送の「今夜くらべてみました」の2時間スペシャルでも、水卜アナ本人がゲスト出演していた。

 同局の社員はこう語る。

「いくら番宣とはいえ、局アナが自局の他番組に出演したり、密着取材を受けたりすることは極めてまれです。番組のリニューアルにあわせてスタートした新企画『ミトmeets』では、第1弾から、人気アイドルグループのNiziUをいきなり投入していました。NiziUはメンバーのオーディション番組を傘下のHuluで配信するなど、ウチの局とパイプが強いし、話題性も抜群。そのメリットを最大限生かして、番組を盛り上げた形でした」

 同局がこれほど「ZIP!」に注力する背景には、番組の成功はもちろん、別の理由もあるという。前出の同局の番組スタッフはこう語る。

「最近、水卜アナが大手芸能事務所から3億円でヘッドハンティングされたという報道もありました。本当に3億円かはさておき、以前から複数の芸能事務所からフリー転身の誘いがあったことは間違いない。ウチの局は10年ほど前に給与変更がされて、民放キー局の中でも給料が安いことで知られており、フリー転身するアナウンサーも多いですからね。それでも誘いに乗らず、局にとどまっている水卜アナに対しては、局の上層部もかなりの恩義を感じているようです。看板アナというだけでなく、将来の幹部候補としても考えており、そうした局内の“思惑”も『ZIP!』のプッシュにつながっているのでしょう」

 もちろん、水卜アナにもそれなりの考えがあるようだ。

「画面で見るほんわかしたイメージとは違い、実際の水卜アナはかなりクレバーです。フリー転身に傾かないのは『自分がチヤホヤされるのはあくまで局アナだから』と分析しており、中途半端にフリーになって“大食いタレント”のような扱いをされるくらいなら日テレで自由にやらせてもらう方がいい、と考えているようです」(前出・同局社員)

 水卜アナがいる限り、“新生ZIP!”の成功は間違いなしといったところか。(立花茂)