群雄割拠の時代が続くフリー女子アナの中で、ひときわ活躍が目立つのは新井恵理那(31)だ。



 2014年より情報番組「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)でお天気キャスターを務めていたが、昨年3月からは平日朝の情報番組「グッド! モーニング」(テレビ朝日系)の総合司会に抜擢された。さらに、「爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!」(同)など、バラエティー番組でも進行を担当するなど、いまフリー女子アナでいちばんの成功者と言ってもいいだろう。

 新井といえば、清楚なルックスに加え、硬軟おり交ぜながらの落ち着いた進行にも定評がある。朝の顔を務める傍ら、ビートたけしや所ジョージ、爆笑問題など大御所芸人との絡みもそつなくこなす。まさに、美しさも仕事ぶりも安定した優等生という印象が強いが、テレビ情報誌の編集者は「恋愛話などもぶっちゃけトークができるのも強み」と話す。

「昨年放送のバラエティー番組では、好きになった男性にはかなりアピールすると告白。恋愛に対しては『ラテン気質』で、普通に『好きです』と言ってしまうそうですが、自分から追いかけた場合、結局逃げられてフラれてしまうのだとか。別の番組では『好きな男性のタイプ』を聞かれ、『ちょっと変態なほうが好き』と返答。具体的には『カレー味のウンチか、ウンチ味のカレーか、どっちを選ぶ』という質問に、『カレー味のウンチ』を選ぶような人がタイプだそうです」

 こうした話題は親近感が湧きやすいネタだが、変に取り繕うことなく自然体で話しているところに好感を持つ視聴者も多いはず。容姿端麗でお高くとまった女性アナウンサーのような堅苦しい雰囲気もなく、絶妙にとがった恋愛トークの内容などは潔さもあって、見ていて気持ちよい。

 さらにこんな発言も。「爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!」(テレビ朝日系、4月4日放送)では、ギャルについて持論を述べていた新井。といっても「ギャルの家がちょっときれいなだけでイメージがいい」「ちょっと部屋や玄関がきれいなだけで、めちゃくちゃイメージあがりません?」と、ありがちな見解だったが、そんな「あるある!」と視聴者が思える話題を提供するのも、親近感を覚えるポイントだろう。

「自身のインスタグラムに飲酒エピソードを投稿することもあります。1月12日に更新されたインスタグラムでは、『外出自粛なのでおびちゃんとオンライン呑みしました 久しぶり!』とつづり、スッピンの眼鏡姿で、袋に入った焼きエイヒレを持った自身の姿と、フリーアナウンサー・小尾渚沙の写真を公開。また、オフの日はライブに行ったり、日帰りトレッキングをしたり、1泊旅行に出かけることもあるとインタビューで話していました。そんな、いかにもな私生活が普通の独身アラサー女子っぽいところも親近感を抱かせます」(前出の編集者)

■Youtubeチャンネルで漏らした本音

 今では順風満帆に見える新井だが、ここに至るまで苦労もあったようだ。女性アナウンサーに詳しいフリーライターは言う。

「学生時代、女子アナウンサーの登竜門とも言えるミス青山コンテストでグランプリを獲得するも、就職活動では民放キー局の試験に受からなかったのは有名な話です。そこで、テレビ局以外の一般企業を目指していたそうなのですが、現事務所のセント・フォースから誘われフリーアナウンサーとして活動をスタートさせます。インタビューで本人も語っていたのですが、レギュラー番組を半年や1年で降板したり、3カ月間全く仕事がないこともあったそうで、今も目の前の仕事を頑張らないと次はないという気持ちで取り組んでいるそうです。一見、美人で頭がよく華々しい経歴もありそうで、近寄りがたさを感じる人もいるとは思いますが、実は苦労を経験し、普通のアラサー女子らしい人間味もあるのが人気の秘訣かもしれません」

 TVウオッチャーの中村裕一氏は、新井の人気についてこう分析する。

「とてもアラサーには見えない、人懐っこくてみずみずしい笑顔が多くのファンの気持ちをわしづかみにしています。1月からスタートしたYouTubeの『新井恵理那channel』では、ペットの愛鳥が入った鳥かご越しにソファでひたすら寝る姿を流したり、友人の小尾アナとビールを飲みながら恋愛観や結婚観を語ったりと、情報番組やバラエティーだけでは見ることのできない彼女の表情が楽しめます。小尾アナとの飲みトークでは、『これまでの人生で一度も夢を持ったことはないと思う』と語っており、今の仕事に満足はしているものの、もしかすると数年後には違う人生を歩んでいるかもしれません。しかし、彼女の笑顔に元気をもらっている人もきっと多いと思うので、可能な限り息の長いアナウンサー生活を送ってほしいですね」

 テレビでの露出は多いものの、毎年「ORICON NEWS」が発表している「好きな女性アナウンサーランキング」には、あまり顔を出すことがない新井。今後、仕事ぶりや美貌だけでなく、人間性もお茶の間に浸透することで上位に食い込む可能性は大いにありそうだ。(丸山ひろし)