現在放送中のドラマ「リコカツ」(TBS系)で主演を務める女優の北川景子(34)。ファッション雑誌の優秀な編集者という役どころで、ドラマでは航空自衛隊・航空救難団の隊員(永山瑛太)と運命的な出会いをし、交際ゼロ日でスピード婚をするも、価値観の違いから新婚早々、離婚に向けた活動(=リコカツ)を始める様子をコミカルに演じている。



 昨年9月に第1子となる長女を出産した北川。産後7カ月での連続ドラマ主演となるが、復帰の早さは率直にプロとしてすごいとしか言いようがない。劇中ではファッション雑誌の編集者役ということでオシャレな服も着こなし、そのビジュアルも話題に。SNS上では「恐ろしく美人」「北川景子の細さを改めて思った」と、変わらぬ美貌を称賛する声が集まっている。一方でテレビ情報誌の編集者は「出産後、ストイックさも増しているような気がします」と話す。

「先日、放送されたバラエティー番組では仕事とプライベートの切り替えがうまくいかないと明かしていました。帰宅しても『女優・北川景子』が抜けないそうで、自分がどこかへ行ってしまったとか。家でダラーっとしていても、『今見られたらヤバかったな』と思ったり、朝は『北川景子やるぞ!』という感じで起きるそうで、『自然(体)がわからない』と話していました。さらに、今回のドラマで共演している永山瑛太いわく、セリフが飛んだところを1回も見たことがなく、朝が早くても笑顔でみんなを引っ張ってくれるので安心するとか。産後のダイエットでは、毎日ウオーキングに行き、腹筋も毎日何百回やったかわからないほどで、好きな甘いものも我慢したそうです」

 美しさを保つためのトレーニングに加えて、幼い子どもの育児にも手を抜かないようだ。

「新春大売り出し! さんまのまんま」(フジテレビ系、1月2日放送)で子育ての話題になった際は、「2カ月くらい徹夜みたいな状態が続いて」と明かしていた。さらに、夫のDAIGOは育児に協力的だけど子どもが大きな声で泣いている時、横で爆睡していたこともあるそうで、そんな夫婦での子育てエピソードも披露していた。SNS上では、「育児を頑張ってる証拠」「子育てと夫婦ってこういうもの」と好感の声も多く、やはり自分ができる時はしっかり育児をしているようだ。

「昨年、WEBマガジンのインタビューで『一生懸命、働いている背中を見せられる親になれたら』と話していたこともあります。また、4月に放送されたバラエティー番組では、DAIGOが北川について『俺がついて行きたい存在』と明かしていたことも。家の序列が北川、娘、ネコ、DAIGOという順番だそうで、家庭は円満とのこと。しっかり妻を立てるDAIGOの優しさもあると思いますが、この序列は実にしっくりきます」(前出の編集者)

■仕事と子育ての両立に苦しんでいる!?

 仕事ではプロに徹し、育児も完璧にこなす姿は、まさにパーフェクトママといったところ。だが一方で、「完璧だからこそ心配な部分もある」と言うのは女性週刊誌の記者だ。

「視聴者からは『頑張り過ぎてないか心配になる』『完璧を求めて自滅しないで欲しい』など、SNSで心配する声も見られます。完璧を目指すも、自分が想像するレベルに達しなかったら、自分を責めてしまうことにもなりかねません。実際、北川自身がバラエティー番組で、子育てと仕事をうまく両立したいという完璧主義なところで苦しんでいると語っていたこともあり、毎日不安と闘っているとか。もちろん、北川に憧れ『私も頑張ろう』と思うママは少なくないと思いますが、もう少し力を抜いて、ストイックさとゆるさのバランスがとれれば、見ている方も安心できますし、働くママからの支持も高まるのではないでしょうか」

 ドラマウオッチャーの中村裕一氏は、北川の出産後の変化についてこう分析する。

「これまでは割とクールビューティーのイメージが強かったのですが、復帰作となる『リコカツ』では夫婦ゲンカのシーンなどで豊かな表情と感情をむき出しにする人間味あふれる演技を披露しています。関西出身で、もともとバラエティー番組では気さくで飾らないキャラクターだったので、これから先、ドラマや映画でもそういった面を出していくと思います。確かに、あまりにもパーフェクトすぎて近寄りがたい雰囲気もなきにしもあらずですが、一児の母親として苦労や弱音、夫に対する文句などをさらけ出すことができれば視聴者の親近感を呼び、女優としてさらなる人気を獲得していくのではないでしょうか」

 女優としてこれからも引っ張りだこの状態は続きそうだが、これからは少し「息を抜く」ことも必要になるかもしれない。(丸山ひろし)