5月5日に16枚目のシングルで、ウェディングがテーマの「サムシング・ニュー」をリリースするジャニーズWEST。さまざまな魅力あふれる7人だが、最近は音楽性について意識が高まり、歌だけで勝負できるようになったのも強みだといいます。デビュー7周年を迎えたばかりの7人に語ってもらいました!

【前編/ジャニーズWEST「最大の強みは仲がいいコト。どこのグループにも負けないです!」】より続く



*  *  *
中間淳太:濱ちゃん(濱田崇裕)は歌のうまい人が集まった番組に呼ばれるやん。あれはマジですごいと思うで。

濱田崇裕:「あんなスゴイ歌手の人らと一緒で」って、父と母が喜んでくれた。

小瀧望:どっちかが歌うまいの?

濱田:お父ちゃんはバンドでボーカルやってたから、めっちゃうまい。

全員:へー!(感心)

重岡大毅:でもさ、デビュー7周年にして、「歌が武器です」って言えるとは思ってなかったな。

藤井流星:だね。「何を足したらいい?」ってJr.のころから話してたもんな。

重岡:意外と軸は近くにあったわ。

中間:個々にお芝居やMCをしっかりやってるのも強みだと思うよ。

神山智洋:固執しないで幅広くやってる。何でもやりたいし、挑戦したいから。

重岡:しかも結果を出してる。望は去年の舞台「エレファント・マン」で杉村春子賞をいただいてるし。

小瀧:一生の宝です。

神山:いつも誰かが個別の仕事してる気がするよ。

重岡:だね。見ると「がんばってるな」ってうれしくなる。淳太と照史が出てるバラエティー番組「ヒルナンデス!」とか。

藤井:最初のころは「本当に出てる!」だったけど、いまは移動の車でよく見る日常(笑)。照史はMC仕事も多いけど、Jr.のころから得意だったから、なるべくしてなった感じだよ。

桐山照史: ありがたいです。

重岡:自分がやるべきことがちゃんと見えてるから、人の仕事も素直に「おめでとう」って言えるんやと思う。いいペースで進んでるんやろうね。僕らはバーンっていきなり売れたわけやないから。

小瀧:その分、根っこが広がってるんやろね。

重岡:この先も、ドーム公演とかの目標はあるけど、「こうなりたい!」って大きなものはないな。

桐山:僕も、いまを一生懸命楽しんだら結果はついてくると思ってる。支えてくれるスタッフさんやファンのみんなと、楽しいものが作れるだけでいい。

神山:先輩方がたくさんレールを敷いてくださってるけど、僕らも自分のレールを敷きたい。後輩たちに道を示したいし。

藤井:こんなレールもあったんやって見せたいね。

桐山:後輩は乗らへんかもしれんけど(笑)。

重岡:アイドルって枠組みがありそうでないもんやから、それぞれ自由でいいと思うよ。農業やってる先輩もおるし(笑)。

中間:僕は「もし自分が入るんならジャニーズWESTやな」って思われたいよ。いちばん楽しそうやってことだから。そこに僕らの存在意義もあるんじゃないかな。

藤井:単純に、自分らの映像を見ると「ええ顔して歌っとる」と思うもんな。

小瀧:全力で楽しんでる。

中間:歌でも演技でもバラエティーでも、僕らが楽しむことで老若男女家族全員、みんなを楽しませる自信はあります。WESTってそんなグループだよね。

全員:その通り!

(構成 ライター・早川あゆみ)

※週刊朝日  2021年5月7−14日号