コロナ禍のご時世もあり、節約志向が高まっている。芸人も若い世代はお金の無駄遣いをしない「優等生」が多いという。その中で、破天荒な金遣いで異彩を放っているのが「第7代芸人」のお笑いコンビ・霜降り明星の粗品だ。



 粗品は6日に放送された日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演した際、ダウンタウンに貯金額を聞かれ、「口座も1個しか持ってなくて、先月も717円でした」とコメント。松本人志に税金を心配されると、「吉本にも改めて借りました。それも踏まえて700円」と明かした。

 粗品のギャンブル好きは有名だ。昨年10月には競馬、競艇で700万円を失ったことを自身のツイッターで告白。消費者金融でお金を借りたという。さらに、「700万負けてたので、競輪でもう77万負けようとしたら当たったので寄付しました」と777万円のマイナスで終える予定のはずが、競輪で249万4000円の利益を得たため、日本財団に全額寄付したことを報告した。

 豪快な金遣いが懸念されるが、SNSやネット上では、粗品に対して好意的なメッセージが多い。「粗品は実家が飲食店やっていて若い頃から商売しているからお金の大切がわかってないとかじゃないと思う。稼いだ分だけ使って、また稼がないといけない状況にすることでモチベーションがあがるってタイプなんじゃないですかね。もちろん豪快キャラみたいなところも意識しているんだろうけど、結婚もしていないんだし才能ある若い人がガンガン稼いでガンガン使うのは素晴らしいこと。ちびちび稼いで貯め込む年寄りより断然応援したくなる」、「根っからのギャンブル好きで宵越しの金は持たないって昭和の芸人並みだね、借金をしてもこれだけ売れてれば直ぐに返せるとか、ギャンブルで一発逆転出来るって感覚なのかも知れないが、ちゃんと社会貢献もしているし人徳があれば何時でもお金は貸してもらえるから大丈夫、最近の芸人は優等生ばかりだから貴重な存在ですよ」。

 粗品の生きざまは真似できないが、好印象を抱かれるのは「誰にも迷惑をかけていない」という部分が大きいのではないだろうか。対照的に、脱税による謹慎から復帰したチュートリアルの徳井義実に対する風当たりは依然として強い。「想像を絶するだらしなさ、ルーズさによって『やりますやります』というのが1日延び、1週間延び、1カ月延びという状態で3年たってしまった」と記者会見で謝罪し、芸能活動自粛期間を経て、昨年2月に活動を再開したが、「テレビに出てももう笑えない。追徴課税を払ったから解決済みの問題かもしれないけど多額の脱税をした時点で生理的に無理です」、「金遣いが荒いのは全然いいけど、脱税は刑法に触れる不法行為。たった4カ月で復帰したのもあり得ないし、テレビを見ても徳井は委縮して居心地が悪そうな感じがする。好きだったけどもう芸人としては見られないかな」など辛らつな声が目立つ。

 お金でダーティーなイメージがつくと信頼を取り戻すのが難しい。粗品は身を破滅しない程度に豪快にお金を使ってほしいというのがファンの願いかもしれない。(梅宮昌宗)