俳優・小栗旬がハリウッド映画デビューを果たした。米国の撮影現場で印象的だったことと、逆に見えてきた日本の現場のよさを語った。AERA 2021年5月17日号から。



*  *  *
 俳優の小栗旬が映画「ゴジラvsコング」でハリウッドデビューを果たした。私たちが知る小栗旬でありながら、どこか新鮮な小栗旬がそこにはいた。

小栗旬(以下、小栗):もともと、レジェンダリー・ピクチャーズというアメリカの映画製作会社が「ゴジラvsコング」を製作するにあたり、日本人キャストについて東宝さんに相談していたみたいなんです。東宝さんが僕の名前を挙げてくれたことから、直接オファーを頂いたのですが、最初は自分の言語力では参加することは難しい、と伝えていて。話し合いを続けるなか、3年ほど前に別のプロジェクトでロサンゼルスにいるときに、レジェンダリーのスタッフから「せっかくなら会ってみないか」という話になり、会って話をするうちに「一緒にやろう」と。

 英語は、撮影に入る約半年前から特訓をしました。普段使い慣れていない言語で仕事をするって、やはり難しいことです。現場ではみんな気さくに話しかけてくれましたが、最初の頃は半分くらい何を言っているのかわからなかった。なかなかしんどかったです。カットされたシーンもありますし、悔しい思いはたくさんしましたね。

■「サーモン」と何百回も

——いまも忘れられないほど、悔しかったことはなにか。そう尋ねると、思いがけない答えが返ってきた。

小栗:撮影が終わってから、いわゆるアフレコを行ったのですが、最後の最後までずーっと、「サーモン」という発音ができなくて。「ネイティブな人間が聞くと、『サーモン』という単語には聞こえない」と。そうしたちょっとした音の違いは、自分ではわからないですし、いったい何がダメなのか、途中から僕自身わからなくなっていった。感覚としては、「サーモン」って何百回も言ったんじゃないかな(笑)。

 もしこの先も違う言語の作品に参加する機会があるのだとしたら、こうした問題は一生つきまとうのだと思います。もしくは、自分のイントネーションのなかで、相手に伝わる発音を探っていかなければいけない。ネイティブでもなければ、英語を使い慣れていたわけでもないので、“聞こえる音”にしていくのはなかなか難しいことなんですね。

——現場では、撮影スタイルにも大きな違いを感じた。もっとも印象的だったのは、「時間の使い方」だった。

小栗:ワンシーンを撮るのに何日もかける、ということが頻繁(ひんぱん)にありました。すべての現場がそうだとは思いませんが、日本では効率を優先して、「この時間内に撮り切ろう」という進め方をすることがあるので、感覚がまったく違いました。通常、このくらいの尺のこのくらいのシーンだったら半日で撮り切ってしまうのではないか、と思うようなシーンに納得がいくまで丸2日かけることもある。そうした時間も予算もかけられる現場にいると、純粋に「いいな」と思います。丸2日かけても全部カットしてしまうこともありますし、予定通りに行くことはほとんどなかったです。

——土日にはしっかり休みを取り、プライベートの時間も大切にするスタッフたちの姿も印象的だったという。

小栗:みんな余裕がありますよね。時間的に追い詰められていないから、「寝ていない」という状況もほとんどないですし。撮影が早朝からスタートすれば夕方早い時間に終わりますし、深夜から始まれば朝には終わる。疲弊しながら現場にいる、という感じはなかったので、「職場」として健全だな、と。もちろん作品や現場によるのでしょうけれど、自分が見てきたなかでは、“ギスギスしている感じ”はなかった気がします。

■日本の現場の良さとは

小栗:1日だけ土曜日に撮影を行ったのですが、それは僕のスケジュールによるものだったので、「シュンのせいで、サタデーシュートになる」「忙しい日本人俳優みたいだから、早く帰さなければ」なんて話にもなっていました(笑)。

 日本の俳優たちのなかでは、「作品に入っている間はストイックに役のことだけを考える」のが美徳の一つとされているところがある。でも、向こうの現場では「普通の生活をする」ということにも重きを置いているように感じました。もちろんずっと役に入り込んでいる方もいるでしょうし、「ゴジラvsコング」はエンターテインメント作品だということも大きいと思いますが、楽しみながらものづくりをしている感じはいいな、と。

——一方で、これまで改めて考えることのなかった、日本の撮影現場の良さに気づく貴重な機会にもなった。

小栗:莫大(ばくだい)な予算をかけず、桁が一つ違うような予算のなかでエンターテインメント作品をつくっている日本のスタッフは、それはそれですごいなと改めて感じましたね。同じくらいの予算があるとすれば、日本のスタッフならもっとすごい作品をつくることができるのではないか、と思うことすらあります。

 向こうでは、カメラのフォーカスが合っていないがために撮り直しをすることもよくありましたが、みな大して気にせず「あ、ごめん!」みたいな感じもあって。日本のスタッフさんたちの技術レベルは高く、みな優秀なんだな、と。

——作品が完成してからも、キャストやスタッフたちとはいい関係が続いている。

小栗:一昨年の3月にオーストラリアで撮影をしてから、昨年の1月にロサンゼルスでも撮影があって、そこでスタッフやキャストと喜びの再会を果たしました。当時、僕はロサンゼルスで暮らしていたので、みんな「英語がうまくなっている!」と。楽しかったですね。「以前はまわりで何を話してもシュンはわからないだろうと思っていたけれど、いまは内容を理解しているから気をつけなきゃ」なんて言われながら(笑)。共演シーンの多かったデミアン・ビチルやアレクサンダー・スカルスガルドとは、「なかなか会えないけれど、元気にしている?」なんていまも連絡を取り合っています。

 僕自身は、これからしばらくは撮影の関係で(来年の大河ドラマに主演するなど)、日本に留まるという選択をしました。でも、一段落して海外の作品に出る機会があるのなら、チャレンジしてみたいなという思いはもちろんあります。願っていればチャンスは訪れるでしょうし、そのチャンスをものにできるか否かは自分次第だったりもする。でも、その時の脚本に「サーモン」ってセリフがあったら「これはちょっと言えません」と最初に言っちゃうかな(笑)。

(ライター・古谷ゆう子)

※AERA 2021年5月17日号