理想の上司ランキング、男性部門で5年連続第1位のウッチャンこと内村光良の“上司力”に迫った書籍『チームが自ずと動き出す 内村光良リーダー論』(朝日新聞出版)は11日の発売前に重版が決まるなど、注目を集めている。関係者への取材を重ねた著者の畑中翔太が、リーダー内村を分析する本連載。



 第5回目のテーマは「立場関係なく、最善を尽くす」。

*  *  *
 内村の一面を象徴するあるエピソードがある。

 2006年公開の内村の初監督にして主演映画『ピーナッツ』の撮影時のこと。野球場での撮影を予定していたが、前日からの雨天の影響で野球場スタッフによるグランド整備待ちの時間があった。

 整備が終わるまで撮影ができないため、共演者や撮影スタッフの休憩時間になったそうだ。しかし、ふと気が付くと内村の姿がみあたらない。「内村さんがいない」と騒いでいると、なんと内村は野球場スタッフと一緒にグラウンド整備をしていたという。その内村の姿を見た出演者・撮影スタッフは総出となり、関係者全員が作業に加わった。
 
 実際には撮影現場のコンディションを整備するチームは別に存在しており、作品における「監督・主演」というポジションである内村は、通常であれば“それ”をする役回りではない。にもかかわらず、気づけば彼は一人混じってグラウンド整備をしていた。

「私はその場にいたわけではなく、出演者の一人からこの話を聞きましたが、非常にウッチャンらしいと思いました。そういう人なんですよ。みんなでやらないか、って言うんじゃなくて、黙ってひとりでやるんですよね。一番上のリーダーがせっせとグラウンドの整備をしていたら、俺たちもやらなきゃ、ってなりますよね」
 
 こう語るのは、内村が20代の頃から長年にわたりヘアメークを担当している大の木ひで氏。
 
 同じく現場にいた出演者の一人からこの話を聞いたという、同作品の出演者で後輩芸人のウド鈴木氏はこう補足する。

「なぜ最初からチームみんなに声掛けしなかったのか? う〜ん、おそらく内村さんは、ハードな撮影続きで疲れがたまっているみんなには休んでもらいたい、でも少しでも早く撮影を再開したい、ということで、自分ひとりでやったんだと思います」
 
 このエピソード自体は決して大きなことではないが、たとえ自分がどんな立場であっても、自身の「肩書」にとらわれず、その時必要なことを自然にできるか、という姿勢が問われる。そこにあるのは、「チームとして、より良い仕事をするために、自分ができることをやる」という極めてシンプルな行動理由ではないだろうか。
 
 人は肩書という「ラベル」が付けられると、「肩書外」のことを自分の責務だと思えなくなる。ある人に「新人」というラベルが付いていれば、雑務も重要な責務の一つであると暗黙のうちに捉えるが、「社長」というラベルが付いていればそうではないだろう。

「リーダー」という存在がその肩書以外のことを当たり前のようにやる姿勢は、部下や後輩が「尽くしたくなる」動機となる。

 そして当然、リーダーのこの姿勢は周囲の人間にも影響をもたらす。

「内村さんを見ていると、自分に何ができるかをいつも考えさせられます。片手に荷物を持っていたとしても、もう片手は空いているんだったら、その片手でできることがあるんではないかと」(前出・大の木氏)

 こうした内村の態度・スタンスの影響もあり、彼の周りには、そういった「肩書の越境」を嫌がらない人間がおのずと増えていくのだという。

*  *  *
 これこそまさに、リーダーの誰しもが喉から手が出るほど欲する“各自が考動するチーム”ではないだろうか。このような「肩書の越境」が当たり前になれば、組織における「上下関係」だけではなく、担当領域などの「横関係」においてもいい影響を及ぼせるであろう。


●畑中翔太(はたなか・しょうた)
博報堂ケトルクリエイティブディレクター。アクティベーション領域を軸に手段とアプローチを選ばないプランニングで、「人を動かす」統合キャンペーンを数多く手掛ける。 これまでに国内外の150以上のアワードを受賞。Cannes Lions 2018 Direct部門審査員。2018年クリエイター・オブ・ザ・イヤー メダリスト。