女優の篠原涼子(47)と俳優の市村正親(72)が7月24日、離婚を発表した。おしどり夫婦と言われた2人に何があったのか。芸能リポーターの石川敏男さんはこう話す。



「2人は昨年、別居したから、離婚の噂はずっとありました。しかし、市村さんは笑いながら否定していた」(石川氏)

 篠原は25歳下だけに、何度かイケメンとのウワサを報じられたこともあった。

「さかのぼれば数年前には人気俳優との密会が報じられ、ちょっとザワついたこともありました。その後もママ友と一緒に深夜、近所のイケメンがいる飲食店に行っているのを報じられここともあります。夜中に飲み屋でベロベロに酔っぱらっているという話も聞いたことがあります。篠原さんは数年前にマネージャーを自腹で雇ったという話もありました」(芸能界関係者)

 それでも芸能界では、この2人は離婚しないとみられていた。その理由を芸能ジャーナリストの三杉武氏はこう話す。

「市村さんは篠原さんのことを夫婦であると同時に、親子みたいな関係と言っていました。お子さんも2人いるし、市村さんは余裕を持って篠原さんに接していました。夫婦の危機があっても乗り越えるものと思っていただけに、この東京五輪の期間中というタイミングでの離婚発表には驚かされました」

 篠原は昨年6月〜8月に放送された日テレの「水曜ドラマ」の主演に起用された。

「篠原さんは『ハケンの品格』で主演に起用されて、はりきっていたんですよ。大事なドラマの撮影があるし、市村さんも高齢だし、新型コロナによる家庭内感染を防ぐという理由で別居したんですね。だけど、ドラマが終わってもそのまま別居状態が続いていた。一般社会でも”コロナ離婚”は増えていますから」(前出・三杉氏)

 2人は2005年に結婚。2008年に長男、2012年には次男をもうけた。長男は中学1年生、二男は小学4年生になる。子供の親権は母親が持つ場合が多いことから、”親権問題"が注目されたが、2人の子どもの親権は市村が持つことになった。親権について離婚報告のコメントで市村はこう記している。

「人生の先輩である私の強い希望で、親権は私が持つことを受け入れてくれました。これからはそれぞれ役者として、親として、新たなカタチのパートナーとなり、子どもを支えていきたいと思います」

 一方の篠原は、親権についてこう綴った。

「親権に関しましては父の背中を見せて育てていきたいとの市村氏の希望と父のようにたくましく育って欲しいとの私の願いが一致し市村氏が持つことを子どもたちとも話をしまして決定致しました」

 前出の芸能リポーターの石川氏はこう続ける。

「お2人のお子さんの幼稚園の送り迎えはずっと市村がしてたんです。自宅から自転車の前と後ろに子供を乗せて、幼稚園に通っていた。お父さんも頑張るなと思っていたんだけど、篠原さんは仕事が忙しくて家庭のことを考える時間がなかったんじゃないかな。息子たちもお父さんのほうに懐いちゃったのではないか。子供にとっては常に一緒にいてくれて、自分たちのことを考えてくれる存在は大事。市村さんにとっては歳をとってから生まれた子だから、かわいくて仕方がなかいというのもあるんだろう」
 
 2人が出会ったのは01年の舞台「ハムレット」(シェイクスピア原作、蜷川幸雄演出)での共演がきっかけ。市村は同じ劇団四季の女優と1984年に結婚したが、03年5月に離婚した。当時、篠原の「略奪婚」などと言われもした。2人の結婚には篠原の父親が猛反対していたのだという。

「お父さんに反対されたのがネックだったけど、2人はその頃、燃え上がっていたから結婚した。その時に、篠原のお父さんが早く子供を作りなさいと言っていた。お父さんはもう亡くなり、その通りになったんだけど、人生は皮肉なものだね」(石川氏)


 離婚しても、財産分与はなしとだという。

「コロナ禍で舞台が休止や延期となり、市村さんの方が影響は大きいのではないでしょうか。最近は篠原さんが女優やタレント活動に力を入れていたので、夫婦の収入格差はあったのではないでしょうか」(前出の芸能界関係者)
 (AERAdot.編集部 上田耕司)