7月24日からスタートしたドラマ「連続ドラマW 黒鳥の湖」(WOWOW)に出演している女優の吉瀬美智子(46)。18年前のある事件によって、地位も財も手に入れた主人公(藤木直人)が、新たな誘拐事件をきっかけに過去の過ちを突き付けられ、翻弄されていく“因果応報”がテーマの作品だ。吉瀬は、誰にも言えない秘密を抱える藤木の妻・由布子を好演している。



 吉瀬といえば、今年4月に離婚を発表したばかり。2010年に10歳年上の一般男性と結婚したが、10年あまりで夫婦生活にピリオドを打った。突然の発表で世間を驚かせたが、女性ファッション誌「STORY」8月号では、離婚に至った経緯や現在の心境などを赤裸々に語っている。

 記事によれば、吉瀬自身、両親が別居したため父と一緒に暮らした経験がある。こうしたことから、同じような寂しい思いをさせたくないと子どもたちの前では夫婦げんかをしないよう“家族第一”で過ごしてきたという。だが、そんな吉瀬のことを長女は敏感に察し、「ママはお別れしたほうがいいんじゃない」と背中を押してくれたと告白した。

「吉瀬さんは自身の半生をつづった著書『幸転力』でも家族について明かしています。小学生の頃は両親が別居していたため、母親と一緒にいた記憶があまりないそうです。中学入学前に母親が戻ってきたそうですが、中学時代は『自分は捨てられたのではないか』という反抗心から、自宅にあまり帰らず、友達の家ですごすことも多かったそうです」(女性ファッション誌の編集者)

 その後、実母との関係は修復されたようで、1月に出演した「徹子の部屋」(テレビ朝日系)では、仕事と育児の両立させるため実母がサポートしていることを明かしていた。ドラマなどの撮影期間中は福岡県から実母が上京し、「なんでもいいから食べさせておいて!」と家事や子育てを手伝ってくれている様子を語っていた。こうした発言にSNS上では、働く子育てママから好意的な意見が相次いでいた。

「吉瀬さん世代の女優さんは、プライベートを明かすことを避ける傾向にありますが、吉瀬さんはかなりオープンに話すイメージがあり、好感度アップにつながっていると思います。でも、よくよく発言内容を見てみると、もちろんすべてをオープンにしているわけではなく、情報の切り出し方がすごく絶妙で、うまい方だなと感じますね。同性からの支持が特に高いと思うのですが、インスタグラムにはママ世代が憧れるお子さんとのお出かけ写真をアップしたり、『ママはどうやってTVの中に入ったの?』と4歳次女から答えに困る質問をされたという、ほのぼのしたやりとりをポストしたりしています。嫌みのない投稿が多い。過去には、(離婚した)夫のいびきがうるさくて寝室を別々にしたという発言もありましたが、これも40、50代の既婚女性にとっては『あるある』で、彼女に同情が集まっていました」(同)

■シャンパン片手にぶっちゃけ話も

 一方、昨年秋に所属事務所のYouTubeチャンネルで配信された、40代の4人の所属女優(吉瀬、山口紗弥加、紺野まひる、西山繭子)とのトーク番組でも、吉瀬はシャンパンを片手にほろ酔い状態で「大好きな人にはすっぴんで会いにいけない」と恥ずかしそうに話す姿が話題に。ファンからは「シャイでかわいい」など絶賛の声があがっていた。

「今回の離婚も本来ならイメージダウンにつながりかねないのですが、彼女に限っては応援の声が多く寄せられ、むしろ好感度が上がった感さえあります。離婚後のインタビューでも『セルフプロデュースに努めている』と答えていたので、やはりこれまで情報をコントロールして私生活を小出しにしてきたことが奏功したと思います」(女性週刊誌の芸能担当記者)

 もともと吉瀬はそのサバサバした性格と少し天然なところが人気だった。今年1月、12年ぶりに吉瀬とドラマで共演したという生田斗真は「キレイな方なのにすごくフランクで、かわいらしい部分も混在しているという魅力は全然変わっていない」と絶賛。同じくドラマで共演した木村祐一もトーク番組で「いきなり『キム兄』と呼んでくれる人なんやって思って、あれは、ものすごい親近感でした」と明かしていた。こうした姉御肌な一面は、男性からも支持されているのかもしれない

 ドラマウオッチャーの中村裕一氏は、そんな吉瀬の魅力をこう分析する。

「吉瀬さんはモデルとしてデビューした後、情報番組のアシスタントを務めていたこともあります。女優に転身後、初の連続ドラマ単独主演作となった『ハガネの女』(2010年)がターニングポイントになったと言えるでしょう。本作で彼女は自身の力量不足に悩みながらも生徒とまっすぐに向き合う小学校教師を見事に演じ切り、それ以降、着実にキャリアを積み重ねていきます。スタートがモデルですし、エレガントなルックスなので、どうしてもセレブ感が出てしまいますが、これからは気さくなキャラクターを前面に押し出してもいいと思います。とてつもなく冷酷な悪女やダメなキャラを演じる姿も見てみたいです」

 女優デビュー14年。バツイチとなってもさらに磨きのかかった美しさで、新しいステージに向かっている。(高梨歩)