現在放送されている清原果耶主演のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で、俳優の坂口健太郎(30)演じるヒロインの相手役の若手医師・菅波光太朗が人気だ。菅波は無愛想で理屈っぽいが、実は誠実で根は優しいというキャラクター。また、ヒロインのことが好きだけどうまく気持ちを伝えられない不器用さもある人物で、ツイッター上では「#俺たちの菅波」というハッシュタグが頻繁にトレンド入りするなど、盛り上がりをみせている。



 菅波を演じる坂口に対してもSNS上では、「モネ見て気になる俳優さんになりました」「おかえりモネでめちゃくちゃ好きになった」など、好意的な声が多い。

 また、坂口は10月スタートの清野菜名主演ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(TBS系)で、主人公の相手役として出演することが決定。数多くの名作ドラマを産み出したTBS火曜夜10時枠ということもあってか、ネット上では「朝ドラの影響で完全に坂口健太郎沼にハマっているので、10月の火10に今からワクワク!」との声も。今回の朝ドラ出演をきっかけに、坂口の演技にハマる視聴者が続出しているのだ。

「高身長かつ柔らかい雰囲気の塩顔イケメンで、もともと女性からの人気は高い。しかも、母親と会う時は必ずハグをするような親思いの優しい性格です。坂口の父親はすでに他界していて、母親を心配した坂口は『これから母親をハグする人っていないな』と気付き、『会ったら絶対ハグしよう』と決めたと、トーク番組で話していました。また、3月に放送された番組では、『すごく自己愛が強いって言われるんです。自分のことをすごく愛しているというか』と明かす一方、『自分のことをしっかりと愛してあげて、初めて僕じゃない誰かにちゃんと愛情を持って接してあげられるなっていうのをすごく思う』と自らを分析していました」(テレビ情報誌の編集者)

 確かに、自己愛があり自分に優しい人は精神的な余裕も生まれ、他人に対しても優しくなれるもの。坂口の場合も根っからの優しい性格なのだろう。一方で、人からの評価はあまり気にしない性格のようだ。

「ボクらの時代」(フジテレビ系・3月28日放送)で、「結構、エゴサーチをする」と明かしていた坂口。良いことが書いてあればもちろんうれしいが、悪口を発見しても「そう思っているんだ〜」とスルーできるそう。悪口があまり自分へのダメージにならず、実際に「鈍感なんですよね」と自身の性格を語っていた。

「細かいことを気にしない大ざっぱな性格だそうで、そんな性格を治した方がいいのかと悩んでいるとバラエティー番組で告白していたこともあります。なんでも、過去には『いずれ乾くなと思い、台風の日に傘を持たず現場に来た』『番組のアンケートなどの締め切りを守れない』『おなかが空いておにぎりを買うも手をつけないどころか、買ったことすら忘れていた』などのエピソードがあるそうですが、ある意味、おおらかさが表れているようにも感じます」(同)


■BTSとの交流も話題に


 加えて、共演者からも坂口の人柄をほめる声があがっている。

「昨年公開された主演映画『仮面病棟』で共演した永野芽郁は坂口について、『いつも穏やか』と同映画のイベントで話していました。永野は作品の内容から少しピリつくところも多いだろうとは思っていたそうですが、『坂口さんが穏やかで“みんなで作品を作ろう!”という感じでいてくれたので、楽しかったです!』と、感謝の気持ちを表していました。優しくて温かい心の持ち主だけど、鈍感で少し抜けたところもある坂口は、まさに母性本能をくすぐられるようなタイプ。10月期のドラマの役柄や演技次第ではさらに女性人気が高まるのではないでしょうか」

 ドラマウオッチャーの中村裕一氏は、坂口の魅力をこう分析する。

「目の肥えた朝ドラ視聴者がハッシュタグで盛り上がるというのは、まさに人気俳優の証です。パブリックイメージを見る限り、おとなしくて物腰が柔らかく、自己主張が強いタイプではないのですが、存在感は抜群。その優しいほほ笑みに心癒やされる人も多いのでは。連続ドラマ初主演作である『シグナル 長期未解決事件捜査班』の主題歌を担当した世界的人気の韓国アイドルグループ・BTSとも交流があるようですし、将来はぜひとも世界に大きく羽ばたいてほしいですね」

 菅波先生役で完全に一皮むけた坂口。次回ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」では、堅物で変人だが仕事はできるサラリーマン役ということだが、想像以上の胸キュンを与えてくれそうだ。(丸山ひろし)