乃木坂46・星野みなみが4歳年上の会社御曹司との「熱愛報道」が文春オンライン(9月22日配信)で報じられ、大きな反響を呼んでいる。記事によると、星野と男性は電車内で握った手を片時も離すことなく、時には抱き合う姿もあったという。新宿、阿佐ヶ谷デートで2連泊の様子が赤裸々に綴られている。 

「星野は1期生メンバーで、童顔に加えて甘い雰囲気と声で熱狂的なファンが多いのが特徴です。最新シングル『君に叱られた』でも選抜入りし、今シングルで卒業する高山一実の隣のポジションを任されました。周囲を思いやれる性格でグループの冠番組『乃木坂工事中』でも癒し系のキャラクターで活躍していた。1期生として後輩の手本にならなければいけない立場で、今回の報道はグループ全体でも衝撃が大きい。ファンのショックも当然大きいと思います」(テレビ関係者)

◆乃木坂46は恋愛禁止ではない

 厳密に言うと、乃木坂46は恋愛が禁止されているわけではない。ただ、恋愛をすることでファンの支持を失うことに想像力を張り巡らせるか、恋愛するほどの余裕があるのかという観点で考えれば、自ずと行動を律することになる。メンバーはアイドルとしての道を全うしている。そのお手本と言えるべき存在が、乃木坂で絶対的エースとして活躍していた女優の白石麻衣だった。白石はグループ在籍中に恋愛スキャンダルが報じられたことは一度もなかった。多くのファンが白石を「理想のアイドル」と敬意を抱くのは、「ノースキャンダル」だったことが大きい。

 乃木坂は今年8月21日に結成10周年を迎えた。星野の今回の熱愛報道に対し、「もう23歳の女性なんだから。10年いれば恋愛の1つや2つしないほうがおかしいよ」と同情的な見方も少なくない。だが、ファンが落胆したのは、ただ熱愛が報じられてからではない。記事によると、9月18日の歌番組、翌19日のラジオ出演を体調不良で休んでいたが、18日から19日に日付が変わる頃、会社御曹司が星野のマンションを訪れていたという。

 SNS、ネット上では「恋愛は別にいいよ。隠れてやってほしかったけど」「熱愛報道が残念ではなく、先日体調不良と言いながらこんな報道になっているのが凄く残念です。せっかく今日シングル発売で後輩メンバーが頑張っているのにこういう泥を塗るような報道は良くないんじゃないかと思います」などのコメントが相次いだ。

◆恋愛報道のダメージ

「乃木坂はメンバーが40人を超える大所帯ですが、置かれた立場は様々です。シングル曲で選抜入りの常連メンバーがいれば、全然入れずに努力を積み重ねているメンバーもいる。その中で星野は順風満帆に来ていたタイプです。エースを張れる人気メンバーではないですが、常に選抜入りしてスポットライトを浴びてきた。ただ、それは『乃木坂の中』での話です。外での仕事の数は少なく、乃木坂の看板があったからこそ人気を集めていたともいえる。熱愛報道のダメージは大きいです」(スポーツ紙記者)

 乃木坂46は4期生・金川紗耶がジャニーズJrの林蓮音と「デート報道」が3月下旬に、2期生の伊藤純奈も俳優・納谷健との真剣交際が卒業を控えた6月下旬に、文春オンラインでそれぞれ報じられた。そして、今回の星野の熱愛報道。ファンだけでなく、他のメンバーがどう感じるだろうか。(松木歩)