9月2日にリリースされた和田アキ子の新曲「YONA YONA DANCE」が話題を呼んでいる。和田アキ子の公式YouTubeチャンネルで公開されている同曲のMV動画は、10月21日時点で745万回を超える再生回数を記録している。TikTokでもこの曲を使った投稿が数多くあり、空前の盛り上がりを見せている。

「YONA YONA DANCE」のプロデュースを手がけたのは、ロックバンドのフレデリックだ。「オドループ」という楽曲をTikTok上でバズらせたこともある人気バンドである。「YONA YONA DANCE」は彼らの持ち味を生かした中毒性の高いダンスチューンである。

 この曲が流行っている理由は、楽曲自体の良さに加えて、それを自分のものにして歌いこなしている和田の歌唱力の高さにある。彼女のソウルフルな歌声が、リズミカルな楽曲と見事な調和を見せている。相反するように見える2つのものが、それぞれの個性を生かしたまま融合することで、今まで誰も聴いたことがないような傑作が生まれた。

 和田アキ子は、1968年に「星空の孤独」で歌手デビューして以来、半世紀以上にわたって芸能界の最前線に君臨してきた。テレビでは後輩の芸人たちが彼女のパワハラ的な言動や酒癖の悪さを面白おかしくネタにすることが多いので、彼女を頭の固い旧世代の人間のように思っている人も多いかもしれない。

 だが、芸人たちが和田のことをさんざんネタにするのは、彼女がまさに「笑って許して」くれる器の大きい人物だからだ。和田が本当に狭量な人間であれば、自分をネタにすることを許してくれるはずもない。

 和田は暴力的な父親に厳しく育てられ、歌手になってからも先輩にいびられたりしていた。男性のように体が大きい和田は、先輩の女性歌手から「男がいるから着替えができないわ」と嫌みを言われたり、わざとお茶をこぼされたり、靴にマジックで「バカ」と書かれたり、といった陰湿ないじめに遭っていた。

 そんな彼女は『金曜10時!うわさのチャンネル!!』に出演した際、ゴッドファーザーをもじった「ゴッドねえちゃん」に扮して、ハリセン片手に子分役のタレントを追いかけ回し、あえて高圧的に振る舞った。

『うわさのチャンネル』は視聴率30%を超える大人気番組となり、これをきっかけに「和田アキ子=乱暴者」というイメージがすっかり定着してしまった。さらに、和田と親しい芸人たちが、彼女の恐ろしさについてあることないことしゃべりまくったために、噂に尾ひれがついて広まっていき、和田はますます恐れられるようになった。

 普段の和田は、自分自身がつらい経験をしてきたことがあるからこそ、後輩やスタッフにはとても優しい。また、好奇心が旺盛で、何でも一度はやってみる、というのをモットーにしている。「ガングロ」がブームになったときには、わざわざ渋谷に出向いて生でヤマンバギャルを見たこともあった。

 最近では『ポケモンGO』をやってみてハマったり、Twitterにも手を出したりしている。自分の知らないことも頭ごなしに否定したりはしない懐の深さがある。

 ものまね芸人のMr.シャチホコが和田の真似をするときのお決まりのフレーズに「君は何をされてる方なの?」というのがある。この言葉こそが、彼女が人並み外れて好奇心旺盛であることを示している。50年以上のキャリアがあっても、彼女は偏見なく新しいものを取り入れて、若者文化に目を向ける。

 フレデリックとコラボした「YONA YONA DANCE」がヒットしたのも、和田がそれだけ柔軟で器の大きい人間だったからだ。「YONA YONA DANCE」の歌詞で何度も繰り返される「踊らにゃ損」というフレーズも、和田の生き方を象徴している。心躍る毎日を過ごすレジェンドシンガーの目線は、いつも未来を向いている。(お笑い評論家・ラリー遠田)