元AKB48でタレントの板野友美(30)が5月9日、自身が手掛けるライフスタイルブランド「ロージールーチェ(ROSY LUCE)」のスターティングイベントを行った。今年2月に同ブランドを設立し代表取締役に就任したが、正式に経営者としてのスタートを切ったことになる。

 板野と言えば、昨年1月にプロ野球・ヤクルトの高橋奎二投手と結婚し、同年10月に第1子となる女児を出産。夫の高橋投手は今シーズン開幕ローテーション入りを果たし、安定感も抜群。今では先発陣の柱となっている。AKB時代はギャル系のルックスで、高飛車発言などトンがったイメージもあった板野。それが現在ではタレントとしてだけでなく、母、プロ野球選手の妻、経営者とさまざまな顔を持ち、マルチな活躍をみせている。一体、何が彼女を変えたのだろうか。

「時々、自身のインスタグラムで手料理を公開していますが、ときには11品のおかずが並ぶなど品数も多く、メニューもバランスが考えられています。家事に手を抜いてない様子がうかがえます。昨年12月には『今までたくさん仕事をしてきたけど こんなに24時間気を抜けない? お仕事(ママのお仕事)はなかった』とインスタで育児の苦労をつづり、『全国のお母さま方。本当にお疲れ様です。そして、大大大尊敬です。母は偉大』と、感謝の思いを述べていました。また、3月にはインスタで『自分の事だけ考えればよかった時代は悩んだりしなかったけど お母さんとしてもっともっとやってあげられることがたくさんあるなと思うと時間が24時間じゃ足りなくて焦る』と心情を吐露。さらに、全てにおいて妥協したくないと葛藤をつづっていたこともあります。結婚、出産を経て、気持ちに大きな変化があったのかもしれません」(テレビ情報誌の編集者)

 逆に頑張りすぎて疲れ切ってしまわないように、心身に気を付けて欲しいところだが、実際、最近のインタビューを見ると結婚、妊娠、出産を経験し変わっていった様子がわかる。

■家族の存在がモチベーション

 板野は「4MEEE」(3月9日配信)で、「20代まで自分の人生を存分に楽しんで生きてきました」と振り返りつつ、「あるとき、自分のことだけを見つめて、これから先を生きていくのは難しいなと思った」ときに結婚や妊娠、出産を経験したと語っている。そこで「人は誰かのために生きるほうが力を発揮できるんだな」と感じたという。また、独身時代は自分の興味があることだけで生きていたが、家族を持ってからは野球を知って刺激を受けたり、子どもが興味を持ったものが影響を与えてくれたり、世界が広がって人生が豊かになったと明かしていた。

「感情面での変化について、自分よりも大切な存在ができてすごく前向きになったと、別のインタビューで話していたのも印象的でした。この子のため、旦那さんのためにと、普段の活力になり、家族がいることによって背中を押される部分も大きいそう。やはり、家族の存在がモチベーションにつながっているのでしょう」(同)

 最近は意識の高さを感じる言動もある。

「2月に、インスタグラムのストーリーズで『ミートフリーデー』をつくると明かしていました。普段食べている豚や牛が屠畜されている映像を見て、言葉を失ったからだそうです。ただ、完全に菜食主義者になるわけではなく、畜産業を否定するわけでもないことも説明。『週に1日お肉を減らす日を設けるという事で、今まで当たり前に頂いていた、大切な命にもっと感謝し、見つめ直す日を作るという事です』とつづり、小さな行動が大きな力に変わることを願っていると訴えていました。また、妊娠中に植物療法の資格を取ったり、起業に際してアパレルビジネスについても勉強したりするなど、かなり意識の高さがうかがえます」(同)

 芸能評論家の三杉武氏は、板野が“変化”した背景をこう話す。

「AKB48時代の板野さんは当時のグループの中では珍しく髪を染め、それほどアイドルに興味のない同性からもファッションが支持を集めたり、ダンスパフォーマンスで存在感を放ったりしていました。グループで初のソロデビューを飾ったのも板野さんです。浮き沈みの激しい世界で、アイドルとして日々肉体的にも精神的にもハードな生活を強いられる中、ご本人も言っているように“自分の夢を追うことだけで精いっぱい”といった時期があっても仕方がないですし、それも当然のことでしょう。最近ではプロ野球で活躍する年下の夫を支え、家事や育児にも励むママのイメージが定着してきました。ジャンルは違えども自身も若い頃に真剣に夢を追い、大舞台で活躍していたからこそ厳しい勝負の世界で生きる夫の気持ちもより理解できるでしょうし、サポートしてあげたいという感情にも熱が入るのではないでしょうか」

 結婚、出産をへて、よりエネルギッシュになった板野の活躍は、世の母親を勇気づけるきっかけにもなりそうだ。(丸山ひろし)