6月25日に放送された女性タレント大喜利企画「まっちゃんねる IPPON女子グランプリ」(フジテレビ)での“暴走”が話題となっている元NHKの神田愛花アナ(42)。意味不明な珍回答や、企画趣旨を逸脱したイラスト回答でMCの松本人志を困らせるも、SNS上では「神田おもしろすぎて死んだ」「個人的に神田さん優勝」など、多くの視聴者の笑いのツボに入ったようだ。その瞬発力やセンスの評価がうなぎ上りになっている。

 今春から吉本興業とマネジメント契約を結んだ元フジテレビの久代萌美アナや、6月末で日本テレビを退社し松竹芸能へ移籍する久野静香アナなど、このところ局アナから芸能事務所に転身する女性アナウンサーが続いている。それぞれの所属事務所の方針を考えると、今後はバラエティーを中心にタレント活動を行っていくと予想されるが、もともと、その道を切り開いたのは神田アナかもしれない。

 2003年にNHKに入局し、2012年に退職した神田アナ。初任地は福岡放送局で、東京へ異動し「爆笑オンエアバトル」の6代目司会を務めたこともあるが、NHK時代のイメージを持っている人は少ないだろう。むしろ、2015年にお笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀との交際を報じられ、2018年に結婚していく中で、その名が浸透していった感がある。

「日村との交際が発覚した時は『売名では』などと言われたこともありましたが、今ではグングンと知名度を上げています。いろんな番組にゲストとして呼ばれていますが、昨年放送された『まっちゃんねる』内の密室で笑わせ合う企画『女子メンタル』では、肌色の全身タイツに黒パンツ姿というアントニオ猪木のような格好で登場し、共演者からパンツを持ち上げられ、尻に食い込む姿をさらけ出すなど、元NHKらしからぬパフォーマンスで盛り上げていました。一方、コメンテーターとしての評価も高い。『ワイドナショー』では、ロシアによるウクライナ侵攻や自民党のパパ活議員の件などにも的確なコメントをしていて、面白さと知性が同居しているところが活躍につながっているのだと思います」(テレビ情報誌の編集者)

 ただ、神田アナは自身の視点が少し世間とズレていることを認識しているようで、過去のインタビューでは、あえてその「ズレ」を真面目に言うことで芸人がツッコんで面白くなる、と自らのバラエティーでの立ち位置を分析していた。与えられた役割をきっちり理解しているところも、仕事が途切れない要因だろう。

「昨年5月放送のバラエティー番組で、神田アナが進行役となり、NHK時代の先輩である登坂淳一アナが芸能人たちと紙飛行機対決を行ったときのこと。『子供の頃はよく作った』と自信満々だった登坂ですが、全く記録が伸びず失敗。登坂は『カメラに背を向けて投げられなかった』という理由で、利き手の左ではなく右で投げてしまったと主張しましたが、これに神田は『そういうところなんですよね。登坂さんがいまいちハネないのは』とダメ出ししてました。突っ込んでオチをつけるだけでなく、突っ込みの内容を見ると制作側の意図も読み取れるような人なのでしょう。さまざまなジャンルで活躍できるのはキャラや知性だけでなく、そうした能力も持ち合わせているからこそだと思います」(同)

■SNS投稿は日村にそっくり!?

 神田アナが人気を集めるもうひとつの要素が、夫である日村の存在だ。バナナマンの好感度は安定しており、炎上やスキャンダルもほぼない。夫とのエピソードは神田アナのタレントイメージにもプラスに作用しているようだ。女性週刊誌の芸能担当記者は言う。

「GWに日村さんと2人旅に出かけた様子をSNSに投稿していましたが、神田さんの幸せそうな表情に好意的なコメントばかりでした。また、よく食事シーンも投稿しているんですが、食べっぷりの良さに『旦那さんにそっくり』と指摘されることもたびたび。バラエティーでは夫婦エピソードも多く、以前、出演したバラエティー番組で『塩と砂糖を間違えたことに気付いても料理を続ける』と明かし、日村さんも全部おいしいと言ってくれたと語っていました。塩と砂糖を間違えるだけなら単なる料理エピソードですが、そこに日村さんの反応が加わることで、より興味深い話になるんです」

 芸能評論家の三杉武氏は神田アナについてこう分析する。

「NHK時代は悪くいえば真面目過ぎて取っつきにくく、堅苦しい印象を持たれることもあったそうです。フリーに転身後もキャスターを務めたりしましたが、やはり存在感を発揮したのはバラエティー番組に進出してから。肩肘を張りすぎずに自分の素を出すことで、気さくで天然っぽい性格が広く認知されるようになっていきました。そして何より、バラエティーやお笑いに対しても真面目に一生懸命に取り込む姿勢が共演者やスタッフに評価された結果だと思います。日村さんとの結婚に交際当初はあまり良いイメージを持っていなかった人も、彼女のキャラクターが浸透するにつれて、そうした誤解も解けていき、今では業界屈指の好感度夫婦としても知られています」

 バラエティー界では今、最強のフリー女性アナになったと言えるかもしれない。(丸山ひろし)