報道番組「NEWS23」(TBS系)のメインキャスターを務めて3年目となるフリーアナウンサーの小川彩佳(37)。2020年7月には第一子を出産。TBSの報道の顔だけでなく、母としての顔も持ち合わせる彼女の多忙なスケジュールぶりが注目を集めている。

 なかでも最近、話題になったのが「スポーツ報知」(9月3日付)のインタビュー記事だ。深夜の生放送後、帰宅して就寝するのが3時で、2歳の子どもといっしょに6時には起床し、仕事や家事、育児に追われる日々を明かした。家族や保育士、番組スタッフなど彼女を支えてくれる周りへの謝意も述べ、「仕事と育児との両立が当たり前になってほしい」と願うからこそ、仕事をやめたいと思ったことはないと明かしていた。

「『ギッチギチです』『目の下のクマが気になることも増えた』と意外な本音も明かしていて、同じ働くママたちからは共感の声もあがっていました。ただ一方で“3時間睡眠”に関しては『無理だけはしないで!』『美談にしないでほしい』と小川さんを心配する声も多く見受けられました。なかには、いったん休業して3年間ほどの育児時間を作り、またキャスターに復帰すればいいという意見もありました。しっかり育休をとってもシングルマザーが会社や社会に認められ、復帰前と変わらぬキャリアが築ける世の中になることも大事です。キャスターとして、そうした所にも気を配った発言をした方が、さらに共感を得られたかもしれません」(テレビ情報誌の編集者)

 小川は別のインタビューでも、20代の頃からキャリアを築きながら子育てをすることについて悩み続けていたことを明かしている。女性が責任ある立場にありながら、出産のために仕事を休むことに否定的な意見を見かけたそうで「意識の壁」を痛感したという(「HUFFPOST」20年3月8日配信)。自らの出産を経て、復帰することで社会を変える一助になれたらという強い思いもあったからこそ、出産3カ月のスピード復帰を選択し、短い睡眠時間での両立生活も意欲的にこなせているのかもしれない。

「小川さんは正義感が強い女性で、キャスターという仕事を通じて社会に風穴を開けたいという思いが伝わってきます。一方でそれは自身の決断についても同じことが言えます。テレビ朝日を退社した理由も、同局の女性記者が財務省の事務次官からセクハラを受けたとされる問題に端を発していると報じられました。いわく、セクハラを自覚せず、それを隠蔽するかのような局の体質にあきれ果てた末の退社だと。また、元夫の不貞が発覚した際に、彼女が主導してサクサクと離婚協議を進めていったことや、慰謝料を一括請求したことを『NEWSポストセブン』が伝えました。離婚に関しては、彼女らしいクールでスマートなやり方だなと思う半面、夫に対する『許さない』という彼女の非常に強い感情が垣間見えました」(女性週刊誌の芸能担当記者)

■爆笑問題・太田に離婚をイジられて……

 仕事に育児に奮闘する小川だが、「NEWS23」の視聴率にはなかなか反映されず、同時間帯のライバル番組に世帯平均視聴率で4%ほど差をつけられる日もあると報じられ、降板説もささやかれる。最近でも香川照之の一連の騒動により、TBS内のアナウンサーの配置が急遽変更になったせいで、小川の降板が先延ばしになったという報道もあった。なぜ、同番組の視聴率は上がらないのか。民放報道番組制作スタッフは言う。

「『報道番組の顔』ということで、小川さんには生真面目で優等生のイメージがあり、視聴者からは少々とっつきにくいイメージがあるのでしょう。テレ朝の局アナ時代には番組で共演し、師と仰ぐ田原総一朗さんや古舘伊知郎さんに相当厳しく鍛えられたようで、才能や環境に恵まれた単なるエリートではなく、勉強熱心な努力家でもあります。本人も意識的にあえて真面目さを演出しているのかもしれませんが、長年報道番組を中心に活躍する中で、視聴者にとっては親近感がわきづらい存在になってしまったのかもしれません。最近の子育て話にしても、『シャワーを浴びながら泣いたこともある』など、苦労や苦悩のエピソードが多く、暗いイメージがついてしまっているのも気になります」

 芸能評論家の三杉武氏は、小川彩佳の今後についてこう述べる。

「小川さんと言えば、大の洋楽ロック好きとしても有名です。ストレス解消に爆音でパンクロックを楽しみ、妊娠時に胎教にレッド・ホット・チリ・ペッパーズを聞かせていたり、フジロックにも足を運ぶほど。こうした意外な一面をもっと広く知ってもらうことは重要でしょう。一方、現場では若いスタッフにも分け隔てなく接する気さくな人のようなので、そのあたりの人間味や親近感が視聴者にもっと伝わればいいと思います。個人的には、 過去に『サンデー・ジャポン』にゲスト出演した際、爆笑問題の太田光さんに“地獄を見た女”などと離婚のことをイジられた時もあっけらかんと笑っていたことや、テレ朝時代にAbemaTVの番組で人気AV男優のしみけんさんをインタビューした際の意外な受け答えも印象的でした。そうした素に近い部分をもっと前面に出していけば、また違った活躍ができるのではないでしょうか」

 趣味やプライベートなど自身の明るい部分をよりオープンにすれば、彼女に親近感を持つ視聴者も増えるだろう。(高梨歩)