朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)が来年3月をもって終了することが決定しているが、後継番組のMCにタレントのヒロミ(57)の名前が浮上している。「NEWSポストセブン」(11月30日配信)は、MCとしてすでに内定しているとの業界関係者の話を紹介。さまざまな番組での実績に加え、最近は主婦層にも人気があるため適任で、来年4月以降のスケジュールがすでに押さえられているというのだ。

 ヒロミといえば1980年代後半にお笑いトリオ「B21スペシャル」のリーダーとして人気を博し、1990年代から2000年代にかけて毒舌キャラで大活躍。しかし、その後10年間はテレビから離れていた時期があった。14年頃からテレビ復帰したが、その際に出演した「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)で、テレビから姿を消した経緯を告白していた。

 絶頂期に週10本のレギュラーを抱え、天狗状態だったというヒロミ。さらに、後輩タレントやスタッフにふざけて「腹パンチ」をするなど、自覚のないパワハラを繰り返していたという。そうした悪態に視聴者からも批判が集まるようになり、レギュラー番組の全てを失うことに。一方、その後は心機一転してトレーニングジムの経営に専念し、経営者として過ごす中、優しさやいたわりの心を持つようになったという。

「50歳をすぎてから、ここまで人気を維持しているのは休業を経て丸くなったからというだけではないでしょう。復帰後に引っ張りだこになった要因のひとつは、趣味であるDIY系の企画で高い技術をみせているから。最近でも『有吉ゼミ』の企画で、広さ2000坪の敷地を開拓しキャンプ場の設営に取り組むほどの腕前です。10月には、自らも作業を手伝いながら2〜3カ月かけて別荘の倉庫をリフォームしたことを自身のYouTubeチャンネルで報告。金づちを片手に手慣れた様子で大工さんとともに床や天井を作っていました。今の若い視聴者には、過去の生意気なイメージよりも、頼れるオジサンという印象が強いでしょう。言葉遣いはあまり変わっていませんが、キャリアや年齢的にも呼び捨てやタメ口に違和感がなくなったところも大きいでしょうね」(テレビ情報誌の編集者)

 情報バラエティーやワイドショーでは庶民目線で常識ある大人のコメントをすることも多く、中高年女性の取り込みにも成功しているようだ。「ヒロミは芸能界いち、コミュ力が高い」と言うのは民放バラエティー制作スタッフだ。

「若手の頃からビートたけしや所ジョージなどの先輩あしらいの巧みさが抜群でしたが、芸能界での交友の広さは随一です。家族ぐるみで付き合っているという藤井フミヤや木梨憲武は有名ですが、浜田雅功や内村光良ともゴルフ仲間です。さらに、森繁久彌らが立ち上げた芸能人・文化人の射撃愛好会の3代目の会長をしたり、高橋みなみやフワちゃん、アンジャッシュ児嶋一哉など八王子出身の芸能人で構成される『八王子会』の代表も務めています。元SMAPの中居正広をはじめジャニーズの面々もヒロミを慕っている人は多く、先日退所した滝沢秀明との仲の良さはよく知られています。これだけ顔が広いのに、今まで情報バラエティーのMCをしていないほうが不思議です。今のテレビ界で、彼以上の適任者はいないでしょう」

■伊代の親衛隊にも認められている

 一方、先日テレビの収録で負傷してニュースになった妻・松本伊代(57)の存在も大きい。アラ還となった松本だが、天然キャラは健在で、今も“永遠のアイドル”としてバラエティー番組に出続けている。「そんな松本とのおしどり夫婦ぶりが、さらに好感を呼んでいる」と言うのは前出のテレビ情報誌の編集者だ。

「夫婦仲の良さは有名ですが、最近もヒロミが松本に対して『生きてりゃいいよ』という気持ちでいるとインタビューで明かしていました。また、芸能活動から離れていた時期も相当助けられたと語っています。一方、松本も仕事で失敗したときなどは『ママはそのままでいいから大丈夫』と受け止めてくれると、ヒロミについて話しています。何を言っても味方でいてくれる大きな存在だそうです。また、2020年にヒロミが自身のYouTubeチャンネルで松本の髪を切る動画を公開したのですが、再生回数は500万回を超え『いつまでもすてきなご夫婦』など、多くの称賛コメントが寄せられていました。ラブラブな熟年夫婦ぶりに癒やされる人も多いのだと思います」

 芸能評論家の三杉武氏はヒロミの好感度の高さをこう分析する。

「近年のヒロミさんの人気の背景として、やはり奥さんの松本伊代さんの存在は無視できないでしょう。おしどり夫婦ぶりは広く知られていますが、伊代さんが先日行ったデビュー40周年ライブにヒロミさんが祝福に駆けつけた際、10代の頃から伊代さんを応援している親衛隊の人たちからも大歓迎を受けていました。結婚後もずっと変わらず、妻の伊代さんを大切にしていることが、彼女のファンからも認められている。こうした根っからの愛妻家ぶりが、昨今のテレビ業界を支えている女性視聴者層の人気につながっているのでしょう。売り出し中の若い頃はヤンチャなイメージや押し出しの強さが悪目立ちしたり、後輩芸人たちに対する面倒見の良さが裏目に出てスパルタ的な指導が過ぎることもあったようですが、年齢を重ねて、今では成熟した魅力を醸し出しています」

 本当に“朝の顔”となれば、どんなMCをしてくれるのか。今から楽しみだ。(丸山ひろし)