小室引退「大人の女性の会話は困難」KEIKOを襲ったくも膜下出血 後遺症の現実

小室引退「大人の女性の会話は困難」KEIKOを襲ったくも膜下出血 後遺症の現実

『週刊文春』で看護師との不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサー・小室哲哉(59)が19日、記者会見を開き、「けじめとして引退を決意しました」と発表した。小室は2002年にglobeのボーカル・KEIKO(45)と結婚。11年にKEIKOがくも膜下出血で倒れて以降、6年間、献身的にKEIKOを介護してきた。

 小室によると、「大人の女性としての会話のコミュニケーションが日に日にできなくなって、かわいそうな気持ちもあった。そこを諦めてはいけないことが、精神的なサポートというのは、重々承知していた」とも語り、「3年ほど前から疲れ始めてきたことはあったと思います」と心境を告白した。

 KEIKOを襲ったくも膜下出血は、主に脳の動脈の分岐部にできる脳動脈瘤が破裂して起こるが、約3分の1は死亡、約3分の1は後遺症が残る。治療法は開頭術か脳血管内治療だ。週刊朝日ムック「脳卒中と心臓病のいい病院」から、原因や症状、後遺症を解説する。

*  *  *
■病気 自覚症状はほとんどなく突然破裂する

 頭蓋骨(とうがいこつ)と脳の間には3種類の膜があります。頭蓋骨に密着している硬膜、その下にあるくも膜、さらに下にあり脳表面に密着している軟膜です。軟膜とくも膜の間の隙間(くも膜下腔)に脳脊髄(せきずい)液があり、脳はそこに浮いたような状態になっています。

 脳動脈瘤(りゅう)は、くも膜の内側のくも膜下腔を走る直径2.5〜5ミリの太い動脈が枝分かれする部分にできる瘤(こぶ)のような膨らみです。破裂しない限り自覚症状はほとんどありません。

 獨協医科大学越谷病院の病院長の兵頭明夫医師はこう話します。

「心臓からの血液を送り込む脳動脈は高い圧力で血液を流すので、血流や血圧の影響で動脈の分岐する部分に負荷がかかり、風船のように徐々に膨らんでくることがあります。その部分の血管壁は他の部分よりも薄くなり、血流の圧力に耐えきれずに破れてしまいます。これが、くも膜下出血です」

 くも膜下出血は発症した人の約3割が死亡するといわれます。JACC Studyという調査研究によると、くも膜下出血による死亡者は年代では男性は40代、50代に多く、女性は60代以上が多いという傾向がみられます。

 くも膜下出血は脳動脈瘤の破裂以外の原因でも発症することがありますが、その割合は2割程度で、大半は脳動脈瘤の破裂によって起こります。また、動脈の分岐していない部分に脳動脈瘤ができることもあります。

 昔は脳動脈瘤があっても破裂しない限り気づかなかったのですが、近年はMRI(磁気共鳴断層撮影)、MRA(磁気共鳴血管撮影)などの画像検査が一般化し、脳ドックの普及もあって直径2ミリ程度の小さな未破裂脳動脈瘤でも発見される割合が高まっています。

■症状 突然の激しい頭痛や意識障害 そのまま死亡することも

 くも膜下出血を発症すると、突然経験したことのないような激しい頭痛に見舞われます。

「痛みを感じる知覚神経は、くも膜や血管の周辺にあります。高い圧力で噴出した血液による膜の伸展や血液中の化学物質が知覚神経を刺激するので、強い痛みを感じるのです」(兵頭医師)

 頭痛以外にも気分が悪くなって嘔吐(おうと)したり、視野が欠けたり、ものが二重に見えることがあります。意識を失うことも多く、患者の5人に1人は発症後まもなく亡くなります。

 破裂した脳動脈瘤の穴が小さければ出血後できた血の塊によってすぐに血は止まり、意識を回復することもありますが、強い頭痛や嘔吐は残ります。高齢者は痛みに鈍感になっている場合があり、この症状を風邪と思って見逃すことがあります。

「一度出血してできた血の塊が溶けると再び出血します。再出血を起こすと、くも膜下出血は重症化し、死に至ることもあり、命が助かっても重い後遺症を残すことが多いので、再出血を防がなくてはなりません。普段とは違う頭痛を感じたら、必ず救急車を呼んで病院にいきましょう」(同)

■予防 高血圧の治療と禁煙が必須 家族に患者がいる人も要注意

 動脈を流れる血液の圧力によって脳動脈瘤ができることからもわかるように、最大のリスク要因は高血圧です。

 健康診断で高血圧といわれた人、収縮期血圧(上の血圧)が140mmHg以上ある人は、医師に相談しましょう。高血圧の治療薬は種類も増えており治療効果が期待できます。

 喫煙も、くも膜下出血の大きなリスク要因です。たばこを吸うとニコチンで交感神経系が刺激され、血圧が上昇します。また、たばこに含まれる酸化物質によって血管が収縮し、動脈硬化が促進されます。

 たばこには依存性があるため、なかなかやめられない人もいます。最近は禁煙外来のある病院もあるので一度、受診してみるとよいでしょう。

■外科治療 開頭術か脳血管内治療か 治療方法を検討する

 脳動脈瘤の治療にはおもに二つの方法があります。一つは開頭しておこなう「ネッククリッピング術」という手術、もう一つはカテーテルを使った「コイル塞栓術」という脳血管内治療です。どちらの治療にするかは脳動脈瘤のある場所、大きさや形状、患者の状態などによって選択されます。二つの治療法にはそれぞれにメリット、デメリットがあります。

 くも膜下出血の場合の治療法も基本的には同じですが、発症した時に搬送された病院によっては一方の治療法(ネッククリッピング術)しかない場合もあります。

 ネッククリッピング術は全身麻酔をかけて頭蓋骨の一部を切り開き、手術用顕微鏡で確認しながら脳動脈瘤の入り口(ネック)に直接、クリップをかける方法です。チタン合金製のクリップで、形は直線型、L字型などの種類があります。ネックの大きさなどによって複数のクリップを組み合わせて使う場合もあります。

 手術中には脳の神経や血管を傷つけないよう、術中モニタリングが欠かせません。脳に弱い電流を流して手足の動きを確認し、運動機能を傷つけないようにするMEP(運動誘発電位)や、患者の静脈に蛍光物質を注射し、近赤外線観察カメラで血流や脳動脈瘤の閉塞を観察するICG血管撮影を用います。

 ネッククリッピング術の最大のメリットは根治性の高さです。

「クリップをかけると脳動脈瘤への血流を完全に遮断できるので、再破裂のリスクはほとんどありません」(同)

 また、全国で広くおこなわれているので、多くの医療機関で治療を受けられるのもメリットです。

 デメリットは手術時間が平均3〜5時間、入院期間も2週間程度と長く、患者の負担が大きいこと、頭蓋骨を開いて脳に直接ふれるので血管や神経を傷つけて合併症につながるリスクがあることです。

 一方、カテーテルを使ったコイル塞栓術は直径2ミリほどのガイディングカテーテルを足の付け根にある大だい腿たい動脈から入れ、モニターで確認しながら首の内頸(ないけい)動脈あるいは椎骨(ついこつ)動脈まで進めます。そこにマイクロカテーテルを通して脳動脈瘤の位置まで到達させたらマイクロカテーテルからプラチナ製の軟らかいコイルを少しずつ出して脳動脈瘤に詰め、血液が流れ込まないようにします。ネックが広い場合は、風船状のバルーンカテーテルや、ステントという細かい網目状の金属の筒を併用します。

 コイル塞栓術のメリットは開頭しないため脳に直接ふれることがなく、手術時間は2時間程度、入院日数も5〜7日ですむので、患者のからだへの負担が少ないことです。日本ではまだ治療全体の4割ほどですが、増加傾向にあります。

「この治療には日本脳神経血管内治療学会による専門医制度があり、脳血管内治療を100例以上、そのうち20例は自分が施術したという実績と、筆記試験によって認定されます。専門医であればほぼ同程度の実力をもっているといえるでしょう」(同)

 デメリットは治療後にふたたび脳動脈瘤に血液が流れ込む「再開通」の可能性があり、再破裂の危険性も数%あること、専門医が偏在しているため治療を受けられない地域があることなどです。

■経過観察 脳動脈瘤の大きさにより すぐに治療しない場合もある

 脳動脈瘤が破裂したくも膜下出血は外科治療をおこないますが、未破裂の脳動脈瘤は、必ずしもすぐに治療が必要とは限りません。一般的に直径が5ミリ未満の小さな脳動脈瘤の場合は破裂する危険性が低いため、破裂するリスクと治療による合併症などのリスクをよく検討して、定期的な経過観察を続けるという選択肢もあります。

 日本人の脳動脈瘤患者について調べた「日本未破裂脳動脈瘤悉皆(しっかい)調査」(UCAS Japan、2012年発表)によれば、直径が3〜4ミリの未破裂脳動脈瘤の年間破裂率は0.36%で、大きくなるほど破裂率は上昇します。

 もしも脳動脈瘤が発見され、医師に治療をすすめられた場合は、その理由をよく確かめる必要があります。納得がいかない場合はほかの医師にセカンドオピニオンを聞いてみるとよいでしょう。

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索