賭博を愛しすぎて破滅した天才数学者の末路 「賭博に負けない唯一最高の方法は…」

賭博を愛しすぎて破滅した天才数学者の末路 「賭博に負けない唯一最高の方法は…」

『戦国武将を診る』などの著書をもつ日本大学医学部・早川智教授は、歴史上の偉人たちがどのような病気を抱え、それによってどのように歴史が形づくられたことについて、独自の視点で分析する。今回はルネサンス期の医師であり占星術師でもある天才数学者ジロラモ・カルダーノを「診断」する。

*  *  *
 平成30年も残り少なくなったが、この年を後の時代から振り返ると、おそらく7月20日参議院本会議において可決されたIR実施法案は歴史に残るはずである。政府の思惑通り、アジアの大国からお金持ちがどんどんやってきて日本で散在してくれる可能性もあるが、当然ながら身上をつぶす自国民もあり得る可能性が高い。

 貨幣経済の出現以来、賭博にのめりこんで財産を失うのみならず、社会的にも問題を起こす人々が存在する。一般的には低所得や教育の機会に恵まれない不幸な人々が賭博にのめりこむことが多いが、社会的地位に関係なく賭博のとりこになって財産や地位を失うことも少なくない。ルネサンス後期に生きた医師兼占星術師、また優れた数学者だったジロラモ・カルダーノもその一人であろう。

■賭博に勝ちたくて数学者に

 カルダーノは1501年9月24日、イタリア・ミラノにレオナルド・ダ・ヴィンチの親友だった弁護士の私生児として生まれた。1520年にパヴィア大学に入学さらに名門パドヴァ大学へと移って医学を修める。解剖と臨床の傍ら、患者のホロスコープ(星占い表)を作成して診断と処方の決定に応用するという、当時としては最先端の研究を続け、教授資格を得る。後世からは、21世紀前半は遺伝子医学の発達と遺伝子万能論が医学を支配した時代と評価されるであろうが、ルネサンス時代は占星術が最先端科学であった。現代から思えば、占星術など根拠のないまやかしであり、疑似科学以外の何物でもないことは当然だが、当時としてはギリシア・ローマ時代以来の伝統ある学問領域であり、カルダーノは自他共に許すこの領域の第一人者だった。

 しかし、教授にはなったものの、狷介孤高な性格が災いしてどこからも声がかからない。開業したところで患者も来ず、趣味(副業)の占星術と魚釣りと数学に多くの時間を費やす。そして、三次方程式の解の公式の発見や確率論の基礎的理論を打ち立てる。

 カルダーノは若いころから数学好きであったが、その動機は大好きな賭博に勝ちたいという不純なものであった。患者が来ないための暇つぶしから、やがて元手を作るために高利の金を借りたり、妻の財産を勝手に処分したりという破滅的なレベルになってゆく。カルダーノは自伝で、

「私の行為には誉められるようなことは、おそらくなにひとつないだろう。(中略)自分でもわかっているのだが、私はチェスやさいころ遊びに没頭しすぎたのだ。これがため、尊敬と財産と時間とを同時に失った。弁解の余地はない。だがもし弁解せよと言われるなら、実は私は賭け事が好きだったのではなく、諸々の原因―中傷、不公平な仕打ち、貧困、ある人々の横柄な態度、社会の混乱、虚弱な体質、ひどい怠け癖、その他ありとあらゆることが私を賭博にかりたてたのだ」(青木靖三・榎本恵美子訳『わが人生の書 ルネサンス人間の数奇な生涯』社会思想社:現代教養文庫 1989)と記している。

■予測した自身の「命日」に自殺

 1980年になって米国精神医学会は精神障害の一つに「病的賭博」を加えた。各国を通じて高い罹病率があり、患者本人の人生と周囲の人々、社会に及ぼす深刻な影響にもかかわらず、他の精神疾患と比べて研究が遅れているという。

 診断基準は(a)持続的に繰り返される賭博、(b)貧困になる、家族関係が損なわれる、そして個人的生活が崩壊するなどの不利な社会的結果を招くにもかかわらず、持続し、しばしば増強する、という2つの指標がある。病的賭博は男性に多く知能が高い者にも珍しくないが、対人関係の問題が多く、時には反社会的行動につながるという。

 カルダーノの場合、最愛の長男が殺人罪で死刑になり、次男はヤクザになり、長女は梅毒で若死にするという不幸に見舞われて酒と賭博に逃避した事情はわからなくもない。しかし晩年、功成り名遂げて母校パドヴァ大学教授となってからも博打はやめなかった。さらに最晩年は、イエス・キリストのホロスコープを作ってその受難を予言したことから、法王庁に呼び出されてローマの邸宅に軟禁されてしまう。カルダーノの最期もこの奇人に相応しいものだった。

 彼は同時代の諸侯や高僧の星占いが高い的中率を示すことを誇っていたが 、自分のホロスコープも腕によりをかけて作成した。しかし、命日と予測した1576年9月21日夜になっても何も起きないため、自殺してけりをつけたのだった。彼の遺した「賭博必勝法」という小冊子は最大の遺産として親類縁者や弟子たちの奪い合いとなった。人々がこれを開くと「賭博に負けない唯一最高の方法は、手を出さぬこと」とあった。

◯早川 智(はやかわ・さとし)
1958年生まれ。日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授。医師。日本大学医学部卒。87年同大学院医学研究科修了。米City of Hope研究所、国立感染症研究所エイズ研究センター客員研究員などを経て、2007年から現職。著書に『戦国武将を診る』(朝日新聞出版)など。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索