「こんな委員決めはもう嫌」 PTAの変革に奔走する親たち

「こんな委員決めはもう嫌」 PTAの変革に奔走する親たち

 旧態依然の制度で、時に親たちに不自由を強いるPTA。一方で、そんなPTAを変えようと動き出している親たちもいる。改革に奔走する人々を取材した。



*  *  *
 親にとって「学校が不自由だ」と感じる最大の理由、それはPTAだろう。従来の行事を改善もせず毎年行っていたり、会合の運営の仕方が非効率だったり、役員決めが強制的だったり……。特に共働き家庭が増えている今、その不自由さが親たちを苦しめている。

 だが、そんな岩盤組織を変え始めた人たちがいる。

「3年かかったけれど、変えてみたら意外と支障はなかった」

 と言うのは名古屋市立吹上小学校の元PTA会長、下方丈司さん(49)だ。このPTAには以前、「投票で学級委員に選ばれた人が断る場合は自分で代わりを探す」という不毛なルールがあった。3年前に「おかしい」と指摘する親が複数現れ、役員にも「今のやり方には無理がある」という認識が共有された。

 そこで見直しを前提に、アンケートや意見交換会を重ねた。役員がトップダウンで進めるのではなく、保護者の意見を広く吸い上げることがカギだった。臨時総会で「学級委員を廃止して活動ごとに参加者を募集する」ことが決まった。

「自由参加では誰もやらなくなるのでは」と心配されていたが、やってみたら全く違った。運動会の手伝いや講演会企画、広報など19の活動項目すべてに、十分な人数が集まった。年間を通して委員はできなくても、行事ごとには参加できる人がいたし、なにより強制されるのではなく自分で好きな活動を選んで参加できることが好評だった。

 唯一強制が残る「地区委員」も来年度からなくせないか検討中だ。この委員をなくせば、登校を見守る旗振りの当番表が作れなくなり、旗を次の人に回せなくなる。だが、各家庭に1本旗を配れば解決する。かかる費用は総額6万円程度。委員をなくすことがそのコストに見合うかどうか、検討が進む。おかしいと思っても何も考えず、前例踏襲を続けてきたこれまでと比べたら、大きな進歩だという。

 PTAは、本来は任意参加なのに、強制的な自動入会が慣習化されていることが大きな問題になっている。埼玉県のある中学校のPTAは今年度から入会届を導入した。たかが紙一枚だと軽視されがちだが、自主的に参加するという意識づけや、参加しない自由があることを周知できる仕組みは不可欠だった。

 このPTAの副会長の女性(41)が組織を変えたいと思い始めたのは2年前。役員として4月の委員決めを進行したところ、やっていない人に無理にやらせようとする保護者と対立した。

「こんな委員決めはもう嫌だ」

 翌年度からは各クラスから委員を定数出す形をやめにした。

 そして入会届を配布するという改革にも乗り出した。導入するには、校長の許可を得る必要がある。当初、校長は「今じゃなくても」と及び腰だったが、何度も説得した。さらに埼玉県教育委員会が学校管理職向けに、PTAを正しく運営するよう通知を出したため話が前進した。PTAを改革しようとする社会の空気も後押ししている。

 女性はこう振り返る。

「問題点を全部改善できたわけではありません。反対する人にも正義があるし、長年やってきたという自負もある。こちらも一方的に主張するのではなく、協力してくれる人を巻き込みながら変えていきました」

(PTAジャーナリスト・大塚玲子)

※AERA 2018年12月10日号より抜粋


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索