貯蓄300万円で100歳まで!医療ケアに強い「老人ホーム」の見分け方!

貯蓄300万円で100歳まで!医療ケアに強い「老人ホーム」の見分け方!

 食事は和食か洋食か選べて、部屋から海が見渡せて。終のすみかへの思いを膨らませている、あなた。全国に約1万3千施設がある有料老人ホームは多種多様、自分に合ったホームはどうやったら出合えるの? 入居平均年齢84歳、貯蓄300万円でも100歳まで過ごせるホームもあるようで。



 住宅型に介護付き、特別養護老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)……。高齢者のための住宅の種類は、分け方によっては10種類近くになることもある。所轄官庁も、有料老人ホームが厚生労働省、サ高住は厚労省と国土交通省など、わかりにくい仕組みとなっている。

 例えば、同じ「サ高住」でも、サービスは安否確認と生活相談だけという一般の賃貸住宅に近い施設もあれば、有料老人ホームのような介護サービスが付いた施設もある。分類だけ見ても、自分に合った施設なのか、さっぱりわからないことがほとんどだ。

「○○型、○○付きなどの分類に惑わされることなく、最終的には見学して、自分の希望する条件に合った施設であるかを自分の目で確認することが、老人ホーム選びの鉄則です」

「あいらいふ入居相談室」で、約50人の相談員の教育をおこなう人材育成室室長の菊池龍志さんはそう話す。

 とはいえ有料老人ホームだけでも全国に約1万3千施設もある。初心者は、どこから当たったらいいのか、見当がつかないことも多いだろう。そこで入居後に後悔することのないように、老人ホームの選び方の基本を、希望する条件別に紹介していく。

 まず施設を絞り込むために確認したいのが、「譲れない条件」のチェックシート(下記)だ。介護に詳しいジャーナリストの太田差惠子さんが解説する。

「高いお金を出しても、入居するご本人の希望条件に合わない施設なら、それはいい施設とはいえません。ご本人やご家族が譲れない条件にそれぞれチェックを入れ、優先度の高いものから◎○などをつける。そんなすりあわせをおこなってから、見学に行くことをおすすめしています」

 その「譲れない条件」を見ていく前に、残念ながら入居者の希望に関わらず、施設を限定せざるをえない条件が二つある。「健康状態」と「お金」だ。

 まず健康状態。「認知症」「要介護3以上」など健康状態の変化で老人ホームへの入居を考えるケースは、「おのずと探す施設が決まってきて、かえってターゲットが絞りやすいこともある」と菊池さんは話す。

 例えば認知症の場合、認知症の高齢者が自立して生活する手助けをしてくれる「グループホーム」、要介護度が高い人は、要介護3〜5の人が入居できる公的施設「特別養護老人ホーム」なども並行して探してみるのがいい。

 また有料老人ホームやサ高住でも、要介護や認知症の入居者を受け入れる施設がある。ただし医療に強い施設や、リハビリに強い施設など、その特徴は千差万別。そうした強みの見分け方は後述するとして、もうひとつ、選べる施設を大きく限定するものが、預貯金額だ。「老後2千万円不足」問題で、一気に将来が不安になった中高年も少なくない。老人ホームに入るケースでは、どれだけの貯蓄が必要なのだろうか。

「家族の支援があるのかないのか、年金の額がいくらなのかなどによっても変わってきますが……」

 と前置きし、前出の菊池さんが言う。

「入居一時金800万円、月額費用20万〜30万円が、都内の標準的なホーム。そんな都内の施設を希望するなら、だいたい3千万円の預貯金があるかどうかが、目安と言われています」

 入居後、必要になる費用の総計の出し方は、「入居一時金」という入居時に払う費用に、「家賃」「管理費」「食費」といった施設が提示する月額費用に退居までの月数をかけた額を加える。「あいらいふ入居相談室」などの紹介サービスでは、高齢化が進む昨今、100歳までの月数をかけて必要な資金の根拠としていることが多い。

 このほか、「介護保険自己負担金」やおむつ代、医療費、薬代、小遣いなど、その他の費用(一般的には月5万円前後)も必要だ。同じように、100歳までの月数をかけて合計する。

 こうして算出した費用の総計が、預貯金額と、年金月額に100歳までの月数をかけた総計を下回っていれば、ほぼ家族の支援なしに暮らせる施設と見ていい。

 一方貯蓄額が、3千万円以下の場合はどうだろう。今は入居金0円を選んで毎月分割で払える施設も増えている。預貯金が300万円だとしても、月額費用12万円の施設であれば、入居平均年齢の84歳から100歳まで、自力で支払うことも可能となる。

 だが問題は、月額費用12万円という施設が少ないこと。例えば都内の標準的なホームの月額費用は20万〜30万円と、これを大きく上回る。住み慣れた都内の施設に入りたいという条件がかなわず、郊外や地方のホームを選ばざるをえなくなることも多くなる。

 これまで国内外2300軒の老人ホームを覆面で見学し、格付けチェックをしている「有料老人ホーム入居支援センター」の上岡榮信理事長に話を聞いた。

 実際に何度も足を運び、太鼓判を押した“三ツ星”施設のなかでもっとも月額費用が安かったのは、12万5千円の郊外型施設。このように安くても良心的な施設がある一方で、激安料金だけに飛びついてしまうと、リスクも大きくなると、警鐘を鳴らす。

「例えば『緊急ベルを鳴らしたら1回300円』など、サービスを受けるたびに細かく課金され、結局高くつくという施設もありました。また年金や生活保護費を丸々取り上げられてしまう、いわゆる貧困ビジネスに狙われる危険もありますね」(上岡さん)

 老人ホームも不動産と同じで、驚くようなお値打ち施設はない。高齢者施設の事業費の多くの部分は人件費であり、安い施設は人員が少ないなど、何らかの理由があると考えていい。

 一方で、「どんな施設でも選び放題」と言える預貯金額はどれほどだろうか。例えば超高級有料老人ホームと言われる都内のある施設は、入居一時金が1億4千万円で、月額費用が40万円。「2億〜3億円の預貯金があれば、どこでも問題なく選択できる」(菊池さん)そうだ。

 ここで再び、下記の譲れない条件チェックシートに目を移していこう。

 預貯金額などによって決まってしまう場合もあるが、エリアは「自宅近く」「家族の近く」といった希望が多いという。

 ほかにも、「終のすみかは海のそばで」など、夢を実現するため、地縁のないエリアの施設にIターン的に入居するケースもある。ただし、軽い気持ちで、知らない土地の施設を選んでしまうのはリスクもある。

「地元の人が入居する施設が多いので、ほかの土地から来た人は方言がわからず孤立したり、食べ物の味付けの好みが違ったりと、想定していなかった苦労を強いられることも少なくありません」(前出・太田さん)

 続いて「生活習慣」。とくに自立の人の場合は、「自宅にいるようにプライバシーを守れる」ことを最優先の条件にする人もいれば、いつでも誰かと交流できる、家族的な施設を希望する人もいる。このほか「好きなお風呂にいつでも好きなときに入れる」ことを一番に考える人などもいて、人によってさまざまだ。

 プライバシーの有無は設備や規則などと大きく関わるため、事前に直接問い合わせたり、見学のときに詳しくチェックしたりするのが一番の早道だ。かたや施設の雰囲気は、資料や問い合わせなどでは計り知れないこともある。

「自立した元気な入居者が多いのか、病状の重い人が多いのか。また病状が進んだ人と自立の人をフロアで分けているかなど、見学時に気をつけて見ていると、ある程度の雰囲気はつかめます」(前出・菊池さん)

 また、見学のときには必ず、掲示板のチェックを。施設で実施するレクリエーションの日程が貼ってある。毎日のように、何かしらのイベントをやっている施設もあり、入居者のコミュニケーションや趣味を熱心にバックアップする施設かどうかを測る物差しになる。

 医療サポートは、ホームによってできることの幅が大きい。昼食時に見学に訪れて、胃ろう、インスリン注射などの医療サポートを受けている入居者の有無から、施設の構造や職員、入居者の様子まで、目で見て確認するのが確実だ。

「いつでも外の空気と緑に触れられるベランダガーデンがあるか」「胃ろうの患者でも、靴を履いて食堂で食事をしているか」など、医療ケアに強いホームを見分けるポイントもチェックしたい(下記)。

「施設の清潔さや整理整頓ぶりを見るのはもちろん、複数施設を見学すれば、施設長の人間性から職員の表情や入居者の活気など、施設によってまるで違うことがわかります」(前出・上岡さん)

 施設入居を思い立ったら、まずは見学。赤い糸で結ばれた運命の施設はきっとある。(福光恵)

■譲れない条件チェックシートの一例

【健康状態】
健康で自立 □
要支援      □
要介護      □

【費用】
預貯金数千万円     □
預貯金1000万円前後 □
預貯金0〜500万円  □

【エリア】
生活圏内       □
子供の家の近く       □
憧れの場所にIターン □

【生活】
家族的な雰囲気の中、交流を楽しみたい              □
人間関係は希薄でもプライバシーを守って生活したい  □
家事などをお願いするか自分でやるか選択可          □
外出、入浴などが自由にできる            □

【医療・介護】
看護師が常駐している    □
介護サービスを受けられる  □
認知症介護を得意としている □
看取りまでおこなう     □

参考:太田差惠子著『高齢者施設 お金・選び方・入居の流れがわかる本』

■医療ケアに強いホームの見分け方13
(1)ベランダガーデンがある
(2)糖尿病のインスリン注射に対応
(3)同一フロアに機械浴がある
(4)入居者の爪がケアされている
(5)健康管理室が整理整頓されている
(6)複数の医療関係者の横のつながりがある
(7)スタッフから目の届きやすい一時介護居室がある
(8)エプロンなどをせず普通の格好で食事をしている
(9)胃ろうの入居者も、食事時は靴を履いている
(10)口腔リハビリをおこなっている
(11)胃ろうの入居者も食堂で食事をしている
(12)レクリエーションを身体の状況に応じてグループ分け
(13)家族の介助が可能

月刊あいらいふ別冊「老人ホーム見学ハンドブック」から

※週刊朝日  2019年8月30日号


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索