ピアスの穴あけ、入れ墨もリスク…知らなきゃ損する「感染がん」予防策

ピアスの穴あけ、入れ墨もリスク…知らなきゃ損する「感染がん」予防策

 2人にひとりががんになる時代。がんを防ぐのは容易ではないが、 原因がわかれば手を打てる。その好例が「感染で起こるがん」だ。AERA 2019年9月23日号から。



*  *  *
 日本人に発生したがんのうち、男性では半分以上、女性でも約3分の1は「何らかの対策をすれば予防が可能だった」とされている。そのうち、喫煙と並ぶ二大原因が、細菌やウイルスの感染によるがんだ。国立がん研究センターの社会と健康研究センター予防研究部部長の井上真奈美医師はこう話す。

「女性では感染によるがんが第1位で17.5%を占め、男性も22.8%で喫煙に次いで第2位となっています」

 感染が原因となるがんの代表格が、ピロリ菌による胃がん、肝炎ウイルスによる肝がん、ヒトパピローマウイルス(HPV)による子宮頸がんだ。いずれの菌やウイルスも、感染したら必ずがんになるわけではない。だが、これらのがんにかかる患者は、高確率で感染していることがわかっている。

 たとえば胃がん。日本では胃がんになった人のほとんどにピロリ菌の感染があり、感染から萎縮性胃炎を経て胃がんに罹患している。

 では、どのくらいの日本人がピロリ菌に感染しているのか。感染ルートははっきりしない部分も多いが、生まれた時代の衛生環境に影響を受けると考えられている。井上医師は言う。

「戦時中の日本では、胃がんの原因になる病原性の高いピロリ菌が、不衛生な環境下で蔓延(まんえん)しました。1955年生まれくらいまでは感染率が60%前後と高いですが、衛生環境が整うにつれ、60年代生まれは40〜50%、70年代生まれは30〜40%と下がり、2000年生まれでは10%未満になっています」

 肝がんは、アルコールの大量摂取などが原因のものもあるが、日本人ではほとんどがB型あるいはC型肝炎ウイルスが原因だ。感染してウイルスを持っている人(持続感染者)の一部が肝炎を発症し、肝硬変を経て肝がんに進展する。

 肝炎ウイルスの感染率も、「時代」の影響を大きく受けている。佐賀大学医学部附属病院の肝疾患センター特任教授の江口有一郎医師はこう話す。

「肝炎ウイルスは血液や体液を介して感染します。昔は感染した母親が出産する際に母子感染したり、輸血や血液製剤、予防接種の注射器の使い回しなどで感染していました。80年代半ばから90年代前半にかけて感染防止策が取られるようになったので、今はこのようなことはありません」

 感染率のピークは41年前後に生まれた人で、B型が1〜1.5%、C型は約2%。それ以降は減少している。

「今、問題となっているのは、性交渉などによる体液からの感染です。不衛生なピアスの穴あけや入れ墨の針刺しなどでも感染するので、若い人も無縁ではありません。それぞれが感染しないように気を付けることも大事ですが、B型はワクチンがあるので、今後広く普及することで感染予防につながると期待されています」(江口医師)

 ピロリ菌や肝炎ウイルスに感染していれば、がんにかかるリスクが高まる。がん予防の第一歩は、感染しているかどうかの検査を受けることだ。

 胃がんが専門の国際医療福祉大学病院外科教授の吉田昌医師はこう話す。

「ピロリ菌が陽性だった場合には、健康保険を使って除菌治療を受けることができます。特に50代以下は、除菌が成功すれば、将来胃がんを発症するリスクをかなり抑えられる。除菌後も胃がんになる可能性はゼロではないので、定期的に内視鏡検査を受けましょう。がんになったとしても、早期発見で負担の軽い治療で済むことが多いです」

 肝炎ウイルス感染者も、近年はウイルスの駆除や肝臓の炎症を抑える薬物治療が進歩し、肝硬変への移行や肝がんの発症を減らせるようになった。前出の江口医師は言う。

「打てる手があるのに、放置している人が少なくない。肝がんで死なないために、肝臓専門医を受診し、適切な治療を受けてください」

 一方、子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウイルスは性交渉で感染することが多く、性交経験のある女性のほとんどが一度は感染する。感染しても多くは自然に消滅するが、繰り返し感染を起こす。

 有力な感染予防策は「ワクチン」だ。ワクチンが最も効果的とされている接種時期は、性交渉を始める前の10〜14歳。ワクチンの効果は高く、接種により94%の感染を予防したという報告がある。また、25歳ぐらいまでの接種でも、ある程度の効果が期待できるとされる。世界保健機関(WHO)ではワクチン接種を推奨しているが、日本では接種後の運動障害といった多様な症状が報告され、13年6月から積極的勧奨が中止されている。今も、副反応かどうか結論が得られておらず、接種の判断は個人に任されている状況だ。前出の井上医師は言う。

「正確な情報を集めたうえで判断することが大事。また、20歳からは、がんを早期に拾い上げることができる『子宮頸がん検診』が欠かせません。さらに、感染以外のリスク要因として知られている喫煙をしないといった努力も必要でしょう」 

(ライター・熊谷わこ)

※AERA 2019年9月23日号


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索