個性派俳優・佐藤二朗さんが日々の生活や仕事で感じているジローイズムをお届けします。今回は、方言について。

*  *  *
 もう20年以上前のことだと思いますが、オリンピックで思うような成績を残せなかった選手が競技後のインタビューで「まあ、こんなもんちゃいます?」とあっけらかんと答えていました。良いなあ関西弁、と僕は思いました。4年に一度の大舞台、言い知れぬプレッシャーや努力があっただろうに、悲壮感を感じさせない言葉、というか語感。「まあ、こんなもんちゃいます?」。この語感には、周囲の、そして自分自身の肩に入った余計な力をふんわり抜いてくれる効能がある、と言ったら少し大げさでしょうか。

 僕は愛知県で育ちました。上京して、「ケッタ」が通じなかったことに衝撃を受けました。ケッタとは名古屋弁で自転車のことです。東京では「チャリ」と言わないと通じないと知りました。

 ちなみに「熱い」を名古屋弁では「チンチン」と言います。言うんです。言うんだから仕方ありません。「お風呂入ろうと思ったらお湯がチンチンだでよう入れーせん!」「風呂入っとったらお湯がチンチンになってきたで俺のチンチンもチンチンになってきたがや!」。ごめんなさい後ろの方は嘘です。いや、そういうことも可能性としてはあり得るでしょうが、お湯がチンチンになってきたら己のチンチンがチンチンになる前にチンチンになったお湯から己のチンチンを出すのが先決でしょうから、やめましょう怒られます。僕も僕のチンチンも怒られます。いや僕のチンチンが怒られることはないでしょうが、ホントやめましょう。コンプライアンスに抵触する前にチンチンは撤退しましょう。

 妻の郷里、群馬では、いわゆる「大」の方を催した時、「ウンチ出たい」と言うそうです。「ウンチ出したい」ではなく、「ウンチ出たい」。あの〜、品のない言葉が続いておりますが、今回は「方言の尊さ」について書いておりますのでどうかご辛抱を。

「ウンチ出たい」。なんということでしょう。主語、ウンチ。ウンチ目線。ウンチに寄り添い、ウンチの気持ちを代弁した、なんともチャーミングな方言だと僕は思います。思うんです。思うんだから仕方ありません。「ウンチの気持ちを代弁」ってなんだよという気もしますが、そうとしか思えません。「ちょっ、もう出たい。俺、いい加減出たい。もう充分。俺、もう充分やったはず。やるべきことは充分やったはず。俺、悔いはない。だからもう出たい。俺、マジで出たい」。こんな感じだと思います。思うんです。思うんだから仕方ねえだろうがこの野郎。おっと、ごめんなさい乱暴な口を。そして、ウンチの性別を男性にしたのはあくまでイメージです。「ウンチの性別」ってなんだよ。あと、いま気づいたけど「ウンチの気持ちを代弁」ってアレだね、大便&代弁だね。ふふふ。皆さん! この度デビューした新人デュオ「大便&代弁」です! デビュー曲のタイトルは「大便代弁さあ大変」。聴いてくださ、これ今回マジで担当K氏に怒られるな。撤退。怒られる前に撤退。チンチンに続き、ウンチも撤退。

 方言の尊さについて書こうと思ったのに、いつの間にか若干(?)変な方向性の話になってしまいましたが、おかしくもチャーミングで魅力ある方言たちを後世にしっかりと残していきたい。さっきまでチンチンとウンチを連呼してた人間が言っても説得力がないかもしれませんが、本気でそう思います。

 ちょうどこの記事を書いた夜、行き着けの居酒屋で呑んでたら、アルバイトの大学生が「地方出身の友達が羨ましい」と言いました。彼女は東京生まれ、東京の大学に通っているとのこと。理由を聞いた僕に、彼女は真顔で「だって、方言が喋れるから」。

 うん。君のその感覚、大事にな。オジサン、大便代弁さあ大変とか言ってる場合じゃなかったよ。謝る。とろっくっしゃあこと言っとってどえらい悪かったがや(アホなこと言って本当にごめんなさい)。(文/佐藤二朗)