働き方改革が進む中、話題になったドラマ「わたし、定時で帰ります。」の原作者は、どんな人生を生きてきたのか。父に植え付けられた仕事中毒への恐怖、就職氷河期に生じた自己否定。自ら経験し、見てきたすべてのリアリティーが、創作の源だ。仕事で受けた傷は、仕事を頑張る人の話でしか癒せない。AERA 2020年2月3日号に掲載された「現代の肖像」から一部紹介する。



 てのひらを空へ空へと振るように、常緑樹の並木の葉は亜熱帯の雨風になびいていた。2019年11月末、台北・信義新都心。バイクやバスの行き交う大通りの一角にそびえる大型書店「誠品書店」のフロア内には、コバルト色の表紙カバーをまとった繁体字の本が平積みにされていた。タイトルは『我要準時下班!』。日本語の原題は『わたし、定時で帰ります。』。

 絶対に残業しないと決めた主人公の会社員・結衣、仕事最優先の元婚約者、体調を崩しても休まない同僚、何かにつけ「辞める」と言い出す新人の後輩。そこに、無茶な仕事を振る「ブラック」な上司が現れて──。

 日本での刊行は18年3月で、折しも「働き方改革」をめぐり議論がわき起こっていた。啖呵を切るようなタイトルの物語は反響を呼び、連続ドラマ化。主人公を演じる吉高由里子が、定時退社後に中華料理店に駆け込み、豪快にビールをあおる姿も話題を呼んだ。

 著者の朱野帰子(40)はこの日、台北の街をめぐり、現地の出版社と書店で市場動向をリサーチして回っていた。市内にある大手書店の文芸部門では、軒並み売り上げ1位を記録し、特に若い読者層に人気を博していた。

「読後に不思議な爽快感を覚え、やる気が湧いた」

「労働問題にまで切り込む小説。会社のための自分ではなく、自分のために会社があると気付いた」

 先の誠品書店の販売主任・劉怡宏(39)もこの本を絶賛する一人だ。企画を担当していた前の部署では毎日残業続きだったのが、異動により定時で帰る日が増え、ワーク・ライフ・バランスの重要性を噛み締めている。

「それに、登場人物のキャラが痛快。私たちにも通じるものが多い本だと思います」

 翻訳出版した台湾の版元「采實文化」の編集担当・何玉美(47)は「主人公が葛藤を乗り越え、仕事の効率化を模索していくさまに、国を越えて共感を覚えます。世代によって仕事観が異なるところも私たちと似ている。それに、仕事を終えてからビールを飲み、小籠包を?張る瞬間の喜びは一緒!」。それを聞いた朱野は笑顔を見せた。

「皆、まったく同じ悩みを抱えるんですね。日本特有のものではなかった」

 新宿駅から私鉄に揺られ、ほんの数分。庶民的な商店街の広がる界隈で朱野は育った。広告会社に勤務する父親は「24時間戦えますか」という往年のCMを地でゆく日々を送り、「定時で帰る」どころか土日も不在でゴルフに明け暮れていた。

「私の結婚式のスピーチで、『父親なんていうのは不要な存在ですね』なんて父は話していました。場内は笑いに包まれたのですが、うちの家族は沈黙。『冗談じゃなくその通りだ』と」(朱野)

 母親はかつて写真を学んでいたが、結婚後は専業主婦に。親族はいわゆる「手に職」がある人ばかりで、父方の祖父は東京・上野で屋根の修繕工を営んでいた。借金を作り、賭けごとが好きで家族から白眼視された末に亡くなった。学資の蓄えもない朱野の父は工業高校を出てすぐに就職。文字通り「たたき上げの死ぬほど働く人」になった。

 その父がある日、幼稚園に行こうと玄関で準備していた4歳の朱野を呼び止めた。

「待て、お前は何で幼稚園に行くんだ」

 一瞬迷った末、朱野が「勉強しに行きます」と答えると、父は一喝した。

「違うだろ! お前はお父さんが稼いだお金で遊びに行くんだろ」

 衝撃を受けた。私は親の金で遊んでいるのか。ならば、親が自分に投資した分だけ返さなければいけない。そんな強迫観念にも似た思いが、朱野の心に初めて芽生えた。そして長らく尾を引いた。(文/加賀直樹)

※記事の続きは「AERA 2020年2月3日号」でご覧いただけます。