「老活」──。「ろうかつ」ではなく「おいかつ」と読む。ベストセラー『女性の品格』の著者・坂東眞理子さんがそんな言葉を編み出した。「60代を過ぎたら人生は下り坂、と思っている人たちに活を入れ、もっと元気を出してもらいたい」という思いで書かれた。だから“おーい、活!(おーいかつ)”というわけだ。

*  *  *
「老活」とは何か。

 簡単に言えば「60歳で悠々自適」は早すぎる、「終活」なんて考えずに、まだまだ働き盛りでいろんなことができるはずということだ。何しろ、日本人の平均寿命は男性81歳、女性87歳。60歳の人の平均余命は男性23.97年、女性は29.17年だ。60歳からの人生を余生と考えるにはあまりに長すぎると坂東さんは言う。

 最近刊『老活のすすめ』は、この人生の後半期のステージをもっと有意義に過ごそうという提案の書なのだ。

「74歳になりましたが、自分のことを老人だとは思っていません(笑)。今思えば、50代なんてまだまだ若く、いろいろなことができる年齢だったということです」

 坂東さん自らの経験に根差した考えだ。

「昔なら57歳以降の公務員は、きっと余生のようなイメージでしょう。でも昭和女子大から声がかかり、57歳から第二の人生をスタートさせました。学生たちを育てる仕事は意味深い仕事だと思って頑張ることができて、幸せだと思っています」

 坂東さんは人生のステージを四つの段階に分けて考えるインドの思想が気に入っている。

 人生を「学生(がくしょう)期」(30歳前後まで)、「家住(かじゅう)期」(60歳前後まで)、「林住(りんじゅう)期」(80歳前後まで)、「遊行(ゆぎょう)期」(80歳以降)に分けるのだ。

「今までの日本では、バリバリ働く家住期が終わると、一足飛びに遊行期に移行して旅行をしたり趣味を楽しんだりしたいと考える人が大半でした。でも高齢化社会となった今は、林住期をいかに過ごすかが自分の人生にとっても社会にとっても重要になってきていると思うのです」

 確かに、今の高齢者は元気だ。60歳を過ぎたら「終活」なんて早すぎる。

「終活より大切なのが就活だと思っています。会社で出世した男性にありがちですが、頼まれたからやってやるという姿勢ではなく、自分からこういうことがしたいと表現するくらいがいいと思う。年を取ったからといってネガティブにならず、できることを積極的にやっていく。それが老活です」

 坂東さんは『老活のすすめ』で、この林住期の充実した過ごし方を具体的にアドバイスしている。

 その一つが「親友」ならぬ「新友」づくりだ。

「もちろん親友は人生の宝です。でも現実には親友の多くは同世代ですから、やがて世を去っていきます。だからこそ新友が必要になるのです。新しい出会いも大事にして、仕事、勉強、趣味など新しい場に自分を置けば、必ず新友との結びつきが生まれてきます。悠々自適の隠居生活をしていては、そうはならないのです」

 その2が「無償労働のすすめ」だ。「男女共同参画白書」によると、有償労働の割合を世界と比較すると、日本は家事やボランティアなどの無償労働は女性に多く、大半の「家住期」の男性は有償労働ばかりしているというデータがある。坂東さんは、老活のためにはこの傾向を改めるべきと言う。

「男性は働き盛りの家住期に稼いでナンボの価値観に縛られてしまっているので、定年退職した林住期になって人とつながる力が育っていないことに気づくことが多いのです。働き盛りのころから、もう少し無償労働の価値を大事にすれば、老活もスムーズになると考えています」

 新友づくりも無償労働も大切なことはわかっている、でもそれがなかなかできない、というのが、大方の反応だろう。

「年を取ると、この“どうせもう年寄りだし”と、やらない言い訳がどんどん上手になってしまうけど、それでもやってみようという気持ちになれるかが、老活の大事なポイントです」

 と呼びかける。

「小さなことでもいいので『自分もやればできるんだ』という実感を積み重ねることが大事。定年退職後に起業して成功する、みたいな満塁ホームランをいきなり狙うのではなく、頼まれたことを引き受けたり、ちょっと困っている人にちょっとしたおせっかいをするくらいのことから始めることを勧めたいです」

 そのちょっとしたおせっかいとは、たとえば「他孫(たまご)育て」だ。

 自らの孫を育てる手伝いをするように、学童保育にかかわったりするなどして他人の孫を育てるお手伝いをする。

「若い人だって順風満帆の時ばかりじゃありません。そういう場面で、すっと手を差し伸べることができるのが林住期の人の役回りです。ただ、このおせっかいは、やりすぎると嫌われます。おせっかいが通じなかったら押し付けずに、すっと退くことが大切です。ソーシャルディスタンスではありませんが、適切な距離感を保ちましょう」

『老活のすすめ』には、健康・長寿を保つ生活習慣や、暮らしを支えるお金のことなど、実践的なアドバイスが書かれている。

 そのひとつに「オペアガール」の試みがある。これは欧米の制度で、外国からの留学生がホストファミリーの家に住み、家事や、子供や高齢者の世話をする代わりに、部屋を提供してもらうシステムのことだ。

 日本でも子供が家を出て空いた部屋ができたならば、そこに学生を間借りさせることを提案している。

「部屋を提供する側は、離れて暮らす家族に代わって入居者の若者に見守りをしてもらったらどうかと思うのです。お返しに自分の知っている生活の知恵などを若い世代に伝えることもできる。世代を超えた交流にはもってこいだと思うんです。うちの学生のためにもやってほしい」

 老後に孤立するのではなく、いろいろな世代とゆるやかに助け合う、ソーシャルディスタンスを保ちながら老活ライフを過ごす。

「私もZoom飲み会をやってみたんです。参加した人たちはみなコロナで会食、宴会、オフィスでの長時間滞在をやめて、家にいる時間と読書、勉強の時間が増えたというのを聞いて、いい方向に進んでいる部分もあるんだなと感じました」

 坂東さんの老活ライフはウィズコロナ時代との相性も悪くないようだ。

「広い世界とゆるやかにつながる老活は、いわゆる人生のベターライフに通じます。ウィズコロナ時代の、ニュー“ベター”ノーマルにしていきたいですね」

(本誌・鈴木裕也)

坂東眞理子(ばんどう・まりこ)/1946年、富山県生まれ。東京大学卒業後、総理府入省。内閣広報室参事官、男女共同参画室長などを経て、98年に女性初の総領事(オーストラリア・ブリスベン)。2004年に昭和女子大学教授となり、07年学長に。現在は同大学理事長・総長。最新刊『老活のすすめ』(飛鳥新社)など著書多数

※週刊朝日  2020年9月25日号