秋といえば温泉。しかも旅行代金の最大半額を補助する観光振興策「Go To トラベル」を使えば、お得な旅ができる。高級旅館・ホテルを利用する人も少なくないが、中小の宿も魅力的だ。(1)足腰の弱った親と一緒に(2)喧噪(けんそう)を離れて──。目的別に温泉宿を紹介する。



 コロナ禍での強行や、大手旅行会社への利用集中──。7月22日にスタートした国の事業「Go To トラベル」は、さまざまな批判や混乱を招いてきた。ただ、利用者はのべ1689万人(9月15日時点)に上る。観光に関わる調査・研究を行う日本交通公社で観光政策研究部長を務める山田雄一氏は言う。

「4月以降、売り上げがゼロに近い宿泊事業者は少なくありませんでした。賛否はありますが、観光地で人が動き出したという点では、今回のキャンペーンに一定の評価ができると思います」

 この事業は、国内旅行代の50%相当(上限は1人1泊2万円、日帰りは1万円)を補助する。50%のうち、35%分は宿泊代・交通費から割り引き、残る15%分は旅先でのみやげ物店などで使えるクーポン券として配布する。申し込み方法は旅行代理店・予約サイト経由のほか、宿泊施設への直接連絡もある。

 混乱が拡大したのは事業対象に東京発着の旅行が加わった10月1日から。申し込みが集中した大手予約サイトは国から割り当てられた予算枠が足りなくなり、1万4千円だった割引上限額を3500円(1人1泊あたり)に引き下げるなどした。

 赤羽一嘉国土交通相は13日の記者会見で、混乱を招いたとして陳謝し、追加予算を配分すると発表。現在は、いずれのサイトも当初の割引額に戻っている。

 観光庁の担当者によれば、同事業は来年1月末までの予定だが、予算総額1.3兆円(9月15日までの消費額は735億円)に達し次第、早期終了の可能性もあるという。

 そのほか、宿泊事業者側の手続きが煩雑で、人手が足りなかったり、インターネット環境が整わなかったりする中小旅館が同事業の恩恵を受けにくいともされている。

「ネット環境がない事業者には紙での申請も受け付けている。対面の説明会も開催しているので、積極的に参加していただきたい」(観光庁担当者)

 一方、東京都は24日(予約は23日)から、都在住者が都内を旅行する場合に1泊5千円(日帰りは1回2500円)を助成する事業を始める。「Go To トラベル」との併用も可能だ。上手に活用したい。

■足腰の弱った親と一緒に

 高齢もしくは体が不自由な家族を安心して連れていける温泉地が日本各地に増えている。代表格が佐賀・嬉野温泉だ。

 2007年に「佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター」を開設。全体で30軒ほどの温泉宿のうち、半分(15軒)と連携。事前に連絡を入れると、旅の目的や体の状態に合った宿を紹介してくれる。独力の入浴が難しい場合は、介助ヘルパーを宿に派遣するサービスも実施。高齢者を中心とした相談件数は07年の45件から、19年には263件まで増えた。15年度には国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受けた。

 同センター会長の小原健史さんは、現地の温泉旅館「和多屋別荘」の経営者。センター開設時は県からの補助金も受けたが、「ここまで取り組みを主導したのは、われわれ旅館側の知恵と努力」と胸を張る。

 バリアフリーツアーセンターや同様の施設は仙台、石川、広島など全国各地にあり、仙台ではホテル海風土(松島温泉)、湯あみの宿ぬまくら(鳴子温泉)、石川では旅館赤穂谷温泉(粟津温泉)、旅館あえの風(和倉温泉)、広島では国民宿舎・湯来ロッジ(湯来温泉)といった宿と連携し、旅行者の相談に応じている。

『行ってみようよ!親孝行温泉』(昭文社)などの著書を持つ、跡見学園女子大学兼任講師(観光温泉学)の山崎まゆみさんからは群馬・草津温泉の草津スカイランドホテルの名が挙がった。

「湯畑の奥にあり、木立に囲まれ、森の中にいるかのような感覚が味わえます。お薦めは檜(ひのき)づくりの貸し切り風呂ですね」

 草津温泉の魅力については、

「定番の観光地ですが、高齢世代にはやはり喜ばれます。中心部『湯畑』周辺はフルフラットで、観光にも便利です」

 小野小町が開湯したと伝えられる山形・小野川温泉の登府(とうふ)屋旅館もお薦めという。

「社長のお父様が晩年、車椅子生活になったことでバリアフリーに取り組むようになったお宿。社長も経験者である分、対応に手なれている。18年に新設された貸し切り風呂もきれいです」

 ほかには「首都圏なのに秘湯のような景観」として「小田急ホテルはつはな」(神奈川・箱根湯本温泉)、「経験値が高く、気軽にお客さんが相談できる」と「彩つむぎ」(栃木・塩原温泉)の名前も挙がった。はつはなは「ひのき風呂付き和洋室」「ビューバス付き和洋室」の2室がユニバーサルスタイルでバリアフリーに対応している。

■にぎわう観光地とは違う旅情

 観光地の高級旅館・ホテルとは違う旅情を味わえるのが、人里離れた山奥に湧く秘湯だ。

 どこを訪れたらいいかわからないという人は、「日本秘湯を守る会」の会員宿を利用するのがいいだろう。157軒ある。

 同会名誉会長の佐藤好億さんは、福島県天栄村で50代続く「大丸あすなろ荘」の経営者だ。高度経済成長期を経た1975年、日本全体に観光ブームが起こり、旅行会社が決めた観光地を巡るスタイルが旅の主流に。中小旅館が苦難を強いられる中、「『旅』とは何かを根底から問い直したい」との思いから、朝日旅行創業者の故・岩木一二三氏と会を発足させた。佐藤さんはこう話す。

「宿側からすれば受け入れるのは一晩でも、宿泊者にとって旅は生涯の思い出です。物理的な商品とは違い、同均質のものを再現することもできません。しっかりとした受け皿を持ちつつも、旅人の心の中に入っていく。そうしたきめ細かなもてなしができるのは、やはり家族経営の中小旅館だと思います」

 秘湯取材歴30年で、同会の宿も9割以上訪れたという温泉ライター・飯出敏夫さんに、お薦めの宿を紹介してもらった。

 まずは福島・高湯温泉の吾妻屋。東京から新幹線を使えば2時間余り。部屋数は10室だが、大浴場・貸し切り風呂・露天風呂と風呂の種類は豊富だ。

「他の宿泊客とそれほど顔を合わせず、源泉かけ流しの乳白色のお風呂に入れます。露天風呂の周りは全部広葉樹で、秋は紅葉に包まれ温泉が楽しめます」

 長野県の「ランプの宿 高峰温泉」は標高約2千メートルの稜線上に立つ。

「『含硫黄−カルシウム・ナトリウムー硫酸塩泉』といって、やや白濁した温泉が楽しめます。お薦めは『雲上の野天風呂』というキャッチフレーズの露天風呂。秋から冬にかけては雲海が出て、天気が良ければ中央アルプスも一望できる。宿が主催する無料の自然イベントも人気です」

 日本3大秘境の一つ、徳島・祖谷渓にたたずむのが、ホテル祖谷温泉だ。

「断崖絶壁にへばりつくようにホテルが立ち、谷底に露天風呂がある。宿の脇に専用のケーブルカーがあり、谷底へ下降して露天風呂に向かうのですが、ちょっとした遊園地気分が味わえます。峡谷の紅葉も長い期間楽しめます」

 その他には、越後長野温泉・嵐渓荘(新潟県)、新穂高温泉・野の花山荘(岐阜県)、湯ノ本温泉・平山旅館(長崎県)、栗野岳温泉・南洲館(鹿児島県)の名前が挙がった。(本誌・松岡瑛理)

※週刊朝日  2020年10月30日号より抜粋