AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2021年3月8日号では、積水ハウスの坂井祐貴さん、妻で教員のかおるさん夫婦について取り上げました。

*  *  *
 夫26歳、妻26歳のときに結婚。長男(3)と3人暮らし。

【出会いは?】浪人生時代、通っていた予備校で知り合った。

【結婚までの道のりは?】大学入学の前後で交際を始め、自然な流れで結婚に至った。

【家事や家計の分担は?】家事分担の基本は「できる人が、できる時に、できることをする」。財布は一つ。個々の買い物は相談し合う。

夫:坂井祐貴[34]
積水ハウス千葉支店 設計課主任

さかい・ゆうき◆1986年、茨城県生まれ。大学卒業後、2010年に積水ハウス千葉支店設計課に入社。14年から営業職、16年に再び設計課に配属。18年から同課の主任を務める。19年3月から1カ月間育休を取得

 息子が生まれる前後に、公私で変えたことがあります。仕事面では、これまで時間を気にせず働いていたのが、「いかに定時で終わらせるか」を意識するようになりました。年々仕事量は増えますが、無駄を省き、他の人にお願いできるところは依頼するなど、仕事の質は落とさず効率的な方法を模索しています。

 生活面では、モノが格段に増えました。そこで挑戦したのがDIYです。設計のスキルを生かし、設計図を作成してから材料を買いに行きます。これまで本棚や息子のミニカーの収納棚など、8個ほどを手作りしましたね。

 昨年の緊急事態宣言が出た時は、できるだけ保育園の負担を減らしたいと思い、自宅で息子をみながら働きました。その1カ月で取り組んだのがトイレトレーニングです。集中して練習した結果、おむつが外れました。息子と多くの時間を過ごしたことで、子育てに自信がつきました。

 これからも仕事のスリム化を心がけ、家族の時間を多く持ちたいと思っています。


妻:坂井かおる[33]
公立小学校教員

さかい・かおる◆1987年、島根県生まれ。大学卒業後、小学生の学習塾に勤めながら教員免許を通信教育で取得。2012年から小学校教員として働き、現在は小1の担任を務める

 私たちは26歳で結婚しました。社会人としては経験が浅かったので、仕事がある程度軌道に乗ってから子どもを持ちたいと思っていました。3年前に息子が生まれてから、小学校で担任をする上でも親御さんの気持ちがよりわかるようになり、視野が広くなったと感じています。

 昨年、緊急事態宣言が出て小学校が休校になりました。学校の再開後、今まで以上に忙しくなり、夏休みもなくなることがわかっていたので、「前準備」をしました。食材キットの宅配サービスの依頼や、部屋の収納の見直しです。それでも手が回らないことがあり、あれもこれもとピリピリしてしまうこともあります。その雰囲気は息子にも、学校の子どもたちにも伝わってしまうため、仕事も家事も、力を入れるところと抜くところを覚えました。

 特に、息子は今イヤイヤ期のさなか。自分に余裕がなくても、1日15分だけでも息子と向き合って、ぎゅっと抱っこをする。そんな時間を作っています。(構成・小野ヒデコ)

※AERA 2021年3月8日号